ビンさんの銀幕音楽堂・第819回(2017年11月4日放送分) 



銀幕201711041














【放送日:2017年11月4日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年11月8日(水)PM6:00オンエア】

・シネマニアック・アワー

『ブレードランナー』ostより「愛のテーマ」(co:ヴァンゲリス)
『ブレードランナー』ostより「エンドタイトルズ」(co:ヴァンゲリス)


・ニューシネマ・サウンド

『ブレードランナー 2049』ostより「ティアーズ・オブ・レイン」(co:ヴァンゲリス)
『ブレードランナー 2049』ostより「ブレードランナー」(co:ハンス・ヅィマー&ベンジャミン・ウォルフィッシュ)


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。

『息子』ostより「テーマ」(co:松村禎三)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

いよいよ公開始まった『ブレードランナー 2049』。
前作、『ブレードランナー』が生涯ベスト10の上位にある僕としては、続編が作られるなんてにわかに信じがたいことでしたし、実際に公開が始まった今でも、これは夢ではないだろうか、なんて思う次第であります。

すでに、先週末の公開初日と2日目の二日連続で観ているほど、個人的には気に入った作品でありました。

やはり、前作がカルト的な映画ゆえ、続編に対しては賛否両論色々あるのは仕方ないし、それが当たり前だと思います。
だからこそ、映画は面白いわけでありまして・・・。

さて、今回番組で取り上げるにあたり、ここは当然前作も取り上げなきゃいかんだろ、ということで、「シネマニアック・アワー」でブレードランナー』を取り上げました。
ヴァンゲリスの紡ぎ出すスコアの数々は名曲ばかりで、そこはいまさら言うまでもないですが、番組では時間の制約もあり、「愛のテーマ」と「エンドタイトルズ」を取り上げています。
ちなみにMCのBGMには、「平家物語」から「扇の的」のくだり、そして「ワン・モア・キス・ディア」を使っています。

一方、「ニューシネマ・サウンド」では『ブレードランナー 2049』の音楽を。
今回のスコアは、監督ドゥニ・ヴィルヌーヴとずっとコラボを組んできた、ヨハン・ヨハンソンが当初スコアを描いていたのが、途中降板となり、ハンス・ヅィマーと『IT』が公開されたばかりのベンジャン・ウォルフィッシュが担当となったのは周知のとおり。

ヨハンソンのスコアは前作のヴァンゲリスのイメージから乖離したことによる降板だったそうで、なるほど、ヅィマー&ウォルフィッシュのスコアはヴァンゲリスに似せた、というか、もどきのようなスコアになっているな、というのが第一印象。

さらに、最近のヅィマー作品によくあるタイプの、どよ~~~んとした効果音的なスコアが流れる感じで、こういう面でもヴァンゲリスの作品とは雲泥の差があるように感じました。

ただ、それじゃあダメだと監督が考えたのか、はたまたプロデューサーのリドリー・スコットが思ったのか、劇中の印象深いシーンではヴァンゲリスが前作で書いた「ティアーズ・オブ・レイン」を使用しているのは嬉しかったです。

番組ではその「ティアーズ~」と、エンドクレジットで延々流れる10分近い、その名も「ブレードランナー」を取り上げてみました。
なお、こちらも番組内でまったく触れてない(触れるのを忘れていた)のですが、MCのBGMには本作のサントラより、エルヴィス・プレスリーの「好きにならずにいられない」と、フランク・シナトラの「ワン・フォー・マイ・ベイビー」を使っています。
いずれも本編に登場するナンバーですが、どこで使われていたかはぜひ作品をご覧あれ。


「メールボックス」のコーナーでは、リクエストいただいた『息子』(91)から、松村禎三氏による「テーマ」を氏の作品集よりお送りいたします。


台風一過で、秋晴れの続く11月最初の「銀幕音楽堂」。
ご用とお急ぎでなければ、ぜひぜひお聴きあれ!!


ビンさんの銀幕音楽堂・第818回(2017年10月28日放送分) 



銀幕20171028














【放送日:2017年10月28日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年11月1日(水)PM6:00オンエア】

・シネマサンシャイン大和郡山 リザーブシート!!

『アトミック・ブロンド』ostより「CAT PEOPLE」(vo:デイヴィッド・ボウイ)
『アトミック・ブロンド』ostより「C*CKS*CKER」(co:タイラー・ベイツ)

『斉木楠雄のΨ難』より「恋、弾けました。」(vo:ゆず)

その他、シネマサンシャイン大和郡山さんで公開予定の映画情報など。


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。

『チャイルド・プレイ』ostより「END TITLES」(co:ジョー・レンゼッティ)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

月末週は奈良県は大和郡山市にありますシネマコンプレックス、シネマサンシャイン大和郡山さんに特化したこのコーナー、「シネマサンシャイン大和郡山 リザーブシート」をお送りします。

今回は、『アトミック・ブロンド』と『斉木楠雄のΨ難』を。
ほんとは『ミックス。』も観たのですが、サントラ・リリースが収録に間に合わなかったので次回以降で取り上げます。

『アトミック・ブロンド』は、映画の舞台となる80年代のジャーマン・ロックとタイラー・ベイツのスコアが全編に流れるというスタイルなのですが、サントラからは映画の冒頭に流れてくる、デイヴィッド・ボウイの「キャット・ピープル」を取り上げました。

これ、知っている方には至極有名な82年の映画、『キャット・ピープル』の主題歌で、作曲は当時ブイブイいわしていたジョルジオ・モロダー。
ナタキン主演のあの映画も「いろんな意味」で楽しい映画(笑)でしたが、デイヴィッド・ボウイによる主題歌も、いつかは番組で取り上げたいな(サントラは銀幕音楽堂の倉庫にありますので)と思っていたところ、思いがけず他の映画で使用されるということで、晴れて(?)お送りすることができました。

あと、タイラー・ベイツのスコアは打ち込み系の楽曲となっていて、正直あまり面白くないんですけど、何曲かサントラに収録されている中で、一番聴きやすいかな、というスコアを取り上げました。
ただ、問題はそのスコアの曲名。
上にラインナップを掲げましたので読んでもらえたら判るように、いかに僕でもあのタイトルは読めませんわ(笑)

続いて、『斉木楠雄のΨ難』からは、ゆずが唄う主題歌を。
スコアも取り上げるつもりだったのですが収録時間の都合上、割愛いたしました。

メールボックスのコーナーでは、さきほど展開いたしました、放送800回記念クイズ敗者復活戦で、見事正解されたリスナーさんから、クイズ正解者宛景品の事後報告(笑)をいただきました。

何を送り付けたかについては、番組をお聴きいただくとして、その送り付けた商品に関係の深い作品として、チャッキー人形が悪さをするホラー映画、『チャイルド・プレイ』(88)より、「エンドタイトル」をお送りしてお茶を濁しておきましょう(笑)


ってなわけで、先週に引き続き、奈良には台風が来るような悶々とした10月最後の週末の宵。
ご用とお急ぎでなければ、ぜひぜひお聴きあれ!!

そして、万が一、台風直撃の際には、地域の避難指示等の情報は、FMハイホーでご確認ください!!


ビンさんの銀幕音楽堂・第817回(2017年10月21日放送分) 



銀幕20171021














【放送日:2017年10月21日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年10月25日(水)PM6:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド

『猿の惑星』より「メイン・タイトル」(co:ジェリー・ゴールドスミス)
『猿の惑星』ostより「人間狩り」(co:ジェリー・ゴールドスミス)

『猿の惑星:聖戦記』ostより「End Credits」(co:マイケル・ジアッキーノ)

『すばらしき映画音楽たち』ostより「Inside the Mind」(co:ライアン・タウバート)


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。

『ベイビー・ドライバー』ostより「ブライトン・ロック」(co:クィーン)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

10月を過ぎて、今年もあと3ヶ月。

10月、と聞いたらあまり切羽詰まった感はないのですが、あと3ヶ月となると、多少なりとも焦ってしまうこの季節。
毎年のことではありますが・・・。

映画の方も面白い作品がてんこ盛り状態でありまして、あまりパっとしなかったサマーシーズンに比べると、けっこう充実しているように思います。

そんな中で公開始まった『猿の惑星:聖戦記』。
新星「猿の惑星」の三作目で、一応完結編のような内容になっていますが、まだまだ続けられそうな内容になっているのが、商魂たくましいなぁ・・・と思いつつも、シリーズ中屈指の仕上がりになっていて大満足な1本でありました。

番組では、記念すべき1作目のサントラから、ジェリー・ゴールドスミスによるアヴァンギャルドな2曲をお送りするとともに、ここんところ超売れっ子作曲家、マイケル・ジアッキーノによる本作のサントラから「エンドクレジット」を取り上げます。

ゴールドスミスのスコアが前衛的だったのに対し、本作はあくまでオーソドックスな音楽の構成になっているのが興味深いです。
サントラ未収録ですが、オープニングの20世紀FOXのロゴ・ミュージックまで、極少数のパーカションとホーンのみで演奏されているという、いかにも類人猿たちが演奏しているような感覚のスコアになっており、こういうところからもジアッキーノのこだわりが感じられますので、これから劇場でご覧になる方はそのあたりも注目していただきたいところ。

また、映画音楽作曲家たちの生の姿を収めたドキュメンタリー、『すばらしき映画音楽たち』もようやく関西での上映が始まりましたので、奈良県内での上映は未定ですが番組で取り上げた次第。

もちろん、映画音楽専門番組としては、スルーすることは許されない(笑)作品であり、そしてじつに興味深い良質のドキュメンタリー映画に仕上がっていました。必見!!

メールBOXのコーナーでは『ベイビー・ドライバー』より、クィーンの「ブライトン・ロック」にリクエストいただきました。
僕の洋楽に対する無知さ加減は、ぜひ番組内にて!(笑)

どうやら今年最後の台風がやってきそうなこの週末。
ご用とお急ぎでなければ、ぜひぜひお聴きあれ!!


ビンさんの銀幕音楽堂・第816回(2017年10月14日放送分) 



銀幕20171014














【放送日:2017年10月14日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年10月18日(水)PM6:00オンエア】

・イオンシネマ西大和 みてみて探訪記!

『僕のワンダフル・ライフ』より「テイク・オン・ミー」(vo:a-ha)
『僕のワンダフル・ライフ』ostより「Buddy Is Bailey」(co:レイチェル・ポートマン)
『僕のワンダフル・ライフ』ostより「A Dog's Purpose」(co:レイチェル・ポートマン)

『ぼくの伯父さん』ostより「Mon oncle」(co:アラン・ロマン)


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。

発表! 放送800回記念クイズ敗者復活クイズの回答。

敗者復活クイズの回答であるサントラ
敗者復活クイズ正解者にお送りする商品の作品のサントラ

以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

10月2週目の今回は、まず、「イオンシネマ西大和 みてみて探訪記!」のコーナーから。

絶賛上映中である、『僕のワンダフル・ライフ』より、劇中で印象的に流れる「テイク・オン・ミー」(こちらは番組にリクエスト、いただきました!)と共に、レイチェル・ポートマンによるハートフルなスコアを2曲。
映画のクライマックス・シーンと、エンドクレジットにかけてのスコアを一挙。

また、サントラはお送りしておりませんが、先週末より上映が始まった、『アウトレイジ 最終章』の話も。

そして、すでに公開がはじまっている、イオンシネマさん独自の企画、「シネフィル・セレクション」から、14日より上映が始まります、ジャック・タチの代表作『ぼくの伯父さん』のテーマ曲を。
映画音楽を離れ、スタンダードにもなっているこのスコア、日本でもいろんな演奏会で取り上げられるくらいポピュラーな1曲になっています。

続いて、メールBOXのコーナーでは、お待たせいたしました、「放送800回記念クイズ敗者復活クイズ」の回答をお送りいたします。
ありがたいことに、たくさんのクイズ参加メールやブログへの書き込みをいただき、本当にありがとうございました。

僕がFMハイホーで番組を担当するきっかけになった映画のサントラは何でしょう? という問題でした。
1.『ファイナル・ファンタジー』
2.『ブリジット・ジョーンズの日記』
3.『アメリ』
4.『ムーラン・ルージュ』
このうちのどれでしょう? ということで、それぞれにこれだ! というものを選んでお送りいただいたわけですが・・・回答は番組をお聴きいただきますように(笑)

今回は、無事、正解の方もおられまして、僕自身ホッとしています。
なにしろ、正解の方におおくりする「景品」(粗品かもしんないです)が、利用されないままになってしまう恐れがありましたので。

その「景品」(重ねて書きますが、粗品かもしんないですよ)は、とある映画のグッズなのですが、番組ではタイトルを明かさずにその映画のサントラより、「エンドタイトル」をお送りしています。

「景品」(しつこく書きますが、粗品かも・・・)が届いた方のみ、何の作品なのかわかるというシステムであります。

さぁ、曲を聴いてどれだけの方がお分かりになるでしょう?
これもひとつのクイズみたいですけどね(笑)
もし、トライしてみようという方は、何の作品かお寄せください。お待ちいたしております。

季節はすっかり秋。
夜はすでに肌寒くなっている秋の宵、ご用とお急ぎでなければ、ぜひぜひお聴きあれ!!


ビンさんの銀幕音楽堂・第815回(2017年10月7日放送分) 



銀幕20171007














【放送日:2017年10月7日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年10月11日(水)PM6:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド

『散歩する侵略者』ostより「散歩する真治」(co:林祐介)

『ユリゴコロ』より「ミチシルベ」(vo:Rihwa)

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』より「REBORN」(vo:セリ(門脇麦))
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』ostより「最後の手紙」(co:Rayons)


・銀幕音楽堂メールボックス」

番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。
『ひまわり』ostより「ひまわり 愛のテーマ」(co:ヘンリー・マンシーニ)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

いよいよ秋も深まってきて、公開される映画もサマーシーズンに比べ、ぐっと大人向けの作品が増えてきているようで、個人的にも好きな季節ではありますが、公開される映画の内容もこの時期、どちらかというと好きな作品が増えてくる傾向にあります。

洋邦問わず、そういう流れになっているようですが、今回はその中でも特に邦画の作品を、ニューシネマ・サウンドのコーナーで取り上げてみました。

いかんせん、邦画の音楽となると本編はスコアが流れて、エンドクレジットではスコアとはまったく関係のないソング・ナンバーが流れるというスタイルは、なかなか崩れないようで、そこは映画会社と音楽会社の結託等々、大人の事情もあるのはわかるんですけど、そんなのばかりというのも、どうなのかな? なんて思います。

奇しくも今回取り上げた3作品は、そんな邦画の中でそれぞれに独立したスタイルを持つ作品になりました(それを狙っての選曲じゃなかったんですけどね)。

『散歩する侵略者』は、林祐介氏のスコアが最初から最後まで、いわゆるエンドクレジットにはソングナンバーが流れないスタイル。
最後まで林氏のスコアで通してくれています。

『ユリゴコロ』は、スコアは安川午朗氏なのですが、エンドクレジットはRihwaの書き下ろしナンバーが流れるという、いわゆる邦画によくあるパターン。
しかも、安川氏のスコアはサントラ未発売というケース。

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は、スコアはRayonsこと中井雅子氏が担当。
Rayonsによるシネマスコアは今回が初めてなんだとか。
そして主題歌は山下達郎の書き下ろしなんですが、これが本編の中で物語と密接な関係にあるという、異色なケース。
スコアと主題歌はまったく別物なんですが、こういうパターンはとても珍しくユニークです。
番組では山下達郎バージョンではなく、門脇麦演じるセリが唄うバージョンをお送りいたします。

メールボックスのコーナーでは、ヘンリー・マンシーニも名曲『ひまわり』にリクエストをいただきました。
こういうメロディの立つ、スタンダード・ナンバーになりうる映画音楽って、ほんとに最近はほとんど聴くことがありません。
映画における映画音楽の役割は、昔も今も変わりはないのですが、映画を作る側(プロデューサーや監督)に、映画音楽に対する考え方が、変わっているのでしょうね。

そして、すでに締め切りいたしました、放送800回記念敗者復活クイズ!
次回の番組内で正解の発表をいたします。
今回は正解者の方もおられて、最初のクイズの時に用意しておりました賞品(あくまで粗品ですよ(笑))も、ようやく処分(笑)、もとい、お届けるすることができてほっとしております。

10月になり、朝夕の温度が一気に下がっている今日この頃、ご用とお急ぎでなければ、ぜひぜひお聴きあれ!!

あ、そうそう、『天使のいる図書館』もめでたくDVDリリース開始されてますよ!!