ビンさんの銀幕音楽堂・第567回(2012年12月8日放送分) 







【放送日:2012年12月8日 PM9:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド
007スカイフォール
『007 スカイフォール』ostより「グランバザール、イスタンブール」(co:トーマス・ニューマン)






007スカイフォールアデル
『007 スカイフォール』より「スカイフォール」(vo:アデル)







トトザヒーロー
『トト・ザ・ヒーロー』ostより「ブン!」(vo:シャルル・トレネ)






007カジノロワイヤル
『007 カジノ・ロワイヤル』ostより「ザ・ネーム・イズ・ボンド…ジェームズ・ボンド」(co:モンティ・ノーマン、デイヴィッド・アーノルド)

『007 スカイフォール』ostより「アドレナリン」(co:トーマス・ニューマン)






キボウノクニマーラー
『希望の国』より「交響曲第10番・第1楽章(抜粋)」(co:マーラー)










・銀幕音楽堂メールボックス
番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。
ゴッドファーザーパート2
『ゴッドファーザーPARTⅡ』ostより「エンド・タイトル」(co:ニーノ・ロータ、カーマイン・コッポラ)








そのほか、番組にチケット提供していただいてます、MOVIX橿原さんの上映情報など。


以上のラインナップでお送りいたします。




奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時

コミュニティFMですので、奈良県内だとカーラジオならたいてい聴取可能なのですが、自宅となると限られた地域しかクリアに聴けません。
もし、聴取可能だよ~、という地域にお住まいであれば聴いていただけるとありがたいです。
聴けない方には、雰囲気だけでもお伝えすべく、ここに放送内容をUPしておきます。

番組では、MOVIX橿原のペア・チケットをプレゼント中!
ご希望の方は、上のリンク先より当番組宛に番組の感想、リクエスト、映画に関連することならなんでもメール、FAX、受け付けております。
いただいた方には全国のMOVIXで使用できる(できれば地元、MOVIX橿原で使用していただきたい・・・)ペア・チケットをお送りいたします。



《裏ばなし》

今回は現在公開中の映画と音楽を紹介する、「ニューシネマ・サウンド」を中心にお送りします。

まずは話題作、『007 スカイフォール』から。
すでに独自の世界観を持っているトーマス・ニューマンによる「007」のスコア。
いったいどうなることかと思いきや、意外と違和感なく「007」してるところにまず一安心。
番組では、アヴァン・タイトルで展開される壮絶なアクション・シーンで流れるスコアから始まって、アデルによる壮大なラヴ・バラードである主題歌を.
続いて、劇中でハビエル・バルデム演じる今回の敵のアジトとして、長崎県の軍艦島をモデルとしたセットが登場することも話題になっていますが、そのシーンで流れていたのが、シャルル・トレネによる38年のシャンソン「ブン!」。
じつはこれが主題歌として使われている映画が92年にありまして、『トト・ザ・ヒーロー』(91)がそれ。
その年、観た映画でもけっこう感銘を受けた作品でして、その主題歌ももちろん耳について離れませんでした。
それが今回、『~スカイフォール』の劇中でいきなり流れたのは嬉しかったなぁ・・・ということで、独断で今回番組でも『トト~』のサントラから「ブン!」を。
さらに、映画のラストシーンを彩る「ジェームズ・ボンドのテーマ」を聴いていただきたく、引用元である『007 カジノ・ロワイヤル』(06)のサントラから1曲と、今回のエンドクレジットに流れたトーマス・ニューマンによるスコアを。

続いて、当番組にチケット提供していただいております、MOVIX橿原さんにて、先週土曜日から公開が始まった『希望の国』を取り上げます。
劇中ではマーラーによる交響曲第10番第1楽章が効果的に使われていましたので、番組でもさわりの部分だけを。

番組宛にいただいたFAX、メールを紹介する「銀幕音楽堂メールBOX」のコーナーでは、『ゴッドファーザーPARTⅡ』(74)のサントラから何か1曲を、というリクエストをいただきましたので、「エンド・タイトル」を.

「007」に始まり「ゴッドファーザー」に終わるということで、娯楽映画の2大巨頭ともいうべき作品が連なったのを観て、ちょっとだけ早い正月気分に・・・というのはまだ早いか(笑)




※本作のサントラ。
スコア担当はトーマス・ニューマン。

ライナーノートは賀来タクト氏が担当。
ただし、本編鑑賞前に書かれたようで、どこでどのスコアが使われているか、というところまでは言及されておらず。

国内盤にはボーナス・トラック1曲収録。
ただし、正直どうっていうことのないスコアだったりする。

アデルが唄う主題歌は未収録なので注意。

ダウンロード販売あり。

Skyfall - トーマス・ニューマン


※アデルが唄う主題歌。

サントラには収録されておらず、このナンバーだけのマキシ・シングルでのリリースとなる。
『~カジノ・ロワイヤル』の時と同じパターン。

昔からのシリーズのファンとしては、スコアと主題歌が別々にリリースされるのは、レコード会社の事情もあるのだろうが、とても複雑。

ダウンロード販売もあり。

Skyfall - Single - ADELE



※本作で使用されたと思しき、マーラーによる交響曲第10番が収録されているCD。

アントニー・ウィット指揮、ポーランド国立放送交響楽団の演奏。
交響曲第3番との2枚組CDとなる。

ダウンロード販売もあり。

Mahler, G.: Symphony No. 3 - Symphony No. 10: Adagio - アントニー・ヴィット





※『ゴッドファーザーPARTⅡ』(74)のサントラ。
スコア担当はニーノ・ロータ、カーマイン・コッポラ。

1作目同様、いや、1作目をしのぐ完成度の高さをもった続編。スコアのクオリティもまた然り。













コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/283-e8086299