ビンさんの銀幕音楽堂・第586回(2013年4月20日放送分) 







【放送日:2013年4月20日 PM9:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド:『舟を編む』

『舟を編む』ostより「それから」(co:渡邊崇)


・銀幕音楽堂メールボックス

『ボクたちの交換日記』より「サヨナラじゃない」(vo:FUNKY MONKEY BABYS)


そのほか、番組にチケット提供していただいてます、MOVIX橿原さんの上映情報など。


以上のラインナップでお送りいたします。



奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時

コミュニティFMですので、奈良県内だとカーラジオならたいてい聴取可能なのですが、自宅となると限られた地域しかクリアに聴けません。
もし、聴取可能だよ~、という地域にお住まいであれば聴いていただけるとありがたいです。
聴けない方には、雰囲気だけでもお伝えすべく、ここに放送内容をUPしておきます。

番組では、MOVIX橿原のペア・チケットをプレゼント中!
ご希望の方は、上のリンク先より当番組宛に番組の感想、リクエスト、映画に関連することならなんでもメール、FAX、受け付けております。
いただいた方には全国のMOVIXで使用できる(できれば地元、MOVIX橿原で使用していただきたい・・・)ペア・チケットをお送りいたします。



《裏ばなし》

今回は1時間でお送りする音楽はたったの2曲。

あとは延々喋ってます・・・(笑)


新作を紹介する「ニューシネマ・サウンド」では『舟を編む』を。
映画の内容もさることながら、渡邊崇氏によるスコアも素晴らしく、番組ではエンドクレジットに流れた「それから」というナンバーをセレクト。

ただ、新作としては観た作品はかなり少ないうえに、番組作りの準備時間があまり取れなかったということもあって、続く「銀幕音楽堂メールボックス」にて、番組宛にいただいたメール、FAXをネタにとりとめのないことをいろいろ喋らせてもらっています。


ま、とにかく喋っている内容は映画に関することや、僕が番組に関わることになったいきさつとか、それ以前の話だとか、番組のカラーからは外れていないとは思うのですが、こんなことばっかりしてちゃいけませんね。

なお、ファンモンのナンバーは番組にリクエストでいただいたもの。
個人的にはファンモン、けっこう好きなんですよ。映画の主題歌もいろいろ唄ってますしね。


あ、この「~メールボックス」のコーナーのBGMは、ミシェル・ルグランによる『ベルサイユのばら』(79)の「メインテーマ」です。
映画はともかくとして、このナンバーは昔から大好きで、歴史大作のテーマ曲ながらルグランによる流麗かつポップなそのアンバランスさがたまりません。
ちなみに、ずっとアナログ音源しかなかったのですが、ようやくCD化されるようです。
単品ではなく、ルグランの作品集(BOXセット)のなかの1枚で、しかもフランスの本国盤のみのリリースのようです。・・・日本映画なのに。



フネヲアム
『舟を編む』のサントラ。

スコア担当は渡邊崇。

渡邊氏の作品を聴くのは今回が初めて。
前半はピアノを主体とした、どちらかといえば「静」なイメージのスコアが多いが、主人公の行動とともに、スコアにも次第に厚みが増していく。

まさに、映画の流れに沿ったスコアで、それはエンドクレジットのスコアで最高潮に達する。

あの内容にあのスコア。じつにいいバランスで、観ていて聴いていて心地よい作品だった。


【amazon】
【タワーレコード】
【iTunes】




サヨナラジャナイ
『ボクたちの交換日記』の主題歌「サヨナラじゃない」。

ヴォーカルはFUNKY MONKEY BABYS。

ファンモンに関しては、僕がどうこういえるほど知識がない。
でも、ここ数年、年末の「紅白歌合戦」での活躍ぶりもさることながら、これまでの映画の主題歌に抜擢されたりと、彼らのナンバーは耳にする機会は多かったと思う。

今年の6月で解散というのは、熱烈なファンではないけれど、それはそれで残念ではある。


【amazon】
【タワーレコード】
【iTunes】




ドゥミアンドルグラン
ミシェル・ルグランが手掛けた、ジャック・ドゥミ監督作品のサントラ集。

『シェルブールの雨傘』(63)、『ロシュフォールの恋人たち』(66)はもちろん、個人的には『ベルサイユのばら』(79)がようやくCD化されることが嬉しい。

ただ、先の2作品はすでにサントラを所有している方も多いだろうし、ボックスセットではなく、バラ売りはできなかったのかなぁ・・・というのが正直なところ。
CD11枚セットで価格は6千円を切るというのはリーズナブルではあるけれど。

フランス本国でのリリースで日本盤のリリース予定はなし。
4月末日リリース予定。タワーレコードにて予約受付中。


【タワーレコード】







コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/306-3e8b4a8f