FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第889回(2019年3月9日放送分) 



20190309銀幕音楽堂














【放送日:2019年3月9日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2019年3月13日(水)PM6:00オンエア】

・イオンシネマ西大和 みてみて探訪記
奈良県は河合町にありますシネマコンプレックス、イオンシネマ西大和さんで上映される映画の情報、イベントの情報などなどを紹介。

『翔んで埼玉』ostより「さいたマーチ」(co:Face 2 fAKE)
『翔んで埼玉』より「埼玉県のうた」(vo:はなわ)

『家へ帰ろう』ostより「El último traje」(co:フェデリコ・フシド)

・銀幕音楽堂メールボックス
番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。

『マスターズ 超空の覇者』ostより「He-Man Victorious / End Titles」(co:ビル・コンティ)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

今回は月の2週目、ということで、「イオンシネマ西大和 みてみて探訪記!」を。

奈良県は河合町にありますシネマコンプレックス、イオンシネマ西大和さんで上映されてい映画の紹介、そしてこれから公開される映画の紹介を音楽交えてお送りいたします。

今回はヒット作、『翔んで埼玉』と、8日から期間限定上映となる『家へ帰ろう』をピックアップ。
音楽交えて紹介しています。

さてさて、今回の放送では放送始まって以来、初めてのことが起こりました!
それはうちの番組にもアシスタントにお手伝いしてもらうことになったのです(笑)

番組始めてかれこれ十数年、ずっと一匹狼でやってきた当番組に、アシスタントというのはこれは快挙なのか暴挙なのか。
なにはともあれ、お聴きいただいて判断していただきますよう、よろしくお願いいたします。

因みにアシスタントはやる気まんまんであります(笑)

ってなわけで、今回もご用とお急ぎでない方は、ぜひお聴きあれ!!


コメント

Re: アシスタント

> ナヨンさま

> 『好きな映画は「アタック・オブ・ザ・キラートマト」「血まみれ農夫の侵略」』
> 『「マスターズ/超空の覇者」のHE-MANを知ってる。』
> 『バンブルビーのフィギュアを持ってる。』
> 『ドキュメンタリー映画も好きで「ゆきゆきて、神軍」も観た。』
>
> とか、普通の映画女子が言わなそうなワードがポロポロ出てきましたな(笑)。

アシスタント起用の件は、ほんとに急遽決まったことであります。
そもそも、アシスタントなんて要らん、僕の番組は僕一人でやるねん!
というスタンスでしたのでね。

なんてことを書くと、ことみんが拗ねてしまうので、ここだけの話にしておきましょう(笑)

> クリント・イーストウッド監督主演最新作
> 「運び屋」を観てきました。

先週末は母の四十九日法要があったりで、『運び屋』楽しみにしてたんですけど、まだ観に行けてません。

ただ、急遽、全国のイオンシネマで上映決定になった『ROMA』は観てきましたが・・・個人的にはアカデミー賞外国語映画賞は、贔屓目無しに『万引き家族』が獲って然るべきだろうなぁ、と思いました。

それと、先日の『カメラを止めるな!』の地上波放送、一応、観てましたがもうあの作品に対する興味は一気に失せましたね。
初見の時のテンションがこうも続かないものかと、自分自身驚いております。

監督の次回作に期待! です。

アシスタント

ビンさん、こんばんは。

何か昨晩の放送を聴いていたら

『好きな映画は「アタック・オブ・ザ・キラートマト」「血まみれ農夫の侵略」』
『「マスターズ/超空の覇者」のHE-MANを知ってる。』
『バンブルビーのフィギュアを持ってる。』
『ドキュメンタリー映画も好きで「ゆきゆきて、神軍」も観た。』

とか、普通の映画女子が言わなそうなワードがポロポロ出てきましたな(笑)。

そのうち『ドルフ・ラングレンの「リトルトウキョー殺人課」が~』とか言い出しそうだな。(^^;
------------------------------------------------------------
3/9(土)にTOHOシネマズ西宮OSにて、
クリント・イーストウッド監督主演最新作
「運び屋」を観てきました。

お客さんは100人以上居てました。
年配者が多かったです。

先週観た「グリーンブック」もいい映画でしたが、
私的にはこちらの方が凄く胸に来るモノが有りましたね。

私の父(86歳)がこの映画のイーストウッドみたいな感じの爺さんで、
本来なら自動車免許返納しないとって位の枯れたヨレヨレジジイなのに
すぐ車で何処かに行ってしまって家よりも外に出てる方が多くて、
趣味の家庭菜園とカメラの事しか頭に無くて、
家の事は何にもせず、自分の事より他人の事に
お金を使ってしまう人なんですよ。(^^;

で、私もオヤジのダメなDNAを受け継いでて、
家庭の事よりも常に映画やレスリングの事ばっかり
考えて行動している馬鹿男なんです(笑)。

女性達がイーストウッドの生き方や
気持ちに全然歩み寄らない姿勢が
そこがウチの母が父を見る目と全く同じで、
逆にリアルでありました。

エンドクレジットですすり泣きしている人が多かったです。
私も泣きました。

10~20代の若者にはまだ分からない感情かもしれませんね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/690-80970203