ビンさんの銀幕音楽堂・第821回(2017年11月18日放送分) 



銀幕20171118














【放送日:2017年11月18日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年11月22日(水)PM6:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド

『アンダーグラウンド』ostより「カラスニコフ」(co:ゴラン・ブレゴヴィッチ)

『ドリーム』ostより「Ladies' March」(co:ハンス・ヅィマー、ベンジャミン・ウォルフィッシュ、ファレル・ウィリアムス)
『ドリーム』ostより「Hidden Figures」(co:ハンス・ヅィマー、ベンジャミン・ウォルフィッシュ、ファレル・ウィリアムス)


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。

『大魔神』ostより「メインタイトル」(co:伊福部昭)
『ドラゴン怒りの鉄拳』ostより「FIST OF FURY」(vo:マイク・レメディオス)
『ロッキーⅣ 炎の友情』ostより「Training Montage」(co:ヴィンス・ディコーラ)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

まずはニューシネマ・サウンドから。
奇しくも当番組でチケット提供していただいております、2つのシネマコンプレックスで上映中の作品を。

イオンシネマ西大和さんでは、すでに展開始まってます「シネフィル・セレクション」の中の1作として、先週末より公開されたのが、エミール・クストリッツァ監督のカンヌ・パルムドール受賞作『アンダーグラウンド』。

凄い映画だ、とは聞いてはいましたが、残念ながら劇場公開を見のがしていたうえに、DVDでも観てなかった作品でありまして、しかしながらサントラは公開当時(95年)、けっこう話題になっていたのでCDだけは所有していました。
これがようやく念願叶って、しかも大阪などのミニシアターではなく、地元のシネコンで観れた! というだけでも嬉しい限り。
3時間近くあった上映時間ですが、十分堪能してまいりました。
というか、これでようやく「銀幕音楽堂の倉庫」に眠っていた音源が陽の目を見た、ということであります(笑)

続いては、9月に大阪で公開されていた『ドリーム』が、ようやく先週末よりシネマサンシャイン大和郡山さんでも上映開始!
今年のアカデミー賞でも話題になっており、観たかった作品ではありましたが11月に奈良でも公開されると聞いていたので、じっと我慢していたのですが(笑)、我慢していた甲斐があった秀作でありました。
ファレル・ウィリアムスのプロデュースによるソング盤サントラは国内盤もリリースされていますが、やっぱりうちの番組ではスコアをの方をプッシュしたい、ということで劇中で印象的だった2曲をスコア盤サントラからチョイス(スコアにもファレル・ウィリアムスが参加している)。
スウィング調のアレンジが斬新だった「Ladies' March」、映画のクライマックスで鳴り響く「Hidden Figures」(これは映画の原題でもあります)を。

続いて、銀幕音楽堂メールボックスのコーナーでは、まず先月に亡くなった橋本力氏(元プロ野球選手から映画界に移籍したユニークな経歴の方です)の追悼と、ブルース・リーの生誕77年(喜寿ですね)ということもあって、次の2作品にリクエストいただきました。

『大魔神』(66)は、橋本氏が大映の俳優として活躍していた頃の代表作。
あの「大魔神」の中に入っていた方です。
大映では長身を生かしてスーツアクターと活躍されており、他にも『妖怪大戦争』(68)のダイモン役が有名。
そういえば『妖怪大戦争』も近々サントラCDがリリースされるところだったのですが、今回は『大魔神』から伊福部昭氏による「メインタイトル」を。
「ゴジラ」と一味違った伊福部サウンドをお聴きあれ。

続いて橋本氏とブルース・リーといえば『ドラゴン怒りの鉄拳』(72)。
橋本氏はいわば敵役で登場し、強烈な印象を残されています。
僕もこの映画が公開された頃は小学生のガキンチョでありまして、当時の多くの世代と同じくブルース・リーに夢中になったものです(その後のジャッキー・チェンにはいまひとつのめりこめなかったですが)。
番組ではマイク・メレディオスが唄う主題歌をお送りしていますが、併せて僕自身の『~怒りの鉄拳』思い出話などを盛り込んでお茶を濁してます(笑)

続いて『ロッキーⅣ 炎の友情』(85)から、ヴィンス・ディコーラ作曲による「Training Montage」を。
この曲、アスリートには人気の1曲なんだそうで、ネットでこのタイトルで検索すると、この曲を聴きながらトレーニング云々という書き込みが多いことでも実感いたします。
個人的にはロッキー・シリーズといえば、ビル・コンティのスコア、ということになりますが、たまにはこういう「打ち込み系」スコアも熱く燃えるわけでして。
番組ではスコア盤サントラに収録されたロング・バージョンでお送りいたします。

秋といえばどうしても「食欲の秋」に走ってしまいがちですが、今回のリクエストではなんだか体育会系なものが続いて、こういう楽曲を聴きながら「スポーツの秋」を堪能するのもいいかもしれませんね。

朝夕めっきり寒くなったこの季節、ご用とお急ぎでなければ、ぜひぜひお聴きあれ!!


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/604-73bc1a72