FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第763回(2016年10月8日放送分) 



1475762678061.jpg














【放送日:2016年10月8日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2016年10月12日(水)PM6:00オンエア】


・ニューシネマ・サウンド

『プライドと偏見』ostより「ミセス・ダーシー」(co:ダリオ・マリアネッリ)
『高慢と偏見とゾンビ』ostより「Happy Ending?」(co:フェルナンド・ヴェラスケス)

『ローマの休日』ostより「Main Title」 (co:ジョルジュ・オーリック)
『黒い牡牛』ostより「序曲」(co:ヴィクター・ヤング)
『スパルタカス』ostより「メイン・タイトル」(co:アレックス・ノース)
『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』ostより「メインテーマ」(co:セオドア・シャピロ)

・銀幕音楽堂メールボックス
番組にいただいた、メール、FAXを紹介。

『真昼の決闘』ostより「Main Title」(co:ディミトリ・ティオムキン、vo:テックス・リッター)
「ハイ・ヌーン」(vo:フランキー・レイン)


以上のラインナップでお送りいたします。



奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

2016年1月1日よりサイマル・ラジオがスタートしました。
ご自宅のPC、スマートフォンでもお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。



今回は、奈良県にありますシネマコンプレックス、ユナイテッド・シネマ橿原さんで公開中の2作品(いずれも奈良県ではここだけの独占上映)をニューシネマ・サウンドのコーナーで取り上げます。

方やジェーン・オースティンの名作「高慢と偏見」に、ゾンビの要素をぶち込んだ、奇妙だけ実に魅力的(笑)な、『高慢と偏見とゾンビ』を。
そして作品にちなんで、原作の正統な映画化作品である『プライドと偏見』(05)のスコアも合わせて紹介いたします。

一方、主要都市では7月に公開されていた、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』を。
ハリウッドの黒歴史、レッドパージに巻き込まれた脚本家、ダルトン・トランボの姿を描いた力作で、番組でも彼が関わった作品の音楽を幾つか取り上げました。
オットー・プレミンジャー監督の『栄光への脱出』(60)のサントラも用意していましたが、時間の関係上紹介できなかったのが残念・・・。
あ、それでもセオドア・シャピロによる映画そのもののスコアはお送りしております。

また、番組にリクエストいただいておりました、『真昼の決闘』(52)の主題歌「ハイ・ヌーン」は、テックス・リッターが唄ったオリジナル・サウンドトラック・バージョンと、フランキー・レインが唄ったカヴァー・バージョンの2パターンをご紹介。

そして最後には、「例のアレ」のご報告を・・・(笑)

今回はなんとなくクラシカルな内容でお送りする1時間、ご用とお急ぎでなければどうぞお聴きあれ♪



コメント

Re: 祝!オーディション合格

> ケフコタカハシさま

書き込みありがとうございます!
そうですね、なんとかオーディション合格の通知をいただきました。

また、詳細はお伝えできるようになれば、お話ししてまいります。
いやぁ、実際どんな感じで撮影されるのか、楽しみでもあり不安でもあり・・・。

ところで、『あなたを抱きしめる日まで』良かったでしょ。
ちょっとしたミステリーのようなストーリー展開でしたが、最後はええっ! そんなところに・・・!(多くは語れませんが)
と、驚いてしまった作品です。

スティーブ・クーガンとジュディ・ディンチの掛け合いが魅力的な映画でした!

祝!オーディション合格

こんにちは。
いよいよ銀幕デビューですね、おめでとうございます。笑
ところで、以前スティーブ・クーガンの「あなたを抱きしめる日まで」を推してらしたような気がしたんですけど。
先日レンタルして観てみました。
なかなか味わい深い作品ですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/529-4234ffea