ビンさんの銀幕音楽堂・第822回(2017年11月25日放送分) 



銀幕20171125















【放送日:2017年11月25日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年11月29日(水)PM6:00オンエア】

・シネマサンシャイン大和郡山 リザーブシート!!

『泥棒役者』ostより「泥棒役者THEME」(co:遠藤浩二)

『ローガン・ラッキー』ostより「Original Score Medley」(co:デイヴィッド・ホームス)

その他、シネマサンシャイン大和郡山さんで公開予定の映画情報など。


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。

『愛の陽炎』より「奥秩父子守唄」(vo:伊藤麻衣子)
『愛の陽炎』より「愛の陽炎」(vo:伊藤麻衣子)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

先週は、Faceboolの方にたくさんの方々から書き込み(60件を超えてました!)をいただきまして、ありがとうございました!
世の中にブルース・リーの熱烈なファンの方が、大勢おられること身に染みて実感いたしました。
併せて、番組内の間違い箇所もさりげなくつついてくださって(笑)、いろいろ勉強になりました。

今回のような「炎上」ならば大歓迎したいところ。
おかげで僕にも「火」がつきましたでございますよ!(笑)

閑話休題。
さて、今週は月末週ということで、大和郡山市にありますシネマコンプレックス、シネマサンシャイン大和郡山さんに特化いたしましたコーナー、「シネマサンシャイ大和郡山 リザーブシート!!」をお送りします。

本来だったら時期的にもIMAXで上映されている『ジャスティス・リーグ』を取り上げたいところなんですが、いかんせん、まだ音源が手元にないのと、収録した時点でまだ本編観ておりませんので、そこんところはご容赦を。

その代わりと言っちゃなんですが、今回取り上げた2作品はそれぞれに面白い作品でした。
『泥棒役者』はほとんど興味がなかった作品でしたがこれがじつによくできたストーリーになっていて、心からお薦めしたい1本。
一方、スティーヴン・ソダーバーグ復帰作である『ローガン・ラッキー』も、見どころ満載な1本です。

メールボックスのコーナーでは、伊藤麻衣子主演、巨匠橋本忍が脚本を書いた異色作『愛の陽炎』(85)にリクエストいただきました。
リクエストいただいたのは、当時のディスクで言いますと、A面の「愛の陽炎」の方。
しかし、本作を語る上でどうしても外せないのは、橋本氏自身が作詞された、B面に収録されている「奥秩父子守唄」の方。
ってなことで、2曲併せてお送りいたします。

いやぁ、うちの番組で伊藤麻衣子の楽曲をお送りするなんて・・・(笑)
でも、こういうのも面白いかもね。
嗚呼、また「銀幕悶絶歌謡ショウ」やりたいなぁ~~~♪

ってなわけで、もうすでに季節は冬になってしまった11月最後の週末、ご用とお急ぎでなければ、ぜひぜひお聴きあれ!!


コメント

Re: 「密偵」の感想とか

> ナヨンさま

僕も『密偵』はシネマート心斎橋で観ました。
最初は、『人生はシネマティック!』とハシゴするつもりで、シネリーブル梅田で観ようと思ってたんですが、先に書いたように奈良でも上映があるので、シネマートで観ることに。

いわば韓国映画専門館ですもんねシネマートは。
いまだに韓流ファンの方も多く集う場所でもあり、僕が観た23日も満員でした。
(両隣りの老婦人が、拷問のシーンで声上げてらっしゃいました・・・)

キム・ジウンの映画はいつも音楽の使い方が面白く、今回もずっとコンビを組んでるモグのスコア(単音だけでサスペンスを盛り上げてました)もさることながら、「ボレロ」や「スラブ舞曲」の使い方が面白いなぁと。


『ジャスティス・リーグ』は僕は十分楽しめました。
前作よりも面白かったですよ。
やはり、ザック・スナイダーが途中降板して、ジョス・ウェドンが最終仕上げをしたのが功をなしているんだと思います。
でも、かなりカットされた部分もありそうですね。
あれだったら2時間半くらいあってもいいなと思いましたけど。

エルフマンは昔取った杵柄(笑)、豪快に鳴らしてましたね。
と同時に、ちゃんとジョン・ウィリアムスのあの方のテーマも鳴らしてくれているところが、粋だなぁ、と思いました。
ああいうことは、ハンス・ヅィマーにはできないだろうな、と(笑)
このあたりのことは、今週末のうちの番組で取り上げています。


試合の報告もありがとうございました!
残念な結果となったようですが、一つの目標にむかって体づくりをされているのは凄いな、と思います。
僕なんて、メタボだメタボだといわれて幾星霜。
体重落とそう、落とそう、と思ってもなかなか実行できない状態です。
情けないですね・・・。

「密偵」の感想とか

ビンさん、こんばんは。

観てきた映画の感想と、レスリングの試合結果です。
─────────────────────────────────────────────
「密偵」
11/13(月)にシネマート心斎橋にて鑑賞。

お客さんは平日にも関わらず7~8割埋まってました。
メンズデーでしたが中高年の女性客が多かったです。

これ、反日映画なのですが、凄く面白いです。

アクションシーンが非常に冴えていて、バイオレンス描写も結構有ります。

キャストが豪華でソン・ガンホ、コン・ユ、イ・ビョンホン、ハン・ジミン、
日本からは鶴見辰吾が出ています。

ソン・ガンホの日本語台詞量が結構多く、なかなか達者に喋っています。
─────────────────────────────────────────────
「笑う故郷」
11/20(月)にテアトル梅田にて鑑賞。

スペインのバルセロナに住む、アルゼンチン出身のノーベル文学賞受賞作家
ダニエル(オスカル・マルティネス)が、故郷の田舎町サラスから名誉市民の
称号を与えるとの招待を受け、40年振りに里帰りすると言ったお話。

これ、私が今年観た映画の中で、一番脚本が自分好みでした。

田舎町独特の閉塞感が良く出ていて、『田舎、あるある!』みたいな話です。

主人公のダニエルが私の弟みたいな一癖有る性格の男だったので、
一人でニヤニヤしながら映画を観てました(笑)。(^^;
─────────────────────────────────────────────
「ジャスティス・リーグ」
11/23(祝・木)にTOHOシネマズ伊丹にて鑑賞。

キャストはめっちゃ豪華なのですが、、、うーん、中身がナッシングですねえ(苦笑)。
可も無し不可も無しって感じで、前作のBvSよりつまんないかも(爆)。(((^^;)

ザック・スナイダーが演出すると作風が暗いですわ。(+_+)

又DCはマーベルより暗いって言われそう(笑)。

フラッシュのキャラが良かったので、フラッシュ単独の映画が見たいなと思いましたね。
(※2020年全米公開予定。監督は未定)

良い所は再び美人のガル・ガドットさんの活躍が見られた事と、
ダニー・エルフマン作曲のバットマンのテーマが復活した事かな。

エンドクレジットでオマケが2回有ります。
─────────────────────────────────────────────
レスリングの試合はトーナメントに出て2R4-4の同点だったのですが、
《同点の場合は延長戦無しで、最後にポイントを取ってる方が勝ち》のルールだったので、
後からポイントを取られた私が残念ながら初戦敗退してしまいました。(^^;

今回は8ヶ月で体重を7kg上げて、1階級上の70kg級で出たのですが、
それでもまだ体重が3kg程足りなかったのが響いたのか若干パワー負けしましたね。

63kg級の時に通用した技が、70kg級ではなかなか決まらなかったです。

楽しかったので又筋トレして筋肉量を増やして来年も出たいと思います。

Re: ユナイテッドシネマ橿原が頑張ってる

> ナヨンさま

そうなんですよ、ユナイテッドシネマ橿原、怒涛のラインナップでしょ(笑)

23日の日に、ナヨンさまお薦めの『人生はシネマティック!』を観ようとHPを観ていたら、1月にユナイテッド~で上映とあって、あららら・・・・ってなもので。

なので、23日は『密偵』を観てきました。
これはいまのところ奈良での上映はなさそうなので。
監督はキム・ジウンなので観たいとは思ってました。
なんせ、マイ・ベスト韓国映画は彼の『箪笥』なもので。

今回も結構楽しめました。
さすが、ソン・ガンホは上手いなぁ・・・とあらためて思ってしまいました。

さて、ユナイテッド・シネマ橿原ですが、フランソワ・オゾンの『婚約者の友人』も大阪と同時公開されたので観てきました。
彼の映画が大阪のミニ・シアターと同じタイミングで上映されるなんて、そうそうないもので。

でも、興行的にはけっこうきつい作品だと思います。
これは他の作品に(メインのロードショー作品以外の)ついても言えますが、せっかく大阪にミニシアターに行かなきゃ観られない作品がかかっても、奈良県内でそれを観に行く人って、やっぱり限られてしまうんですよね。

『婚約者の友人』も、僕を含めて4人でしたからね。
せっかく、ああいう作品を上映してくれても、そんな感じです。

これが大阪のミニシアターだったら、キャパの違いこそあれど、ほぼ満席になるんでしょうが。

それでも、ユナイテッドシネマ橿原には頑張ってほしいです。
(HPにはまだ挙がってませんが、『ビジランテ』、『不都合な真実2』なども上映されますよ)


番組的にはシネマサンシャイン大和郡山、イオンシネマ西大和でもこういった作品が上映されれば、力入れて宣伝するんですけどねぇ・・・。

とりあえずは『彼女がその名を知らない鳥たち』が、上映されるのは嬉しいですけど。

さて、今週末のオンエアでは、「2017年度、肌に合わなかった映画ベスト5」をやります。
お楽しみに~~~(笑)

ユナイテッドシネマ橿原が頑張ってる

ビンさん、こんばんは。

ユナイテッド・シネマ橿原がちょっと頑張ってますね。(^^)

ゲットアウト
11/25(土)からユナイテッド・シネマ橿原で公開中。

彼女がその名を知らない鳥たち
1/6(土)からシネマサンシャイン大和郡山で公開。

あなた、そこにいてくれますか
1/6(土)からユナイテッドシネマ橿原で公開。

人生はシネマティック!
1/20(土)からユナイテッドシネマ橿原で公開。

パーティで女の子に話しかけるには
1/27(土)からユナイテッド・シネマ橿原で公開。

南瓜とマヨネーズ
1/27(土)からユナイテッド・シネマ橿原で公開。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/605-4393634e