ビンさんの銀幕音楽堂・第812回(2017年9月16日放送分) 



銀幕20170916














【放送日:2017年9月16日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年8月20日(水)PM6:00オンエア】

・銀幕アラカルト:ワンダーなウーマンの映画特集

『アマゾネス』より「Le amazzoni」(co:リズ・オルトラーニ)
『空手アマゾネス』より「Feronia (Titles)」(co:フランコ・ミカリッツィ)
『ハンドラ』より「Feronia (Titles)」(co:エンニオ・モリコーネ)
『レッドソニア』より「Main Title」(co:エンニオ・モリコーネ)

『ウィンズ』より「BORN ON THE WIND」(vo:AMAZONS)


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

今月は土曜日が5週あります。

2週目がイオンシネマ西大和さんの週、最終週がシネマサンシャイン大和郡山さんの週ということで、それ以外の週は、できるだけ旧作をとりあげたいな、と思っています。

ただ、新作の中で、これは! と思う作品を取り上げたりして、なかなか過去の作品を取り上げる企画が全うできない状態です。

そんな中で、今月は5週ありますので、他の月よりも過去の作品を取り上げる機械が多いな、ということで、今週は久しぶりに「銀幕アラカルト」をお送りします。

一つのテーマにいろんな映画音楽を聴いていただこうというこのコーナー、今回は『ワンダーウーマン』が公開中ということもあり、女性が活躍する娯楽作品を集めてみました。

題して、「ワンダーなウーマンの映画特集!」。

ラインナップは上を見ていただくこととして、本来はここに公開中の『ワンダーウーマン』のスコアも取り上げるべきだったのでしょうが、先週、先々週と2週も取り上げてましたので、ここは割愛しました。

そして、今回とりあげています『ウィンズ』(92)について少し。
世界最大のヨットレース、アメリカズカップをテーマとしたこの映画、製作をフランシス・フォード・コッポラと山本又一郎氏が担当した日米合作映画、ということで公開前はけっこう話題になっていたかと思います。

実際、映画は爽快なもので、ベイジル・ポールドゥリスのスコアも壮大でしたが、ヒットにはつながりませんでしたね。
サントラは、公開当時に日本のみでリリースされましたが、のちに海外でもリリース。
ただし、日本でリリースされたCDにのみ、日本のデュオ、AMAZONSが唄う主題歌が収録されています。

昨今、本編と全く関係のない主題歌がくっついたり、特に日本語吹き替え版になるとそういうケースが多いのですが、本作に関しては日米合作ということもあり、しかも、ポールドゥリスのスコアをポップアレンジした主題歌ということで、ポールドゥリス・ファンにも必聴のナンバーかと思います。

唄っているAMAZONSは、知る人ぞ知る3人の女性コーラスユニット。
映画が公開された90年代当時はけっこうメディアの露出も多かったと思いますが、最近はあまりその名を聞かなかったものですから、てっきり解散されていたのかと思っていました。
が、今年の3月に結成30周年ツアーを行った、という記事を読み、まだ健在だったことを知ったのでした。

ユニットの名前、AMAZONSこそ、今回のテーマの元となったワードでもあり、特集の〆として『ウィンズ』の主題歌を持ってきたという次第。

ところで、こういう作品を取り上げると、どうしてもあれやこれや喋りたいことが多くなって、時間をどんどん費やしてしまいますね(笑)
その余波で、放送800回敗者復活クイズの話題、今回は取り上げる余地がありませんでした・・・。

次回からはきちっと取り上げますのでご勘弁を。

ってなわけで、すっかり空気は秋のそれになった今日この頃、ご用とお急ぎでなければ、ぜひぜひお聴きあれ!!



ビンさんの銀幕音楽堂・第811回(2017年9月9日放送分) 



銀幕20170909














【放送日:2017年9月9日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年8月13日(水)PM6:00オンエア】

・イオンシネマ西大和 みてみて探訪記!

『二度目の夏、二度と会えない君』より「夏のおわりに」(vo:たんこぶちん)


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。

『ワンダーウーマン』ostより「アクション・リアクション」(co:ルパート・グレグソン=ウィリアムズ)

『ファイナルファンタジー』ostより「スピリット・ウィズ・イン」(vo:ララ・ファビアン)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

9月になって、観たい映画が毎週のように怒涛の如く公開さてています。

今年のサマーシーズンは、どちらかといえばファミリー向けな映画が多くて、それはそれでいいんだけれど、どのこの映画化に行ってもメインの作品はどこも同じ、ということが多々あって、観る映画の選択が絞られていたもので。

それが一気に9月になると、どうやって1本でも多く映画を観ようか、その時間の捻出に窮しているというのが本音であります。

でも、考えてみれば今年もあと4か月なんですよね。
この4ヶ月の間にどれだけの映画を観ることができるか、どれだけいい作品に出会えるか、楽しみではありますし、もうそろそろ年末のベスト10に向けての選出もしていかなくちゃ、いけないな、なんて思っています。

今回はちょいと書き込みは少ないですけど、あとは実際に番組を聴いていただくとして、今回はメールボックスのコーナーに、いろいろとお便りをいただ、番組ではそのあたり楽しみませてもらいながら読ませてもらっています。

ってなわけで、僕の部屋の横の庭からは、秋の虫が一斉に合唱している初秋の宵、ご用とお急ぎでなければ、ぜひぜひお聴きあれ!!



ビンさんの銀幕音楽堂・第810回(2017年9月2日放送分) 



銀幕20170902














【放送日:2017年9月2日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年9月6日(水)PM6:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド

『関ヶ原』ostより「大一大万大吉」(co:富貴晴美)
『関ヶ原』ostより「正義と不義との戦」(co:富貴晴美)
『関ヶ原』ostより「初芽、忍ばずの恋」(co:富貴晴美)
『関ヶ原』ostより「草原の三騎」(co:富貴晴美)
『関ヶ原』ostより「関ヶ原-メインテーマ-」(co:富貴晴美)

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』ostより「イズ・シー・ウィズ・ユー」(co:ハンス・ヅィマー&ジャンキーXL)
『ワンダーウーマン』ostより「トラファルガー・セレブレーション」(co:ルパート・グレグソン=ウィリアムズ)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

武井咲の電撃結婚の報道に、茫然自失しているところですが、皆さんいかがお過ごしですか?
・・・僕は元気です、泣いてなんかいません。

ってなことはともかく(笑)、今回の銀幕音楽堂は、まずは前回に引き続き、富貴晴美さん渾身のスコアが鳴り響く、『関ヶ原』から「メインテーマ」以外にもこれは! と思うスコアをセレクトしてお送りいたします。

先週の封切り後、大ヒット! ということで喜んでいる次第ではありますが、作品としてほんとに手放しで喜べる作品であったか、そこんところは「当たり障りなく」番組で取り上げておりますが、もっと突っ込んだことはあたためて当ブログで書くことにいたしましょう。

とりあえず、ここは富貴さんの作曲家としての魅力が味わえるスコアを堪能あれ。
本編をも観る前にサントラを聴いていて、個人的に最もお気に入りなのが「草原の三騎」というスコア。
これが、本編では開巻早々に流れていて、少なくともそれだけでも感激したものでありました。

じつは当番組の収録は、いつも日曜日の午後に行っているのですが、先週末は用事があって、先々週のオンエアが流れている土曜の夜の収録でした。
Facebookには、富貴さん直々に「聴いてますよ!」とメッセージをいただきまして(笑)、それで一気に緊張してしまったのは言うまでのありません(緊張するってガラか? と突っ込まないように)。

あらためて、富貴晴美さま、そして同じく番組を聴いていただいた富貴さんのファンの皆さんに、この場を借りてお礼申し上げます。
そして、散々、富貴さんの今回のスコアを「おっさん臭い、おっさん臭い」と言っていたこと、お詫び申し上げます。
でも、これは僕なりの称賛の言葉でありますので、そこんところはご理解いただきますように(笑)

で、上で書きました先週末の用事というのは、滋賀県長浜市のほうに用事がありまして、出かけていたのですが、そこから関ヶ原までは車で30分程度の距離。
ということで、映画を観て、番組で喋った翌日に、なんと関ヶ原まで行ってきたという次第です。
もちろん、かの地では頭の中に富貴さんのスコアの一節が何度も何度もループしていたのは言うまでもありません。

映画の効果もあるのでしょう、観光客の団体もけっこう来られていたみたいですよ。

なにはともあれ、映画『関ヶ原』は絶賛公開中ですので、「とくとご照覧あれ!!」


さて、番組は『関ヶ原』に続き、公開中の映画『ワンダーウーマン』を取り上げています。

昨年公開された『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で、一番おいしいところをかっさらっていったガル・ガドッド演じるワンダーウーマンの誕生編の物語。
その『バットマン~』で流れた、彼女のテーマ曲「イズ・シー・ウィズ・ユー」のメロディを要所要所に取り込みつつ、ルパート・グレグソン=ウィリアムズもこれまた渾身のスコアを書き上げています。


今回はイレギュラーな収録なうえに、新作2作品について力にこもった内容になったため、「メールボックス」等のコーナーはお休みです。
放送800回敗者復活クイズもおあずけ。

これらは次回、あらためて取り上げますのでよろしゅうに。

9月になって、一気に風に秋の気配を感じるようになった初秋の宵、ご用とお急ぎでなければ、ぜひぜひお聴きあれ!!



ビンさんの銀幕音楽堂・第809回(2017年8月26日放送分) 



銀幕20170826














【放送日:2017年8月26日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年8月30日(水)PM6:00オンエア】

・シネマサンシャイン大和郡山 Reserve Seat!!

奈良県は大和郡山市にあるシネマコンプレックス、シネマサンシャイン大和郡山さんの情報等々を紹介。

『スパイダーマン:ホームカミング』ostより「スパイダーマンのテーマ:オリジナル・テレビシリーズのテーマ」(co:ボブ・ハリス)
『スパイダーマン:ホームカミング』ostより「組曲」(co:マイケル・ジアッキーノ)

『関ヶ原』ostより「関ケ原-メインテーマ-」(co:富貴晴美)


・銀幕音楽堂メールボックス」

番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。

『東京物語』ostより「東京物語 メインタイトル」(co:斎藤高順)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

当ブログはFacebook、mixiといったSNSにもリンクを貼っているのですが、ありがたくも今回のラインナップを挙げる前に、なななんと!! 作曲家、富貴晴美さんにFacebookにてシェアしていただきました!

なんといいますか、ファン冥利に尽きると申しますか、あらためて番組やってて良かった~~~と思える瞬間であります。


ということで、富貴さんの新作『関ヶ原』も飛び出す今回の「銀幕音楽堂」、月末週ということで、まずは奈良県は大和郡山市にありますシネマコンプレックス、シネマサンシャイン大和郡山さんのコーナー、「シネマサンシャイン大和郡山 Reserve Seat!!」から。

シネマサンシャイン大和郡山さんでは、IMAX3D版での上映も好評な、『スパイダーマン:ホームカミング』。
現在のハリウッドを代表する作曲家、マイケル・ジアッキーノの登場です。
昨年末の『~ローグ・ワン』に続いて、『ドクター・ストレンジ』、そして今回の『スパイディ』、さらに秋には『猿の惑星』と精力的に活躍しているジアッキーノですが、それぞれにクオリティを保ちつつ違ったアプローチを見せる(聴かせる)のはお見事。

エルフマン、ヤング、ホーナー、ヅィマーと、「スパイディ」のスコアを担当した過去の作曲家に負けず劣らず、しかも口笛でも吹けるようなキャッチーなテーマ曲を聴かせてくれたジアッキーノ、さらにオープニングでは過去のTVシリーズのテーマ曲(番組内ではポール・フランシス・ウェブスターの作、なんて言ってますが、それは作詞の方。作曲はボブ・ハリスです。お詫びして訂正いたします)を鳴らしてファン心理をくすぐるところがなんとも憎い(笑)

そんなジアッキーノのスコアをたっぷりと。

続いての登場は、ハリウッドを代表するすのがジアッキーノならば、日本映画界を代表する作曲家は冒頭にも登場いただいた、富貴晴美さん。
ということで、いまの映画音楽界の東西巨匠対決! と相成った次第。

ただ、番組収録が先週末だったので、肝心の『関ケ原』本編を観ていない状態だったので、映画そのものの感想に触れられなかったのは残念ですが、そこんところはもちろん、来週のオンエアでたっぷりと。
たっぷりといえば、富貴さんのスコアも、もちろんメインテーマも絶品なのですが、他にも聴いていただきたいスコアがいっぱいありますので、それらもあらためて次回のオンエアにて。

まずは、メインテーマをじっくり聴いていただき、『関ヶ原』という作品に思いを馳せていただきたく。
(あ、お断りしておきますが、番組内では富貴さんに対してあれこれ失礼なことを申しているかもしれませんが、これらはすべて称賛の言葉と理解していただきますよう、よろしくお願いいたします(笑))

また、シネマサンシャイン大和郡山さんで行われます、面白いイベントについても触れています。
それは何かは、番組をお聴きあれ(笑)


続いて、メールボックスのコーナーでは、小津作品の音楽にリクエストいただきましたので、やはり代表作である『東京物語』を取り上げてみました。

番組の最後では、放送800回記念クイズ敗者復活バージョンもお送りしております。

いつの間にか蝉の声もおさまりつつある晩夏の宵、ご用とお急ぎでなければ、ぜひぜひお聴きあれ!!



ビンさんの銀幕音楽堂・第808回(2017年8月19日放送分) 



銀幕20170819














【放送日:2017年8月19日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年8月23日(水)PM6:00オンエア】

・銀幕音楽堂メールボックス・スペシャル「暑中お見舞い特集」

番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。

『蒲田行進曲』ostより「恋人も濡れる街角」(vo:中村雅俊)
『蒲田行進曲』ostより「蒲田行進曲」(vo:松坂慶子、風間杜夫、平田満)

『フラッシュ・ゴードン』ostより「ザ・ヒーロー」(vo:クイーン)

『ダンケルク』ostより「Supermarine」(co:ハンス・ヅィマー)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

夏季休暇も終わり、仕事復帰しているビンさんです。
仕事復帰しても、2日出勤してまた2日休みという、カスタネットな8月の半ば、お送りする今回の「銀幕音楽堂」は、番組宛にいただきましたメール、FAXを紹介する、「銀幕音楽堂メールボックス」のワイドバージョンであります。

ワイドバージョンといいながら、楽曲が少ないのは、それだけいつものごとく喋っている時間が長いからで。
だって、いただいたメール、FAX、読ませてもらっているとついつい楽しくなってしまいまして・・・。

まぁ、気楽にお付き合いいただければ幸いであります。

ただ、番組後半では、試写会のご案内、させてもらってます!!

当番組でも月の最終種週に、プッシュしてお送りしていますシネマサンシャイン大和郡山さん。
ここで、来る9月5日(火)19:00、『ダンケルク』のIMAX版での試写会が開催されます。
この試写会に10組20名様をご招待!!
という案内です。

すでに、FMハイホーの朝とお昼の生放送枠でも紹介してもらっていると思うんですが、うちの番組でもあらためて取り上げております。

『ダンケルク』については、この時期各シネマコンプレックスでも試写会が開催されているようですが、シネマサンシャイン大和郡山さんでは、IMAX版というが特筆すべきところ。
そもそもこの映画自体がIMAX用のカメラで撮影されているということで、これはもうIMAXを体験する意味でも絶好の機会かと思いますよ!
(残念ながら、僕は仕事でこの日は試写会、行けないんですけどね・・・)

試写会ご希望の方は、当番組へリクエストやメッセージとともに、郵便番号、住所、氏名、電話番号と「ダンケルク試写会希望」と明記の上ご応募下さい。

応募締切は8月25日(金)です。
当選者の発表は、試写状の発送をもって代えさせていただきます。

奮ってご応募ください!!


そうそう、ご応募といえば、忘れちゃならないのが「放送800回記念クイズ」敗者復活クイズ、であります。
正解者ゼロという、驚愕の結果に終わった(笑)、放送800回記念クイズ。
聴いていただいてる方への感謝の意のクイズだったのに、これで終るのは心もとないということで、敗者復活クイズを開催いたします。

【敗者復活クイズ】
僕がこの番組を担当するきっかけになったのは、当時オンエアされていた映画情報番組がありまして、僕もそのリスナーだったのですが、映画情報番組なのにサントラがほとんど流れない。
それならば、と、局へ自分が所有するサントラを使ってください、と、とあるCDを持って行きました。

では、そのCDはいったい何のサントラだったでしょう? 

①.『ファイナルファンタジー』
②.『ブリジット・ジョーンズの日記』
③.『アメリ』
④.『ムーランルージュ』

以上の4つのうちどれ? というのが設問であります。

ちなみに、その時の局のスタッフには、

「あ、それうちにもありますよ」

と、にべもなく突っ返されたのでありました(笑)

でも、その際に、その映画情報番組がその年の年末で終るので、その後番組を担当してもらえませんか、とスタッフに言ってもらった(まぁ、早い話がスカウトされたっちゅうわけですな)のでありました。

こちらのクイズの応募は9月末日を締め切りにします。
で、番組ではどんどんヒントを繰り出していきますので、よろしゅうお願い申します。

正解された方には「何か」差し上げます(笑)


ってなわけで、夏季休暇に慣れてしまった体が仕事モードにすぐに切り替わらない(あ、あくまで僕のことですけど)晩夏の宵、ご用とお急ぎでなければ、ぜひぜひお聴きあれ!!