FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第736回(2016年3月26日放送分) 



1458807103586.jpg










【放送日:2016年3月26日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2016年3月30日(水)PM6:00オンエア】


・銀幕アラカルト(その1):「007を聴こう! 『007 死ぬのは奴らだ』編

『007 死ぬのは奴らだ』ostより「死ぬのは奴らだ」(vo:ポール・マッカートニー&ウィングス)
『007 死ぬのは奴らだ』ostより「ボンドとソリテア」(co:ジョージ・マーティン)
『007 死ぬのは奴らだ』ostより「サメディ男爵の死の踊り」(co:ジョージ・マーティン)
『007 死ぬのは奴らだ』ostより「サン・モニクの本拠地」(co:ジョージ・マーティン)
『007 死ぬのは奴らだ』ostより「ジェームズ・ボンドのテーマ」(co:モンティ・ノーマン、arr:ジョージ・マーティン)

・銀幕アラカルト(その2):キース・エマーソン追悼特集

『インフェルノ』ostより「マテル・テネブラルム」(co:キース・エマーソン)
『ナイトホークス』ostより「メイン・タイトル・テーマ」(co:キース・エマーソン)
『幻魔大戦』ostより「光の天使」(co:キース・エマーソン、vo:ローズマリー・バトラー)
『ゴジラ FINAL WARS』ostより「エンディング・タイトル」(co:キース・エマーソン)

・銀幕音楽堂メールボックス
番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。


以上のラインナップでお送りいたします。



奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

2016年1月1日よりサイマル・ラジオがスタートしました。
ご自宅のPC、スマートフォンでもお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。


《裏ばなし》

自分の番組をあらためて聴くのはオンエア後になることが多いのですが、昔から番組内で「言い間違い」というのをよくやらかしています。
それが生放送であればリアルタイムにリスナーさん、もしくはスタッフから訂正を促される、ということもあるでしょうが、当番組のような収録番組となるとなかなかそうはいかないもので。
もちろん、収録した後で一度推敲、じゃないですが聴き直してから局へ番組素材を提出すればよいのでしょうが、なかなかそうもいかないのが現状なわけです。

たとえば先週のオンエアを後で聴いて愕然としたのは、『エヴェレスト 神々の山嶺』の紹介の際、ハリウッドの『エベレスト3D』のロケ地の標高を400mと言ってたこと。
それに対し、『エヴェレスト~』は5000mの場所でロケしているので凄い! なんてことを堂々と言ってました。
400mって・・・うち近所の山じゃないか・・・(苦笑)

他にもこの間なんて、自分はジョン・カーペンターと言ってるつもりなのに、どう聴いてもジョー・カーペンターと言ってたり(老化現象なんだろうか・・・)、本当に愕然とすることばかりです。

まぁ、これも人間味あふれるビンさんってことで、大目にみ~て~よ~♪ なんて言ってるようじゃ、10数年番組やってても一向にMCが上達しない要因なのでしょうね・・・。
もっと、精進いたします・・・。

と書きつつ、今回もエマーソン・レイク・アンド・パーマーと言ってるつもりが、エマーソン・アンド・レイク・パーマーと言ってしまってます・・・。

閑話休題。

今回は映画音楽関係のお二人の方の追悼特集です。
まずはザ・ビートルズ5番目のメンバーと言われた、ジョージ・マーティンの特集を。
といっても、彼がスコアを担当した『007 死ぬのは奴らだ』を取り上げます。
昨年、年末に『007 スペクター』が公開されることに合わせ、過去の007シリーズのサントラを、主題歌だけじゃなくスコアも取り上げようと行ってきた企画、「007を聴こう!」。
『~スペクター』公開までに全作を紹介するつもりが、なかなか進まなくて『~ダイヤモンドは永遠に』まででストップしていました。
この度、奇しくも(という表現は正しくないかもしれませんが)ジョージ・マーティンの訃報を受け、企画を再開し『~死ぬのは奴らだ』を取り上げた次第です。

個人的にはザ・ビートルズに対しては昔からあまり興味がなかったもので、中学時代に自宅にビートルズのレコードを一枚も持ってないと友人に言うと、「信じられへん!」と言われたくらいですから。
なので、ジョージ・マーティンがビートルズの楽曲にどのように関わったのか、その詳細までは知る由もありませんが、ボンド役の俳優が交代し、いわゆるリニューアル作品となった本作にジョージ・マーティンがどのように貢献したか、僕なりの感想とそれを音楽でもって僅かでも理解していただければ幸いです。

そして、もう一人、キース・エマーソンの特集です。

ご存知のように悲劇的な最期を遂げたエマーソンですが、中学生の頃に映画音楽番組で『インフェルノ』と『ナイトホークス』のスコアを聴いて、鳥肌が立ったことをおぼえています。
特にコーラスを伴った荘厳かつロック・テイストばりばりな『インフェルノ』(今回取り上げた「マテル・テネブラルム」に顕著)のカッコイイこと!!
まぁ、映画そのものは「なんじゃこりゃ・・・?」なシロモノでしたけど。

また、日本びいきだったことでも知られるエマーソンが携わった邦画2作品もあわせて取り上げています。
先週から角川映画の話題をしていたところに、こういう形でエマーソンが関わった『幻魔大戦』を取り上げるというのも、なんだか因縁めいたものを感じています。

他にも『インフェルノ』を監督したダリオ・アルジェントの弟子的な存在であるミケーレ・ソアビが監督した『デモンズ3』とか、同じくイタリアン・ホラー界の巨匠ルチオ・フルチの『マーダロック』などの音源も用意しましたが、収録時間の都合で割愛しました。

全体的にいつもより少し音楽が流れる割合が多い番組内容になっています。

ってなわけで、ご用とお急ぎでない方は、どうぞお聴きあれ♪


コメント

>ケフコタカハシさま

> こんにちは。
> 4/2放送分の記事がないから、もしやと思っていたら、まさかの再放送とは。
> でも3/26に聞くことができなかったので、私としては結果オーライです。
> 「死ぬのは奴らだ」の曲はとても印象的で、私も良ーく覚えてますわ。

どうもすみません・・・。

本業が年度末であまりの忙しさのため、番組収録が出来ず、再放送という形をとらせていただきました。

いままで年度末でも、入院や局の手違い以外で再放送になったことはなかったのですが、それくらい今期は忙しかったのです。

大丈夫ですか〜?

こんにちは。
4/2放送分の記事がないから、もしやと思っていたら、まさかの再放送とは。
でも3/26に聞くことができなかったので、私としては結果オーライです。
「死ぬのは奴らだ」の曲はとても印象的で、私も良ーく覚えてますわ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/501-4dc02bca