FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第654回(2014年8月9日放送分) 







【放送日:2014年8月9日 PM9:00オンエア】

・シネマニアック・アワー:『八つ墓村』

『八つ墓村』ostより「メインタイトル」(co:芥川也寸志)
『八つ墓村』ostより「八つ墓村へ」(co:芥川也寸志)
『八つ墓村』ostより「惨劇・32人殺し」(co:芥川也寸志)
『八つ墓村』ostより「お宮参り」(co:芥川也寸志)
『八つ墓村』ostより「八つ墓村の系譜を追って 」(co:芥川也寸志)
『八つ墓村』ostより「青い鬼火の淵(道行のテーマ) 」(co:芥川也寸志)
『八つ墓村』ostより「竜の顎(アギト) 」(co:芥川也寸志)


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール、FAXの紹介
MOVIX橿原さんの上映情報など。


以上のラインナップでお送りいたします。



奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時

コミュニティFMですので、奈良県内だとカーラジオならたいてい聴取可能なのですが、自宅となると限られた地域しかクリアに聴けません。
もし、聴取可能だよ~、という地域にお住まいであれば聴いていただけるとありがたいです。
聴けない方には、雰囲気だけでもお伝えすべく、ここに放送内容をUPしておきます。



《裏ばなし》

今回はほぼ1時間にわたって、77年公開の松竹映画『八つ墓村』を取り上げます。

松竹音楽出版よりリリースの「あの頃映画サントラシリーズ」の第2弾として本作が取り上げられたのは実にうれしいかぎり。
第1弾の『砂の器』に引き続き、今回もフィルムで使われたマスター音源の完全CD化です。

本編はロードショーの頃に、東大阪は布施にあった昭栄座で観ました。
その後、ビデオ、DVDなどで何度も観ている快作ですが、その度にサントラの曲をアレンジが違うなぁ…とメインタイトルのスコアからしてそんなことを思っていたのです。

そんなことにお嘆きの貴兄(?)にとっては、今回のCDにはさぞかし溜飲が下がることと存じます。
番組ではストーリーに沿って、芥川也寸志氏による流麗なスコアの数々をお送りしてみました。

いかんせん、時間の都合で、エンディングや予告編に使われた「落ち武者のテーマ」を取り上げる余裕がなかったのは、とても残念でありました。

10月にはブルーレイもリリースされますので、その予習のつもりでお聴き下さいまし(笑)



ヤツハカムラカンゼンバン
『八つ墓村』(77)のサントラ。
スコア担当は芥川也寸志。

上でも書いたように、松竹音楽出版から『砂の器』に続いてリリースされた、「あの頃映画サントラシリーズ」第2弾。
従来のサントラ音源ではなく、映画用マスターテープを使用した、正に映画本編に流れていたバーションのスコア群を、あますところなく収録。
名曲「道行のテーマ」は、過去にリリースされたいずれのバージョンよりも最も長い演奏になっている。

さらに、従来のサントラ盤の主要スコアも同時収録することで、そのバージョンの違いを聴き比べできるようになっている。
映画音楽ファン垂涎の一枚だ。


【amazon】
【タワーレコード】




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/397-e14c62bd