FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第570回(2012年12月29日放送分) 







【放送日:2012年12月29日 PM9:00オンエア】

・銀幕アラカルト:ビンさんが選ぶ、2012年度映画ベスト10!!

ツナグパンフ
【第10位】『ツナグ』(日)10月6日公開

期待せずに観に行って、予想外に感銘を受ける作品というのは、かなり印象に残るものだ。
2012年度では本作がそんな作品の最たるものだった。

また、日本映画界を代表する重鎮と、これからの日本映画界を背負っていく若き才能のコラボレーションの好例としても、本作は忘れられない秀作となった。



♪オンエア曲:『ツナグ』ostより「大切な人」(co:佐藤直紀)
映画「ツナグ」オリジナル・サウンドトラック - 佐藤直紀










アシュラパンフ
【第9位】『アシュラ』(日)9月26日公開

発表当時センセーショナルを巻き起こしたジョージ秋山の原作コミック、ということは知ってはいたが内容はほとんど知らなかった。
なので、このアニメ化映画でその内容に初めて触れた。
そして、いたく感銘を受けた。
観終わってすぐに、書店へ駈け込んで原作を買ったほどだった(結果的には映画のほうがずっと良かったけど)。

アニメーションの持つ美しさと、そこで描かれる人間のエゴ、哀しみ、痛み。
まさに芸術作品と呼ぶにふさわしい一本。

♪オンエア曲:
『アシュラ』ostより「希望/Trash」(vo:小南泰葉)
『アシュラ』ostより「あこがれ」(co:上田益)

Asura Original Sound Track - VARIOUS























ドライブパンフ
【第8位】『ドライヴ』(米)3月31日公開

お昼はスタントマン。夜は強盗犯の逃亡を助ける裏の仕事をしている主人公が、近所に住む主婦に一目惚れしたばかりに、暗黒世界と真っ向から対決していく羽目になるフィルム・ノワールの秀作。
スタイリッシュな映像に、思わず陶酔。
キャリー・マリガンのキュートさにも思わず陶酔。
そして、いいところで流れるリズ・オルトラーニの名曲にも陶酔。
観終わって数日は二日酔いみたいになったクセになる秀作。


♪オンエア曲:『ドライヴ』ostより「オー・マイ・ラヴ」(『ヤコペッティの大残酷』主題歌)(vo:カティナ・ラニエリ)
Drive (Original Motion Picture Soundtrack) - Various Artists


























ワタシノイキルハダパンフ
【第7位】『私が、生きる肌』(スペイン)5月26日公開

スペインの鬼才ペドロ・アルモドバルの最新作。
ここ最近はちょっとお上品な作品が続いてて、正直なところ興味が薄れていたが、今回はエロティック&ミステリアスの融合がじつに心地よかった。
なんといっても、驚愕のラスト・シーンには思わず涙が出た。
これはいったいなんの涙なんだろうか?

ヒロインを演じるエレナ・アナヤが絶品!!





♪オンエア曲:『私が、生きる肌』ostより「Creditos/La identidad inaccesible」(co:アルベルト・イグレシアス)
The Skin I Live In (La Piel Que Habito) [Soundtrack from the Motion Picture] - Alberto Iglesias
























ソウサカンエックスパンフ
【第6位】『捜査官X』(香港・中国)4月21日公開

前半はミステリー。後半は壮絶なカンフー・アクション。
一粒で二度美味しいとは、まさにこのこと。

ジミー・ウォングがむちゃくちゃ恐ろしかったねぇ・・・。

サントラが未発売なのがじつに悔やまれる。


プロメテウスパンフ
【第5位】『プロメテウス』(米)8月24日公開

SF超大作!! と思って観に行ったら内容はB級SFホラーのような内容だった。
それを堂々とやってしまうリドリー・スコットのスコット、もとい、スットコどっこいなその姿勢。
いやぁ・・・ツボにはまりました(笑)

『アラビアのロレンス』に言及しているところなど、映画ファンとしても楽しめる仕掛けもあって、今年のサマー・ムービー群の中では個人的には忘れられない1本だった。


♪オンエア曲:『プロメテウス』ostより「a Planet」(co:マルク・ストライテンフェルド)
Prometheus (Original Motion Picture Soundtrack) - Marc Streitenfeld











アイトマコトパンフ
【第4位】『愛と誠』(日)6月16日公開

名作コミックスを、脱力感100%なミュージカル映画に料理した珍奇な1作、いや、バイタリティあふれる1作。
観終わった後、すぐにもう一度観たい!! と思わせた麻薬のような危険性も孕んでいる。

とにかく、本作の武井咲は、他のどの作品よりもキュートだと思う。

他の作品、あまり観てないけど。




♪オンエア曲:『愛と誠』ostより「あの素晴らしい愛をもう一度」(vo:武井咲)











オオカミコドモノアメトユキパンフ
【第3位】『おおかみこどもの雨と雪』(日)7月21日公開

またもや細田守監督にやられた~~~と思った秀作。
今年は先に紹介した『アシュラ』や『ももへの手紙』といった優れたアニメ作品に出会えたのは嬉しかったが、特に本作はその完成度は抜きんでていたと思う。


♪オンエア曲:『おおかみこどもの雨と雪』ostより「おかさんの唄」(vo:アン・サリー)
おおかみこどもの雨と雪 オリジナル・サウン - 高木正勝











アルゴパンフ
【第2位】『アルゴ』(米)10月26日公開

今年は映画に対する愛を謳った作品がいくつもあった。
『アーティスト』然り『ヒューゴの不思議な発明』然り。
いずれも優れた作品でそれぞれに感銘を受けたが、個人的にもっとも胸を打ったのが本作。

いやぁ・・・素晴らしかった。


♪オンエア曲:『アルゴ』ostより「Hace Tuto Guagua」(vo:Familion)
Argo (Original Motion Picture Soundtrack) - Alexandre Desplat











センカノウマパンフ
【第1位】『戦火の馬』(米)3月2日公開

スピルバーグの作品を1位にもってくる、というのはちょいとベタかもしれないが、とにかく2012年度に観た映画で最も「泣いた」のがこれ。
詩情あふれる映像。出演者達の演技。馬の健気さ。そしてジョン・ウィリアムズの見事なスコア。
どれをとっても非の打ちどころのないパーフェクトな映画。
今後、何十年にもわたって語り継がれるであろう名作となった。


♪オンエア曲:『戦火の馬』ostより「帰郷」(co:ジョン・ウィリアムズ)
War Horse - ジョン ウィリアムス













そのほか、番組にチケット提供していただいてます、MOVIX橿原さんの上映情報など。


以上のラインナップでお送りいたします。




奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時

コミュニティFMですので、奈良県内だとカーラジオならたいてい聴取可能なのですが、自宅となると限られた地域しかクリアに聴けません。
もし、聴取可能だよ~、という地域にお住まいであれば聴いていただけるとありがたいです。
聴けない方には、雰囲気だけでもお伝えすべく、ここに放送内容をUPしておきます。

番組では、MOVIX橿原のペア・チケットをプレゼント中!
ご希望の方は、上のリンク先より当番組宛に番組の感想、リクエスト、映画に関連することならなんでもメール、FAX、受け付けております。
いただいた方には全国のMOVIXで使用できる(できれば地元、MOVIX橿原で使用していただきたい・・・)ペア・チケットをお送りいたします。



《裏ばなし》

2012年最後のオンエアです。

ということは、恒例! 「ビンさんが選ぶ、2012年度映画ベスト10」を発表いたします。

2011年12月1日~2012年11月30日の間に日本で公開された新作を選択対象としていますので、僕の場合は『タンタンの冒険』から、『綱引いちゃった!』まで、計97本鑑賞した中から10作品を選出しています。

上でも書いておりますように、番組オンエア後に、こちらでアップいたしますので、しばらくお待ちください。


ちょこっとだけ書かせていただければ、10作品の紹介をしている間、番組ではそれぞれのサウンドトラックをBGMとして使っておりますが、残念ながら今回は1作品だけサントラが未発売のものがありました。
なので、その作品だけは音楽はかかりません(笑)←笑い事じゃないんですけど。

なにかと慌ただしい年末ですが、ご用とお急ぎでない方は、どうぞお付き合いくださいませ。

そして、一年間どうもありがとうございました。
2013年もよろしくお願いいたします!!




※毎年、最後のオンエアは「ハリウッド万歳」というナンバーをオープニングで使っています(日テレの『世界まる見え!テレビ特捜部』のテーマ曲といえばわかりやすいか)。

ジョン・ウィリアムズ指揮、ボストン・ポップス・オーケストラの演奏で、収録されているアルバムはかつては国内盤で「ポップス・オン・ハリウッド」というタイトルで販売されていましたが、既に廃盤。

よって高価となっていますが、輸入盤であれば比較的お求めやすくなっています。









コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/288-d1187d35