ビンさんの銀幕音楽堂・第804回(2017年7月22日放送分) 



銀幕20170722














【放送日:2017年7月22日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年7月26日(水)PM6:00オンエア】

・銀幕アラカルト:夏休み特別企画! TVの映画番組テーマ曲特集

『ピーター・パン(1954年上演版)』より「序曲」(co:ジューリー・スタイン)※「月曜ロードショー」OP曲
『Bells Are Ringing』より「The Party's Over」(co:ジューリー・スタイン、演奏:レイ・アンソニー・オーケストラ)※「月曜ロードショー」ED曲

「水曜日の夜」(co:ニニ・ロッソ)※「水曜ロ-ドショー」OP曲

『小さな恋のメロディ』より「Fのロマンス・テーマ」(co:リチャード・ヒューソン)※「木曜洋画劇場」ED曲

「ゴールデン洋画劇場テーマ」(co:高沢智昌)※「ゴールデン洋画劇場」初期OP曲
「ゴールデン洋画劇場のテーマ」(co:八木正生)※「ゴールデン洋画劇場」2期OP曲

「フライデー・ナイト・ファンタジー」(co:ピエール・ポルト)※「金曜ロードショー」初期OP曲

「日曜洋画劇場テーマ」(co:神津善行)※「日曜洋画劇場」初期OP曲
『キス・ミー・ケイト』より「ソー・イン・ラヴ」(co:コール・ポーター、演奏:モートン・グールド楽団)※「日曜洋画劇場」ED曲


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

お子様たちはすでに夏休み。
大人たちには夏休みなんて関係ないのですが、今回は便宜上、夏休み特別企画と題しまして、TVで放映されていた映画番組のテーマ曲特集をお送りします。

現状、TVの映画番組って、日テレ系の「金曜ロードショー」が残っているくらい(ロードショーといっても、やってるのはジブリ映画特集とか、ジャニーズのタレント主演のドラマ特番だったりするわけで)で、ほぼ絶滅状態です。

そんな中で、敢えて今回の特集なんですが、これは当番組を担当していて、随分前からやってみたかったことであります。
ちまちま音源を集めてはいたのですが、それを発表する機会がなかなかなく、ようやくそれが叶ったかな、というところです。

おそらく、それぞれの楽曲を聴いていると、それぞれに放映された映画の思い出が蘇るのではないでしょうか。
ちょっとノスタルジーに浸っていただれければ、幸いに存じます。

因みに、挙げている写真の上段2枚は、当番組のOP曲である『タッカー』(88)(サントラから「キャプテン・オブ・インダストリー」を使用。作曲はジョー・ジャクソン)と、ED曲である『月下の恋』(95)(サントラから「ホーンティング」を使用。作曲はデビー・ワイズマン)のジャケットです。


さて、今回もこちらでも、「放送800回記念クイズ」、挙げておきますね。

銀幕音楽堂の倉庫にあります、洋画のサントラのうち、その800枚目のタイトルは次の4作品のうち、どれでしょう?

1.『将軍 SHOGUN』(80)
2.『将軍の娘 エリザベス・キャンベル』(99)
3.『小説家を見つけたら』(00)
4.『勝利への脱出』(81)

この中から一つを選び、番組宛までお寄せください。
正解された方には、「何か」さしあげます(笑)
※応募はFMハイホーのサイトから、リクエストフォームにてお寄せください。
  その際に、住所、氏名の書き忘れの無きように!


締め切りは今月末ですので、奮ってご応募ください!!

ってなわけで、梅雨もいつの間にやら明けて、猛暑というより酷暑の続く週末の宵、ご用とお急ぎでない方は、ぜひぜひお聴きあれ!!



コメント

Re: 夏はマイケル・キートンとフィリピン映画

> ナヨンさま

いつもありがとうございます!
まずは、リクエストいただいております、『帝一の國』の「イト」ですが、ことごとくお送りする機会を逃しております。
毎回音源は持参しているのですが・・・。
今週末のオンエアでも、言及はしているんですけど、肝心の音源をお送りするには至らず。
どうも、申し訳ございません。


> 7月に入ってから観たい映画が無かったので、私自身も映画ネタが無くてラジオメールを書くのに困ってたのですが、今週末辺りから見応えの有る話題作がボチボチと出だしてきました。

7月はおしなべて低年齢層向けの映画が多かったように思います。
このシーズンなので、仕方がないといえばそれまでですが、もうちょっとラインナップ、なんとかならんのか、って決して番組ではそんなこと申しませんけど(笑)、そう思います。


> 以下の6作品は観に行きます。
>
> 7/29(土)公開「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」(なんばパークスシネマ)
> 8/5(土)公開「ダイ・ビューティフル」(シネマート心斎橋)
> 8/11(祝・金)公開「スパイダーマン:ホームカミング」(TOHOシネマズ西宮OS)
> 8/12(土)公開「ローサは密告された」(シネ・リーブル神戸)
> 8/25(金)公開「ワンダーウーマン」(TOHOシネマズ西宮OS)、「エル ELLE」(大阪ステーションシティシネマ)
>
> マイケル・キートンが2作品で悪役やってますが(マクドナルド創業者のレイ・クロックが悪者か?と言われれば微妙な所ですが)、私的に好きな俳優なのでここ近年の復活ぶりは嬉しいですね。

バットマンがスパイダーマンの適役ってのも、複雑ではありますが、それもネタの一つなんでしょうね(笑)
マクドナルドの映画は、パークスシネマまで行かないとやってないんですねぇ。

パークスシネマへは、先々週、『ディストピア パンドラの少女』を観に、久しぶりに行きました。
あの映画も、奈良県内では上映されてませんでした。
数か月後に、いきなり上映されたりすのかもしれませんが、このサマーシーズンはどのシネコンもラインナップが同じで、秋ごろにならないと個性が出てこないのかな、なんて思っています。

> マクドナルド非公認映画なので、マクドナルドにハンバーガーを食べに行っても店内にマイケル・キートンのポスターやチラシが有りません(笑)。(^^;

以前あった、ハンバーガーだけ食べ続けるとどうなるか、っていうあの映画みたいな感じですかね、扱いは。

久々のバーホーヴェンの新作は、僕も楽しみにしています。
また、個人的にはシネ・リーブル梅田で公開されます、『ウィッチ』が楽しみですね。

フィリピン映画って、一度も観たことがないかもしれません。

> 「ローサは密告された」はロドリゴ・ドゥテルテ大統領就任前に製作された映画ですが、この映画を通して『貧困』『麻薬密売』『汚職』『密告』『スラム街』とフィリピンの深い闇が垣間見られるかと思います。

こういう作品は興味ありますね・・・。

> 最後に劇場について。
>
> 兵庫県での「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」と「エル ELLE」の公開劇場は三宮の神戸国際松竹なのですが、ここの劇場は比較的新しい映画館にも関わらず(阪神淡路大震災後にビルが建て替えられました)床の傾斜が浅いので、前の人の頭がスクリーンに被るんですよね。(^^;
>
> なので、私は大阪のシネコンで観ます。

なるほど!

ただ、大阪ステーションシネマって、前後の間隔が狭くないですか?
たいてい、一番後ろの席の前後くらいは、他のシネコンだったらちょっと空間とってあるのに、ここはなかったような。
それを言えば、梅田ブルク7なんて、もっと前後左右の間隔が狭いですけど・・・。

ま、大阪ステーションシネマ、けっこうここでしかやってない作品を取り上げたりして、重宝はしています。
エレベーターはいつも超満員で、けっこう腹立たしくはありますが(笑)
映画館直通のエレベーターくらい作れよ! っていつも思います。

とはいえ、『天使のいる図書館』を盛大に上映してくださったのも、ここですし、感謝はしてるんですけど・・・ね。

夏はマイケル・キートンとフィリピン映画

7月に入ってから観たい映画が無かったので、私自身も映画ネタが無くてラジオメールを書くのに困ってたのですが、今週末辺りから見応えの有る話題作がボチボチと出だしてきました。

以下の6作品は観に行きます。

7/29(土)公開「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」(なんばパークスシネマ)
8/5(土)公開「ダイ・ビューティフル」(シネマート心斎橋)
8/11(祝・金)公開「スパイダーマン:ホームカミング」(TOHOシネマズ西宮OS)
8/12(土)公開「ローサは密告された」(シネ・リーブル神戸)
8/25(金)公開「ワンダーウーマン」(TOHOシネマズ西宮OS)、「エル ELLE」(大阪ステーションシティシネマ)

マイケル・キートンが2作品で悪役やってますが(マクドナルド創業者のレイ・クロックが悪者か?と言われれば微妙な所ですが)、私的に好きな俳優なのでここ近年の復活ぶりは嬉しいですね。

マクドナルド非公認映画なので、マクドナルドにハンバーガーを食べに行っても店内にマイケル・キートンのポスターやチラシが有りません(笑)。(^^;

ここにきて滅多に日本に入ってこないフィリピン映画が2作続けて公開になります。

「ダイ・ビューティフル」は昨年の第29回東京国際映画祭コンペティション部門で最優秀男優賞(パオロ・バレステロス)及び観客賞を受賞した話題作です。

フィリピン版「プリシラ」みたいな作品ですね。

「ローサは密告された」はロドリゴ・ドゥテルテ大統領就任前に製作された映画ですが、この映画を通して『貧困』『麻薬密売』『汚職』『密告』『スラム街』とフィリピンの深い闇が垣間見られるかと思います。

最後に劇場について。

兵庫県での「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」と「エル ELLE」の公開劇場は三宮の神戸国際松竹なのですが、ここの劇場は比較的新しい映画館にも関わらず(阪神淡路大震災後にビルが建て替えられました)床の傾斜が浅いので、前の人の頭がスクリーンに被るんですよね。(^^;

なので、私は大阪のシネコンで観ます。

Re: タイトルなし

> neapolioさま

ありがとうございます!!

では、再放送をお楽しみあれ!!(笑)

今日は出先で仕事だったので聴けませんでした。悔しい!
土曜の夜に聴くのがいいのにぃ!
再放送を楽しみにしてます。

Re: 良い作品なんだろうけどダメ

> ケフコタカハシさま

いやぁ~~~これはこれは、大変な目に遭っちゃいましたですねぇ・・・。
あ、ほんとだ、「一生観ないと誓った作品」のカテゴリーのどストライクでしたね、『ライフ』・・・。

『宇宙人ポール』とはまた懐かしい(笑)
『宇宙人ポール』といえば、シガーニー・ウィーバーですよね(笑)


> で、何故日曜洋画劇場を観た覚えがないかというと、おそらく日曜日の夜には他の番組を見ていたからでしょう。

TBS系のドラマのほうをご覧になっていたのかも?

いまはもうほとんど、TVの映画番組(そのものが絶滅寸前ですけど)は観ないですねぇ。
そもそも、家でDVDやブルーレイも観ないもので。
せっかくソフト買っても・・・です(GWに買った『ローグ・ワン』のブルーレイ、いまだに封も開けていないありさまで)。


> 今のところはTSUTAYAディスカスの旧作借り放題2160円で満足してます。笑

近所には1軒くらいしかレンタルショップが無くて、どうしても観たいな、と思ったら、TSUTAYAディスカスでネットでソフト送ってもらってます。
こういうスタイルが主流になってくると、ショップ自体が少なくなるのもわかるような気がします。

と思いつつも、ショップでじっくり商品を探す楽しみも、またあったりするわけですが・・・。

良い作品なんだろうけどダメ

こんにちは。
「ライフ」観ましたよ・・・。泣
申し訳ない、確かに見応えのある良い作品だと思うけど、私には全然面白くなかったです。泣
まぁ真田広之のヒゲはカッコ良かったですけど。泣
見終わってからダダ下がりに下がったテンションを上げるのに苦労しました。泣
有り難いことに、たまたまTSUTAYAディスカスで届いた「宇宙人ポール」を観たら、ようやく上がってきたんです。
まさに目には目を、エイリアンにはエイリアンを、ってところですな。
んあ〜、ちょ〜っと違うけど、まいっか。

ところで、テレビの映画番組というと、私はゴールデン洋画劇場しか観た覚えがありません。
理由は他の曜日にあるのは私の田舎では日テレ系の日曜洋画劇場しか映らないからです。
で、何故日曜洋画劇場を観た覚えがないかというと、おそらく日曜日の夜には他の番組を見ていたからでしょう。
現在我が家はケーブルテレビなので、映画専門チャンネルで沢山の映画を観ることができなくもないんですけど、諸事情でそれもあんまり思い通りにならないし。
今のところはTSUTAYAディスカスの旧作借り放題2160円で満足してます。笑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/586-1e2094b4