ビンさんの銀幕音楽堂・第832回(2018年2月3日放送分) 



20180203銀幕音楽堂










【放送日:2018年2月3日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2018年2月7日(水)PM6:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド

『パディントン2』ostより「ウィンザー・ガーデン」(co:ダリオ・マリアネッリ)
『パディントン2』ostより「ラヴ・アンド・スクラヴ」(vo:トバゴ・アンド・D’ライン)

・富貴さんを聴こうナー♪

「スキ☆メロ」(vo:小倉優子)
『マッサン』ostより「マッサン -メインテーマ-」(co:富貴晴美)

・銀幕音楽堂メールボックス
番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。

『スティング』ostより「ソラス」(co:スコット・ジョプリン)
『戦場にかける橋』ostより「クワイ河マーチ~ボギー大佐」(co:ケネス・アルフォード)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

2月最初の銀幕音楽堂、まずがニューシネマ・サウンドのコーナー。
大絶賛した前作の続編登場、『パディントン2』を取り上げます。
期待にたがわぬ出来で今回も満足しました1本。
音楽は前作のニック・ウラタから、完全に製作費アップしたのか、と思わせるダリオ・マリアネッリが登板。
カリプソバンドのD’ラインは今回も起用です。

続いて、富貴さんを聴こうナー。
今回はリクエストいただきまして、今から10年前の小倉優子のナンバー、「スキ☆メロ」を。
これはリスナーさんからのリクエストでもありました。
なんでも当時あったCRパチンコ機とのコラボナンバーだったようで(パチンコの類、一切やらないもので・・・)、富貴さんが作・編曲されています。
ちなみに作詞は大宮エリー!
富貴さんもこんなナンバー担当されていたんだ…と(笑)

同じく富貴さんの作曲で、久しぶりにNHK連続テレビ小説『マッサン』から、メインテーマをお送りいたします。
なお、最新作の『不能犯』のサントラも手元に届いたので、次回、番組で取り上げます。

最後にメールボックスのコーナーでは、伸び伸びになっていたリクエストにお応えしています。
が、また何曲か宿題を残してしまいました。
こういう時には番組が2時間あったら・・・と思いますねぇ・・・。

また、イオンシネマ西大和さんより、3月13日(火)に開催されます、『ボス・ベイビー』(2D・吹替版)試写会10組20名様のプレゼント提供があり、番組内で告知しています。
ここでも告知を。

日時:3月13日(火) 18:30上映開始
場所:イオンシネマ西大和

当番組宛に、「ボス・ベイビー希望」と書いてお送りください。
小さなお子様も1名とカウントいたします。

締め切り:2月25日(日)

当選の発表は、試写状の発想をもってかえさせていただきます。
当選された方は、当日窓口にて、試写状を座席表と交換してください。


ってなことで、相変わらず寒い日が続く毎日、ご用とお急ぎでない方は、暖かくしてぜひお聴きあれ!!



コメント

Re: 国名小劇について

> ナヨンさま

> > 国名小劇
> ここは天神橋筋6丁目に有った天六ユウラク座・ホクテンザと同じ有楽株式会社の運営でして、

そうでしたね。


> 一般(アート系)映画上映の頃は番組編成は女性支配人がやってました。

あ、そうなんだ。
ここで映画を観たのは2~3回(『黒豹のバラード』、『スウィーニートッド』(ベン・キングズレーが出た方)、『ハードキャンディ』)だけですが、いずれもおなじおっちゃんがモギリでおられて、映画が始まるまでに座席までチラシの束を持ってきてくれました。

てっきりあの人が支配人だと思ってましたよ。

国名小劇について

ビンさん、こんばんは。
以下、レスです。

> 国名小劇
> 支配人はおっちゃんじゃなかったでしたっけ?

ここは天神橋筋6丁目に有った天六ユウラク座・ホクテンザと同じ有楽株式会社の運営でして、
一般(アート系)映画上映の頃は番組編成は女性支配人がやってました。

映写機は1台だけで、フィルムはリールに巻かれているのでなく、横置きの円盤卓に
巻かれて乗っていて(オートリワインダー方式)フィルムを映写してました。
(かつての塚口サンサン劇場のシアター1や尼崎パレスもこの映写方法)

女性支配人は私が25年前にお会いした時は、
若い頃の木村奈保子さんに似た、品の有る方でしたよ。

今は居ない(会社辞めちゃった)んじゃないかな。

現在ポルノ映画館になっている国名小劇の前を通ると
私的に色々と複雑な思いがこみ上げてきます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/624-cb944477