FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第849回(2018年6月2日放送分) 



20180602銀幕音楽堂














【放送日:2018年6月2日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2018年6月6日(水)PM6:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド

『タクシー運転手 約束は海を越えて』より「おかっぱ頭」(vo:チョー・ヨンピル)
『タクシー運転手 約束は海を越えて』より「うららかな五月のある日」(co:チョ・ヨンワク)

『軍中楽園』より「PARADISE IN SERVICE」(co:シンシン・リー)


・銀幕音楽堂メールボックス
番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。

『サタデー・ナイト・フィーバー』ostより「ステイン・アライヴ」(vo:ビージーズ)
『ゲッタウェイ』より「ナウ・アンド・フォーエヴァー」(vo:リチャード・マークス)
『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』より「笑一笑 ~シャオイーシャオ!~」(vo:ももいろクローバーZ)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

いよいよ6月に突入となった今回の銀幕音楽堂、ニューシネマ・サウンドのコーナーは、アジアン・テイスト濃厚な2作品から。

『タクシー運転手~』は、6月8日から奈良県内でも上映が始まりますが、一足早くシネマート心斎橋で観てきた韓国映画。
評判どおりの力作に仕上がっっており、これは番組でもぜひ取り上げたい(チョー・ヨンピルの挿入歌にリクエストをいただいていたこともあったとはいえ(笑))ということで。

スコアを担当した、チョ・ヨンワクは昨年の僕のベスト1だった『お嬢さん』などを手掛ける、韓国映画界で大活躍している作曲家。
毎回いいスコアを聴かせてくれますが、今回もバラエティに富んだしあがりになっており、時間が許せばもっと彼のスコアを聴いてもらいたかったくらい。

その『タクシー運転手~』を観た際に流れていた予告編の映像の美しさとスコアの美しさに、一目惚れ(というんだろうか)したのが台湾映画の『軍中楽園』。
2週続けてシネマート心斎橋へ通うことになったわけで、それはともかくこの作品も素晴らしい映画でした。
2014年の映画ということで日本公開までに紆余曲折があったようですけど、とりあえずは公開されてよかったな、といったところ。
で、台湾映画で活躍する女性の作曲家シンシン・リーのスコアがまたいいんですよ。
残念ながらサントラのリリースはありませんが、彼女の作品集に組曲といった感じで収録されていたので、そちらを番組で聴いていただきます。
いまのところ奈良での上映はありませんが、音楽だけでもぜひ聴いていただきたい! ということで。

メールボックスのコーナーでは奇しくもソング・ナンバーばかりとなりました。
番組を始めた頃は、ソングナンバーは正直他の番組でも流れるものだし、うちはスコアに特化した内容で! というポリシーもじつはあったのですが、年を重ねるごとに丸くなったと言いますか(体系は昔から丸いですけど)、リクエストいただいたものは極力取り上げるようにしています。
まさか、うちの番組でももクロを取り上げるなんて、10年前の僕では考えられない(わけでもないけど)ですからねぇ(笑)

ってなわけで、そろそろ梅雨に入りそうな予感の6月最初の銀幕音楽堂、ご用とお急ぎでない方は、ぜひお聴きあれ!!



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/641-9659078b