ビンさんの銀幕音楽堂・第566回(2012年12月1日放送分) 






【放送日:2012年12月1日 PM9:00オンエア】

・銀幕アラカルト:ゲイリー・オールドマン出演映画特集

ジェイエフケイ
『JFK』ostより「プロローグ」(co:ジョン・ウィリアムズ)







ドラキュラ
『ドラキュラ』ostより「ヴァンパイア・ハンター」(co:ヴォイチェフ・キラール)







クモオンナ
『蜘蛛女』ostより「ロメオ・アローン」(co:マーク・アイシャム)







レオン
『レオン』ostより「ザ・ファイト(パート3:ザ・ビッグ・ウェポン)」(co:エリック・セラ)






フメツノコイベートーヴェン
『不滅の恋~ベートーヴェン~』ostより「交響曲第7番・第2楽章(抜粋)」(co:ベートーヴェン)






コクハツ
『告発』ostより「マーダー・イン・ザ・ファースト」(co:クリストファー・ヤング)







ウラギリノサーカス『裏切りのサーカス』ostより「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』(co:アルベルト・イグレシアス)











・銀幕音楽堂メールボックス
番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。

そのほか、番組にチケット提供していただいてます、MOVIX橿原さんの上映情報など。


以上のラインナップでお送りいたします。



奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時

コミュニティFMですので、奈良県内だとカーラジオならたいてい聴取可能なのですが、自宅となると限られた地域しかクリアに聴けません。
もし、聴取可能だよ~、という地域にお住まいであれば聴いていただけるとありがたいです。
聴けない方には、雰囲気だけでもお伝えすべく、ここに放送内容をUPしておきます。

番組では、MOVIX橿原のペア・チケットをプレゼント中!
ご希望の方は、上のリンク先より当番組宛に番組の感想、リクエスト、映画に関連することならなんでもメール、FAX、受け付けております。
いただいた方には全国のMOVIXで使用できる(できれば地元、MOVIX橿原で使用していただきたい・・・)ペア・チケットをお送りいたします。



《裏ばなし》

いよいよ12月になりました。
今月末には恒例の、「2012年度映画ベスト10」&「2012年度肌に合わなかった映画ベスト10」の発表をする予定ですが、自分自身、もうそんな季節になってしまったのかと驚いている次第。
さて12月1日といえば、話題作『007 スカイフォール』を取り上げるべきなのですが、番組収録の関係上、特集は次回になります。で、今回もなにか「007ネタを・・・」と探していたら、某サイトにて「007の悪役に推したい俳優のアンケート結果」というのがアップされており、堂々1位にゲイリー・オールドマンが選ばれていました。

ゲイリー・オールドマン、じつは僕自身、海外の俳優で最も好きなのが、このゲイリー・オールドマンでありまして、しかも当番組にチケット提供いただいておりますMOVIX橿原さんにて先週から上映が始まった(2週間限定)のが、今年4月に全国上映されたゲイリー・オールドマン主演作品『裏切りのサーカス』ということもあり、今回はゲイリー・オールドマンが出演した作品の特集することに至りました。

とにかく、ゲイリー・オールドマンといえば、悪役、小悪党、ヘンなおっちゃん等々、ネガティヴなイメージが強かったのですが、近年、「ハリー・ポッター・シリーズ」やクリストファー・ノーラン監督による「バットマン・シリーズ」において、「いい人」役を演じることで演技の幅が広がってきたのはファンとしては嬉しいかぎり。
でも、やっぱり彼には悪役がとてもハマるわけで、そんななかで今回の「007の悪役希望ベスト1」というのは、これまたファンとしては嬉しいニュースでした。

今回は彼が出演した作品から、独自にピックアップしてお送りしていますが、番組の時間の関係上、割愛したものも数多くあります。特に、音楽的に「いいんじゃないか」という作品を厳選してお送りいたしました。
ご堪能あれ!




※『JFK』(91)のサントラ。
スコア担当はジョン・ウィリアムズ。

ゲイリー・オールドマンはケネディ大統領を狙撃したオズワルド役。

この時期、ウィリアムズはオリヴァー・ストーン監督とのコラボレーションがしばらく続いた時期。
この「プロローグ」は、オープニングのスネア・ドラムが強烈な印象を残す1曲で、現在もいろんなバラエティー番組などで使われている。




『ドラキュラ』(92)のサントラ。
スコア担当はヴォイチェフ・キラール。

ゲイリー・オールドマンはタイトルロールのドラキュラ伯爵役。

全編、ヴォイチェフ・キラールの重厚なスコアを堪能することができる一枚。
ユーリズミックスのアニー・レノックスが唄う主題歌も収録。





『蜘蛛女』(93)のサントラ。
スコア担当はマーク・アイシャム。

数少ないゲイリー・オールドマン主演作。
個人的には本作での演技で、彼の役者としての魅力に気づいたのだった。

マーク・アイシャムによるムーディなスコアが、このフィルム・ノワールを大いに盛り上げる。






※『レオン』(94)のサントラ。
スコア担当はエリック・セラ。

リュック・ベッソン監督の最高傑作の誉れ高いこの作品。
ゲイリー・オールドマンは本作で映画史上に残る極悪人を好演しているのはご存知のとおり。

エリック・セラのスコアは、特にクライマックスの壮絶なアクション・シーンで絶大な効果を発揮。
なお、当サントラにはスティングが唄う主題歌は収録されていないので注意。




※『不滅の恋~ベートーヴェン~』(94)のサントラ。

ゲイリー・オールドマンはタイトル・ロールである、ベートーヴェン、その人を演じる。
この年、『レオン』で極悪人を演じたかと思えば、この大作曲家を演じるその両極端さ(笑)

そして、本作で流れるのはベートーヴェンの作品の数々。
それを本作のためにサー・ゲオルク・ショルティ指揮、ロンドン交響楽団の演奏で聴かせる。


番組では『未来惑星ザルドス』(74)でも効果的に使われた、交響曲第7番・第2楽章を取り上げます。
この曲、本作でもじつにいい場面で流れるので、ぜひ映画のほうもご覧いただきたい。


※『告発』(95)のサントラ。
スコア担当はクリストファー・ヤング。

ゲイリー・オールドマンはアルカトラズ刑務所の極悪所長をこれまた嬉々として演じている。

ヤングのスコア、特にメインテーマの美しさは彼の作品でも一、二を争う仕上がり。
どことなく、先週お送りした「カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲」に似ているといえば似ているのだけれど。





※『裏切りのサーカス』(11)のサントラ。
スコア担当はアルベルト・イグレシアス。

ゲイリー・オールドマンは主演のベテランスパイを好演。

アルベルト・イグレシアスのスコアは本年度のアカデミー賞作曲賞にもノミネートされた。
正直、派手さのない本編だが、スコアもまた然り。
でも、静かななかにもドラマティックな魅力を湛えたスコアでもあり、アカデミー賞ノミネートの納得の仕上がりだった。




ダウンロード販売もあり。
Tinker Tailor Soldier Spy (Original Motion Picture Soundtrack) - Alberto Iglesias
















コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/280-9eb23d5e