ビンさんの銀幕音楽堂・第647回(2014年6月21日放送分) 







【放送日:2014年6月14日 PM9:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド

『天地創造』ostより「Noah's Ark」(co:黛敏郎)
『ノアズ・アーク』ostより「March of the Animals」(co:ボール・グラボウスキー)

『ノア 約束の舟』ostより「箱舟を作る」(co:クリント・マンセル)
『ノア 約束の舟』ostより「マーシー・イズ」(vo:パティ・スミス)

・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール、FAXの紹介

『ザ・コンテンダー』ostより「End Title: The Chapel of Democracy」(co:ラリー・グループ)

このほか、番組にチケット提供していただいてます、MOVIX橿原さんの上映情報など。


以上のラインナップでお送りいたします。



奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時

コミュニティFMですので、奈良県内だとカーラジオならたいてい聴取可能なのですが、自宅となると限られた地域しかクリアに聴けません。
もし、聴取可能だよ~、という地域にお住まいであれば聴いていただけるとありがたいです。
聴けない方には、雰囲気だけでもお伝えすべく、ここに放送内容をUPしておきます。

番組では、MOVIX橿原のペア・チケットをプレゼント中!
ご希望の方は、上のリンク先より当番組宛に番組の感想、リクエスト、映画に関連することならなんでもメール、FAX、受け付けております。
いただいた方には全国のMOVIXで使用できる(できれば地元、MOVIX橿原で使用していただきたい・・・)ペア・チケットをお送りいたします。



《裏ばなし》

まだ、MOVIX橿原さん閉館のニュースのショックが後を引いている状況です。
そのニュースの後、ようやくMOVIX橿原さんへ行きましたら、ロビーのあちらこちらに閉館のおしらせの看板が。
さらには、映画の予告編が始まる前にも、スクリーンに大きくおしらせが映し出されておりまして、嗚呼、やはり閉館するのは事実なのだなぁ・・・と。

とはいえ、まだ2ヵ月もあるわけですし、MOVIX橿原さんも特別上映の企画も思案中ということですので、どうか有終の美を飾らんことを祈るばかりですし、当番組もそれまではバックアップしていく所存であります。

さて、今回は先週から公開が始まった話題作、『ノア 約束の舟』をニューシネマ・サウンドのコーナーで。
それに伴い、過去の「ノアの方舟」映画をピックアップ。

続いて、今回もたくさんいただいたメール、FAX(やはりというか、その内容はMOVIX橿原さんに関するものがほとんどではありましたが)を紹介する「銀幕音楽堂メールBOX」のコーナー。

最後に今回も僕がMOVIX橿原さんで観た、思い出深い作品として『ザ・コンテンダー』を挙げました。
2001年の公開当時、主演のジョアン・アレンがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされるなど、けっこう話題になった映画です。

たしか、この映画も奈良県下独占上映だったはず。
オープン当初から、奈良県下独占上映の作品を積極的に取り上げていただいたのには、映画ファンとしては本当に嬉しい限りでありました。

その劇場が無くなるなんて・・・やっぱりさびしい・・・。


ノアヤクソクノフネ
『ノア 約束の舟』のサントラ。
スコア担当はクリント・マンセル。

奇才、ダーレン・アロノフスキーが旧約聖書の「ノアの方舟」のエピソードを映画化。
これまでのフィルモグラフィーから察するに、一筋縄ではいかない作品に仕上がっているだろうと思っていたところ、さすがアロノフスキー、血みどろの殺戮絵巻が展開する、けっして文部省推薦にはならんだろう映画に仕上がっていた。
いや、それでこそのアロノフスキーだ。

スコアはアロノフスキーといえば、名コンビのクリント・マンセルが、ビッグバジェットな映画に負けない壮大なスコアを展開。
されど、監督同様、マンセルのブレない仕事ぶりには思わず聴き惚れてしまうほどだ。
ミニマルな旋律はもちろんのこと、旧約聖書の世界にエレキ・ギターも鳴り渡る。
しかし、物語の時代背景の雰囲気を損なわない仕事ぶりが、プロのなせる技である。

劇中の登場人物がくちずさむ「子守唄」は、パンクの母、パティ・スミスが手掛けており、エンドクレジットでは彼女自らがヴォーカルを務め、クリント・マンセル率いるクロノス・カルテットが伴奏をしている。


【amazon】
【タワーレコード】
【iTunes】




テンチソウゾウ
『天地創造』(66)のサントラ。
スコア担当は黛敏郎。

ジョン・ヒューストンが旧約聖書の中から数話をピックアップして映画化したオールスター・キャスト出演の超大作。
ちなみにヒューストン自身が「ノアの方舟」のノアを演じるという、いわゆるオイシイところをさらっている。
プロデュースはディノ・デ・ラウレンティス。

音楽は当初、ストラヴィンスキーの作品を使用する計画もあったというが、当時36歳だった黛敏郎が大抜擢。
見事なスコアを書き上げ、公開当時のアカデミー賞作曲賞にもノミネートされた。

伊Legendレーベルより公開当時リリースされた同収録内容のサントラCDがリリースされていたが、大幅に収録曲も増え、2枚組完全盤として2011年に同レーベルより1500枚限定でリリースされた。


【amazon】
【タワーレコード】




ノアズアーク
『ノアズ・アーク』(99)のサントラ。
スコア担当はポール・グラボウスキー。

ホールマーク社製作のTVドラマ。
ノア役にジョン・ヴォイトその妻にメアリー・スティーンバージェン、他にF・マーリー・エイブラハムズ、ジェームズ・コバーンと錚々たる面々が出演。
監督はジョン・アーヴィン。

「ノアの方舟」のエピソードに「ソドムとゴモラ」のエピソードを盛り込んだりと、けっこう好き勝手な内容になっている。
驚くのは大洪水の後、ノア一家以外人類は消滅してしまったハズなのに、ジェーム・コバーン演じる行商人が筏に乗ってやって来るなどのビックリ仰天なエピソードも多々あって、ツッコミどころ満載である。

ちなみにダーレン・アレノフスキーは99年頃に「ノアの方舟」の映画製作に取り掛かるが、このTVドラマがあったために計画を中止したそうだ。

スコアを書いたポール・グラボウスキーはオーストラリア出身の作曲家。
オーストラリアにて様々なジャンルの音楽を取り入れた現代音楽集団オーストラリア・アート・オーケストラ(AAO)を率い、ワールド・ツアーも行っている。
映画音楽は本作の監督ジョン・アーヴィン作品も幾つか手掛けているが、CDで聴けるものとしては数少なく本作などはそういう意味でも貴重な一枚である。

フル・オーケストラによるオーソドックスかつダイナミックなスコアに仕上がっており、特に方舟に動物たちが乗り込む際に流れるマーチは、黛敏郎の『天地創造』におけるスコアの影響が大きいように思う。

米VARESE SARABANDEよりリリース。


【amazon】
【タワーレコード】




ザコンテンダー
『ザ・コンテンダー』(00)のサントラ。
スコア担当はラリー・グループ。

アメリカ副大統領が急死、その後任としてとある女性議員が候補として浮上するが、それを蹴落とそうとする対立議員は、彼女の若き頃のスキャンダルを暴露しようとする。
ヒロインの女性議員役にジョアン・アレン。彼女はこの作品でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされるなど好評を博した。
一方、対立議員を本作のプロデュースも担当したゲイリー・オールドマンが熱演。
この二人の演技合戦も見ものだ。

スコアはラリー・グループが担当。
その後、アメリカのTVドラマなどで活躍している。
劇中ではサスペンスフルなスコアが流れるが、エンドタイトルは溜飲を下げるかのごとく、爽快なスコアに仕上がっている。

カナダのレーベルCITADELよりリリース。本作の監督テッド・ルーリーの99年の作品『Deterrence』(99)(日本未公開)とのカップリング(スコアは同じくラリー・グループが担当)。


【amazon】




ビンさんの銀幕音楽堂・第644回(2014年5月31日放送分) 







【放送日:2014年5月31日 PM9:00オンエア】

・銀幕アラカルト:鈴木則文監督、追悼特集

『温泉スッポン芸者』より「テーマ」(co:荒木一郎)
『温泉スッポン芸者』より「温泉スッポン芸者」(vo:杉本美樹)

『不良姐御伝 猪鹿お蝶』より「テーマ」(co:荒木一郎)

『トラック野郎』より「一番星ブルース 」(vo:菅原文太、愛川欽也)

『大奥十八景』より「むらさき」(vo:はる)
『大奥十八景』より「四万六千日」(vo:はる)


・ニューシネマ・サウンド

『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』ostより「The Cross Hands」(co:スティーヴン・プライス)


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール、FAXの紹介

このほか、番組にチケット提供していただいてます、MOVIX橿原さんの上映情報など。


以上のラインナップでお送りいたします。



奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時

コミュニティFMですので、奈良県内だとカーラジオならたいてい聴取可能なのですが、自宅となると限られた地域しかクリアに聴けません。
もし、聴取可能だよ~、という地域にお住まいであれば聴いていただけるとありがたいです。
聴けない方には、雰囲気だけでもお伝えすべく、ここに放送内容をUPしておきます。

番組では、MOVIX橿原のペア・チケットをプレゼント中!
ご希望の方は、上のリンク先より当番組宛に番組の感想、リクエスト、映画に関連することならなんでもメール、FAX、受け付けております。
いただいた方には全国のMOVIXで使用できる(できれば地元、MOVIX橿原で使用していただきたい・・・)ペア・チケットをお送りいたします。



《裏ばなし》

去る5月15日、数多くの娯楽映画を撮った鈴木則文監督が亡くなりました。

幼少の頃から、鈴木監督作品をあれこれ観ていた(その大半は「成人映画」扱いでしたが)僕にとって、人格形成に多大なる影響を与えたその作品群は、そのまま今は亡き父親との思い出に結びつくものでした。

我が家に近い大和高田市にあった映画館や大阪は東大阪や新世界にあった映画館へ幼少の僕を連れて行っては、2~3本立て映画(ジャンルもそのほとんどが任侠映画、実録ヤクザ映画、SF、ホラー、マカロニ・ウェスタン等々)を半日かけて観るのが日曜日の恒例行事。

そんな中に、当時は東映が成人向けの映画を作っておりまして、3本立てならば大抵そこに1本はそういった映画が組み込まれていたものです。

もぎりのおばちゃんが、
「これ、大人の観る映画でっせ」
と、父親に言うと、
「かめへん、かめへん、子供にはまだわからへんから」
といって、入場したものでした。で、もぎりのおばちゃんもそれを止めないんですよね。
そういう時代だったんです(笑)

なので、幼少の頃に鈴木監督のピンキーバイオレンス映画の類などの洗礼(それは同時に池玲子や杉本美樹の洗礼でもある)を受けた僕にとっては、今回の監督の訃報はじつに寂しいものでした。

なんでも鈴木監督は、もう一度菅原文太&愛川欽也主演で『トラック野郎』の最新作を作る意欲があったと聞きます。

嗚呼、亡くなられる前にぜひ、劇場で監督の新作を観たかった!
でも、それは叶えられぬこととなったのでした。

番組では鈴木監督作品の音楽をもっと取り上げたかったのですが、時間の関係もあってご覧のとおりのラインナップとなりました。

特に僕が鈴木監督の映画を劇場で観た最後の作品となった『大奥十八景』(86)の音楽を手掛けた和製ロックバンド「はる」の楽曲は、随分前にも一度取り上げましたが、まさに監督追悼のエレジーとしてお聴きいただきたい。
合掌。

替わって、現在公開中の映画とその音楽を紹介するニューシネマ・サウンドは、番組にチケット提供いただいてます、奈良のシネマコンプレックスMOVIX橿原さんにて、先週から奈良県下独占上映が始まった『ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!』を取り上げます。
サントラはソングコンピレーション盤とスコア盤の2種類がありますが、番組では『ゼロ・グラヴィティ』で本年度アカデミー賞作曲賞を受賞した、スティーヴン・プライスによるスリリングなスコアをお送りいたします。



スギモトミキバーサスイケレイコ
『杉本美樹VS池玲子』。

Hotwax Traxレーベルによる、日本製カルト映画のサントラシリーズの一枚。

東映ピンキーバイオレンスの2大巨乳、もとい、2大巨頭である杉本美樹、池玲子主演作より、劇中スコアや主題歌を集めたファン垂涎の一枚。

特に杉本美樹が歌う「温泉スッポン芸者」は秀逸!!(笑)


【amazon】
【タワーレコード】



ゾクギンマクロック
『続 銀幕ロック(演歌)』。

主に東映の任侠物、実録ヤクザ物といった作品の主題歌、挿入歌を網羅したシリーズ2枚目。

『トラック野郎』シリーズの主題歌「一番星ブルース」が収録されている。

他に藤純子の「緋牡丹博徒」や梅宮辰夫の「ダイナマイト・ロック」など、ファン(何のファンだ?)にはたまらない一枚。


【amazon】




オオオクジュウハッケイ
『大奥十八景』(86)のイメージ・アルバム。

ソングナンバー担当は「はる」。

この「はる」結成と解散云々に関しては、メンバーだった佐藤正則氏が自身のブログで詳細を書かれているので、興味のある方は参照されたし。

僕自身も、このLPレコードを日本橋の中古ショップで発掘した際に、喜びのあまり佐藤氏のブログにコメントを書き込みさせてもらっている。
ありがたいことに、コメントは削除されずに残してくださっている。

当アルバムはCD化もされたそうだが、発行枚数は少なかったようだ。
ぜひ、多くの方に楽曲を堪能していただきたいが、地道にネット等で発掘していただくしかないのが現状である。

番組ではテーマ曲である「むらさき」と劇中で展開されるトンデモナイ運動会のBGMとして流れる(この場面のスペクタクル感といったら!!)「四万六千日」を取り上げている。

機会があれば、鈴木監督自身が作詞しているエンディング・テーマである「愛・いまひとたびの」もお送りしたいところだ。




ワールズエンド
『ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!』のサントラ。
スコア担当はスティーヴン・プライス。

エドガー・ライト監督、サイモン・ペグ、ニック・フロスト共演によるSFコメディ。
学生時代の友人が大人になって再会、果たせなかった12件のパブ制覇をやり遂げようとするうちに、彼らの周囲ではトンデモナイことが起こっている、というお話。

スティーヴン・プライスは『ゼロ・グラヴィティ』で本年度アカデミー賞作曲賞を獲ったばかり。
今回も基本はオーソドックスなスコアながら、そこにデジタルな要素を盛り込んで独自の音楽世界を展開。

サントラはスコア盤とソング盤の2種類リリースされており、スコア盤はダウンロードのみの販売となる。


【amazon MP-3】
【iTunes】




「なら国際映画祭」のこと 

なんでも、奈良の都のほうでは、国際という冠の付く映画祭が行われていたらしい。

なんて書くと辛辣か・・・。


なにはともあれ、無事、第一回は終了したようで、なにより。
続きを読む

「阪急アワー スクリーン・グラフィティ」の思い出 

一昨日の夜にオンエアさせてもらった、「ビンさんの銀幕音楽堂」の中のお話を。


今回、番組宛に初めて送っていただく方からのメールがあった。

かいつまめば、

「以前、番組で「夜のスクリーン・ミュージック」のお話をされてましたが、FM大阪でも映画音楽の番組があったのをご存知ですか?」

というものだった。
続きを読む

HMV渋谷店、閉店 

今日、8月22日(日)をもってHMV渋谷店が閉店したそうな。

一昨日の夜、ニュースステーションを見ていたら、そこでもこのHMV渋谷店閉店の話題が取り上げられており、飲み会帰りの僕だったが一気に酔いが醒めてしまった。


HMV渋谷店は、HMV国内1号店として90年にオープン、いわゆる渋谷系音楽の発信地でもあったショップでもある。

オープンした当時、僕は東京で暮らしており、サントラファンの聖地でもあったすみや、そしてタワーレコード渋谷店とともに、HMV渋谷店は渋谷へ映画を観に行った際には必ず訪れるショップでもあった。

記憶をたどってみれば、開店した当時は渋谷SEED館(って名前だったかな? H.R.ギーガー展が開催された場所でもある)の隣の建物(多分、西武関係のビルだったと思う)の1Fにあって、1フロアのショップだったと記憶している。


先にも書いたように、当時は輸入サントラを買おうと思えば、すみや、タワレコ、そしてHMVの3ショップをハシゴしたものだが、タワレコは現在の場所ではなく東急ハンズの近く、渋谷ビデオセンター(っていまでもあるのか?)と呼ばれるところにあって、サントラも現在のような豊富な品揃えではなく、サントラコーナーはいったい何処にあるんだろう? とよく探さねばわからないくらいの申し和程度の品揃えだった。

置いてあるサントラも、いわゆるスコア系はほとんどなく、ソング・コンピレーション盤ばかり。
なので、3ショップの中でもタワレコは一番最後に「時間に余裕がある」時のみ訪れていたような次第。
(建物の2Fにショップがあって、2Fへ上がる階段の登り口に、映画館系のTシャツなんぞを売っていたものだ)


ってなことで、渋谷におけるHMVの存在は、サントラファンにとっても大きな存在だった(少なくとも僕としては)わけだ。


当時のことで忘れられないことといえば、サントラの新譜コーナーに『ゴッドファーザーPART2』のCD(輸入盤)が置かれていた時のこと。

すでに『ゴッドファーザー』のサントラはCD化されていたが、『~2』は初CD化であり、喉から手が出るほど欲しかったものだが、どういうわけかその日は、暮らしていた西葛西への電車賃くらいしか手持ちがなく(どんな状況だったんだ・・・?)、次の週末に買いに来ようと泣く泣くその日はその場を後にした。

で、翌週、ショップに行ってみたらば、店頭からは『~2』のCDは消えており、その時に、

「サントラは見つけた時に買う」が鉄則

であると、固く胸に刻んだものである(注:とは思いながらも、その後同じ体験を何度もしているが・・・)。

ご存知のとおり、『ゴッドファーザーPART2』のサントラCDは、その後MCAビクターから国内盤もリリースされたし、廉価盤にもなったりして何度もリリースされることになる人気タイトルになったわけだが、いまでも自宅にある『~2』のCDを手にするたびに、HMV渋谷店のことを思い出す次第である。


HMV渋谷店の店舗はその後、いまある場所の地下に移って、入り口からエスカレーターで降りていくという形になっていた。

そのあたりから東京を離れ、関西に戻ってきた後、横浜にて故ジェリー・ゴールドスミス御大の来日コンサートが開催された際に東京へ遊びに行くことがあって、その時にはタワレコもHMVも現在のようなビルになっていて驚いたものである。

HMVでは、関西のショップでは見かけなかった『ファンタズム』『ゾンバイオ 死霊のしたたり』のCDを見つけて狂喜したものだ(後者は再リリースされたけど)。


関西に目を転じてみれば、重宝していたWAVEがアメ村から梅田に移った挙げ句に撤退してしまったり、タワレコもアメ村から撤退。

ヴァージンメガストアにおいては、心斎橋からも梅田からもいつの間にやら消えてしまったことを考えると(もっともこちらのサントラコーナーは、他の店舗に比べると惨憺たるものだったが)、いまのCD事情がよくわかるというもの。


今回のHMV渋谷店の撤退は一つの時代の終焉を目の当りにしたような気分である。