ビンさんの銀幕音楽堂・第634回(2014年3月22日放送分) 







【放送日:2014年3月22日 PM9:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド

『アナと雪の女王』ostより「ヴェリィ (フィーチャリング・カントゥス)」(co:クリストフ・ベック)
『アナと雪の女王』ostより「氷の心」(vo:キャスト)
『アナと雪の女王』より「生まれてはじめて」(vo:クリスティン・ベル、イディナ・メンゼル)
『アナと雪の女王』ostより「レット・イット・ゴー」(vo:イディナ・メンゼル)

『あなたを抱きしめる日まで』ostより「airport」(co:アレクサンドル・デスプラ)


・銀幕音楽堂メールボックス

番組にいただいた、メール、FAXを紹介


そのほか、番組にチケット提供していただいてます、MOVIX橿原さんの上映情報など。


以上のラインナップでお送りいたします。



奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時

コミュニティFMですので、奈良県内だとカーラジオならたいてい聴取可能なのですが、自宅となると限られた地域しかクリアに聴けません。
もし、聴取可能だよ~、という地域にお住まいであれば聴いていただけるとありがたいです。
聴けない方には、雰囲気だけでもお伝えすべく、ここに放送内容をUPしておきます。

番組では、MOVIX橿原のペア・チケットをプレゼント中!
ご希望の方は、上のリンク先より当番組宛に番組の感想、リクエスト、映画に関連することならなんでもメール、FAX、受け付けております。
いただいた方には全国のMOVIXで使用できる(できれば地元、MOVIX橿原で使用していただきたい・・・)ペア・チケットをお送りいたします。



《裏ばなし》

とにかく、今年は本業が期末&来月より消費税アップということもあって、例年以上に多忙でありまして、休日も仕事をしているような状態です。

なので、映画を観る時間もかなり限られておりまして・・・。

そのなかでも、番組で紹介したいな、取り上げたいな、という作品は時間を見つけて観るようにはしておりますし、もちろん、番組に穴を開けるわけにもいかない。

もっとも、番組収録することで重くのしかかってくる仕事上のストレスも、なんとか解消できるような次第ですから、番組を聴いていただいている方々には失礼かと思いますが、僕自身のストレス発散の場として、番組収録はなくてはならない生活の一部なのであります。


そんなこんなで、番組収録はできても、ブログで番組内容をアップする時間とスタミナがなく、先週の第633回の内容はアップできないまま、今週となってしまいました。

まぁ、前回は1時間、とりとめのない話をダラダラ喋っていたという内容ですし、取り上げた楽曲も『銀の匙』のメインテーマと『アナと雪の女王』の「レット・イット・ゴー」の2曲だけというとんでもない有様でした。


今回は、前回で深く取り上げられなかった(というか、映画を観てなかったので)、『アナと雪の女王』と、番組にチケット提供いただいておりますMOVIX橿原さんにて、奈良県下独占上映となっております『あなたを抱きしめる日まで』の2作品を強力プッシュで取り上げておりますので、どうか、お急ぎでない方は聴いてやってくださいませ。


今回取り上げた2作品は、いずれも素晴らしい内容で、心身ともに疲労困憊している僕には、相当に栄養となりました。

やっぱり、いい映画に出会えることはいいものだな・・・としみじみ実感した次第です。


また、ありがたいことに、番組宛にたくさんメール、FAXが届いております。

こちらも「メールボックス」のコーナーで一挙紹介しています。

ほんとに、ありがとうございました!!



アナトユキノジョオウ
『アナと雪の女王』のサントラ。
スコア担当はクリストフ・ベック。
ソング・ナンバーはロバート・ロペス&クリステン・アンダーソン=ロペス夫妻が担当。

アンデルセンの童話「雪の女王」をベースとしているというが、まったくのオリジナルであるディズニーの最新CGアニメ。

挿入歌「レット・イット・ゴー」は本年度アカデミー賞歌曲賞でオスカーを獲った。
他にも魅力的なナンバーが多く、それらをサポートするスコアとの相性もばっちり。

架空の国が舞台なれど、北欧のテイスト濃厚なスコアともども音楽が物語のバックボーンを雄弁に語っている。

海外盤サントラにはボーナス・トラックが収録されたデラックス・エディションもあるが、ここでは国内盤の紹介にとどめておく。

クリスティン・ベル、イディナ・メンゼルのヴォーカルに加え、国内盤サントラにはMay.Jが歌う「レット・イット・ゴー」も収録。


【amazon】
【amazon MP-3】
【タワーレコード】
【iTunes】




アナタヲダキシメルヒマデ
『あなたを抱きしめる日まで』のサントラ。
スコア担当はアレクサンドル・デスプラ。

本年度アカデミー賞作曲賞ノミネート。
ひょっとしたら今回デスプラが初オスカーかも・・・と思ったが、残念ながら賞は逃してしまった。
が、ノミネートされるだけの素晴らしいスコアとなっている。

幼い息子をとある団体に奪われたヒロイン、フィロミナの心情を、デスプラのスコアは時に優しく、時に辛辣に突き放すかのような半ば滑稽とも思えるユーモアを携えて綴っていく。

三拍子をメインとしたテーマ曲が秀逸。

当初サントラはダウンロードのみのリリース(しかも日本では購入できなかった)だったが、オスカーノミネートもあって後にディスク化されたのは嬉しい限り。

ラストにはメインテーマをアレンジした、カーニバルの回転木馬のメロディが収録されているのも、映画をご覧になった方にはなんともシュールに感じられるだろう。


【amazon】
【タワーレコード】





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/370-8c5c3983