ビンさんの銀幕音楽堂・第735回(2016年3月19日放送分) 



1458226036071.jpg

【放送日:2016年3月19日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2016年3月23日(水)PM6:00オンエア】


・ニューシネマ・サウンド

『セーラー服と機関銃-卒業-』より「セーラー服と機関銃」(vo:橋本環奈)

『エヴェレスト 神々の山嶺』ostより「エヴェレスト 神々の山嶺 オープニング・タイトル」 (co:加古隆)
『エヴェレスト 神々の三嶺』ostより「ララバイ・オブ・エヴェレスト -風のヴァージョン-」(co:加古隆)

『犬神家の一族』ostより「愛のバラード」(co:大野雄二)


・銀幕音楽堂メールボックス
番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。

『裸足の伯爵夫人』ostより「Main Titles」(co:マリオ・ナシンベーネ)
『裸足の伯爵夫人』ostより「Bolero」(co:マリオ・ナシンベーネ)
『裸足の伯爵夫人』より「裸足のボレロ」(pl:ユーゴ・ウィンターハルター楽団)


以上のラインナップでお送りいたします。



奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

2016年1月1日よりサイマル・ラジオがスタートしました。
ご自宅のPC、スマートフォンでもお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。


《裏ばなし》

今回は奇しくも「角川映画40周年記念作品」2作品が公開中ということもあって、そちらをニューシネマ・サウンドのコーナーにて。

角川映画と聞くと、ある種のノスタルジーに包まれてしまう世代であって、
「そうか・・・『犬神家~』からすでに40年も過ぎてしまったのかと思うと茫然とぜずにおれません。

それはさておき、2作品から前者は主演の橋本環奈ちゃんが唄う、2016年版、「セーラー服と機関銃」を。

後者は加古隆氏による、超ドラマティック(というか、ほとんど歌謡曲の様相だ)なスコアを。
それに絡めて、最近の邦画におけるスコアの使い方云々について、グダグダ喋っております(まぁ、いつものことですが)。

そして、角川映画第1弾の、いったい何度この番組で取り上げたら気が済むんだ・・・という声も上がりそうですが(笑)、『犬神家の一族』から「愛のバラード」を。
その大野御大からサントラCDに直々にサインをいただいたのは、もう3年も前になるのかぁ・・・。
あの時は、よもやこんな田舎町に大野御大が来訪されるなんて、夢にも思わなかったことです。

最後にリクエストとして、『裸足の伯爵夫人』(57)からテーマ曲「裸足のボレロ」をいただきました。
番組では言い忘れていたかもしれませんが、かの「日曜洋画劇場」の前身、「土曜洋画劇場」の第1作目にもなる本作、マリオ・ナシンベーネが作曲したスコアは、いまや映画音楽を離れてスタンダードな1曲になっています。

いい機会なので、その有名なフレーズも盛り込んだ「メインタイトル」、そして「ボレロ」をサントラ音源で。
それがどんなアレンジを施されて、ポピュラー音楽になったのかお判りいただけるように、ユーゴ・ウィンターハルター楽団の演奏による「裸足のボレロ」を取り上げています。

今回は、全編にわたって映画における映画音楽とは・・・なんて高尚なことは語っていませんが(笑)、色々と思うことを喋っております。

ってなわけで、ご用とお急ぎでない方は、どうぞお聴きあれ♪


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/500-b91f12e9