FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第750回(2016年7月9日放送分) 



1467640131438_20160709002344ef3.jpg










【放送日:2016年7月9日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2016年7月13日(水)PM6:00オンエア】


・ニューシネマ・サウンド

『さざなみ』より「煙が目にしみる」(vo:ザ・プラターズ)


・銀幕アラカルト:なんで今頃シャーロット・ランプリング?

『ジョージーガール』より「ジョージーガール」(vo:シーカーズ)
『未来惑星ザルドス』より「交響曲第7番第2楽章(抜粋)」(co:ベートーヴェン)
『愛の嵐』ostより「Sonata 1950」(co:ダニエレ・パリス)
『オルカ』ostより「Orca (Main Title) 」(co:エンニオ・モリコーネ)
『マックス、モン・アムール』ostより「Max Mon Amour Main Title」(co:ミシェル・ポルタル)
『スイミング・プール』ostより「テーマ」(co:フィリップ・ロンビ)

・ビニ盤の部屋

『未来惑星ザルドス』より「ザルドス」(co:ゼブラ)
『愛の嵐』より「望みは何と訊かれたら」(vo:シャーロット・ランプリング)

以上のラインナップでお送りいたします。



奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

2016年1月1日よりサイマル・ラジオがスタートしました。
ご自宅のPC、スマートフォンでもお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。


《裏ばなし》

今回は、頭の先から尻尾の先まで、シャーロット・ランプリング特集です。

春に公開された、彼女の主演作『さざなみ』が、少し遅れましたが奈良県内でもイオンシネマ西大和にて、先週の土曜日より2週間ですが限定上映されています。
春の公開時期には観に行くタイミングを外しまして、煩悶していたのですが、地元のシネコンで観ることfができるというのは、この上ない喜びであります。
実際に作品にも感銘を受けたわけですが、じつは主演のシャーロット・ランプリングは個人的にも思い入れのある女優の一人でありまして。
せっかく、オスカーにもノミネートされた代表作ともいうべき作品が公開されているということで、これはもう特集を組まねばならない! と。

結果、ご覧のようなラインナップです。
本当はここに、『地獄に墜ちた勇者ども』、『さらば愛しき人よ』、『エンゼルハート』等々、音源を用意していたのですが、1時間という時間枠ではなかなかそこまで盛り込めない。
しかも、最終的に取り上げることのできた作品個々についても、ストーリーの説明も盛り込んでしまうと、またまた1時間を軽く超えてしまいます。
(特に思い入れの強い、『未来惑星ザルドス』なんて、アーサー・フレインの件から、『オズの魔法使い』まで触れてしまっていたので、そりゃあ軽く1時間超えてしまいますわな(笑) なので、その辺りも編集でバッサリ切っているので、ほとんど内容に触れていないような仕上がりになっています。『愛の嵐』も同様)
実際に、倍近い時間を編集で削除せねばならず、今回の収録は1時間の番組を作るのに優に4時間を超えてしまうことになりました。

最後にチョロっと付けた「ビニ盤の部屋」。
こないだは「ビニ盤アワー」なんていうコーナータイトルでしたが、もっと淫靡な響きのほうがいいなぁと思い、急遽変更しています。
ここでは、『未来惑星ザルドス』公開時期にリリースされた、ゼブラなるロックバンドによる「交響曲第7番第2楽章」のロック・アレンジ・バージョンと、『愛の嵐』からはサントラCDには未収録の、シャーロットが唄うあのナンバーをお送りします。
いずれもシングルレコード音源になります。


連日の猛暑で疲労困憊になっているとは存じますが、ご用とお急ぎでない方は、どうぞお聴きあれ♪


コメント

Re: 早く明けて欲しいです

> ケフコタカハシさま

なんだか、知らない間に梅雨明けしてしまったなぁ・・・という感じです。
梅雨明けして、心なしか湿度が若干下がったかな、という印象がありますが、それでも猛暑はあいかわらずです。
昨日なんて、仕事中にめまいを起こしそうになったほど・・・。

それはさておき、『未来惑星ザルドス』は初見でしたか?(笑)
クーブリックの『2001年宇宙の旅』のような作品を! ということで、ジョン・ブアマンが20世紀FOXから好きなように
作らせてもらった映画です。
哲学的ではありますが、寓話的な要素が濃厚だったんじゃないかと。
まぁ、僕が幼い頃に観た際は、オープニングの巨大な石像と、ラストの二人が次第に老いていくシーンが強烈に印象に残りました。

大人になってから観ると、とっても判りやすく、「ザルドス」の意味も「なるほどね」ってなもので(笑)

早く明けて欲しいです

こんにちは。
そちらは梅雨明けして暑そうですね。
当地はまだまだシトシトジトジト梅雨真っ只中です。
「未来惑星ザルドス」観てみましたよ。
オープニングのあまりのハリボテ感に、かな〜り戸惑いましたが、観終ってみるとそんなに悪くはなかったな、というのが素直な感想です。
ショーン・コネリーファンなら観ておくべき作品ですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/515-433eb9b9