FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第663回(2014年10月11日放送分) 







【放送日:2014年10月11日 PM9:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド

『蜩ノ記』ostより「エンディング・テーマ」(co:加古隆)


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール、FAXの紹介など。

『七人の侍』ostより「組曲」(co:早坂文雄)

『インストール』ostより「記憶のカケラ」(co:Rita-iota)

『舞妓はレディ』ostより「舞妓はレディ」(vo:上白石萌音)




以上のラインナップでお送りいたします。



奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時

コミュニティFMですので、奈良県内だとカーラジオならたいてい聴取可能なのですが、自宅となると限られた地域しかクリアに聴けません。
もし、聴取可能だよ~、という地域にお住まいであれば聴いていただけるとありがたいです。
聴けない方には、雰囲気だけでもお伝えすべく、ここに放送内容をUPしておきます。



《裏ばなし》

さてさてさて、近いうちに僕の番組以外の番組に、出演させていただくことになりました。
と書くと、永らく番組を聴いていただいてらっしゃる方なら、ピン! とくるのでは(笑)

現在、その際の音源をいろいろと仕込んでいるところであります。
まぁ、そのせいで、もとい、おかげで、観た映画のレビューが相当に滞っている状態です。

番組で取り上げる作品数も限られていますし、毎週毎週、観たい映画も次々に公開されますから、観た後でなんらかの形で記述しておかないと、その映画を観たこと自体、忘れてしまいかねませんからねぇ・・・。

ともあれ、僕の番組以外の番組の件は、また近いうちにここで紹介することにいたしましょう。

今回は、ニューシネマ・サウンドとして、加古隆氏のスコアが今回も美しかった『蜩ノ記』を。

そして、番組へのリクエストとして、『七人の侍』から、サントラ音源を巧みに十数分に編集した「組曲」を。
さらに、もう10年前になってしまうのか、いまや人妻を演じて話題となった(僕はあのドラマ、まったく観てなかったんですけど)上戸彩が、女子高生を演じた『インストール』から1曲。
そして、現在公開中、『舞妓はレディ』から、エンドクレジットに流れた主題歌のポップ・アレンジ・バージョンをお送りいたします。



ヒグラシノキ
『蜩ノ記』のサントラ。
スコア担当は加古隆。

小泉尭史監督とはずっとコラボレーションを組んでいる、加古隆氏のスコアは今回も見事に美しく、そして登場人物の内面を浮き彫りにするかのような繊細な仕上がり。

無論、出演者たちの演技も冴えているが、あのスコアがなければ、あそこまで魂を揺さぶる映画になっていただろうか、とさえ思う。

サントラには、劇中で使用されたスコアに加え、それらをアレンジした組曲も収録。
CD、ダウンロードでリリースされている。


【amazon】
【amazon MP-3】
【タワーレコード】
【iTunes】




クロサワザフィルムミュージックオブアキラクロサワ
『クロサワ 黒澤明 映画音楽の世界』。

黒澤明監督の東宝作品から、『七人の侍』(54)から『夢』(90)までのテーマ曲を収録したオムニバス盤。

黒澤作品の、とりわけ東宝配給の作品のサントラは、東宝ミュージックから完全盤がリリースされているが、このディスクは1枚あればその主要作品のテーマを聴くことができる、いわば入門編。

とはいえ、『七人の侍』は主要曲を巧みにつなぎ合わせて、十数分の組曲として収録。
この1曲だけでも聴き応えがあるし、日本映画音楽界の巨匠の代表作も、これ一枚で堪能できる優れものだ。


【amazon】
【タワーレコード】




インストール
『インストール』(04)のサントラ。
スコア担当はRita-iota。

綿矢りさの原作を片岡Kが監督。
上戸彩と神木隆之介の競演も話題となったが、原作者からの印象はあまり芳しくなかったようだ。

Rita-iotaによるテーマ曲は、いまでもしばしばバラエティ番組などでも使用されるほど、キャッチーなナンバー。
いわゆる渋谷系ミュージックの流れを汲むユニットだが、本作以外では作品をあまり耳にすることがないのは残念。

現在も解散はしていないようだが、活動そのものも継続しているのか不明。
ただ、このサントラは個人的にもよく引っ張り出しては聴いている、愛聴盤の一枚でもある。


【amazon】



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/416-3cddfc8b