ビンさんの銀幕音楽堂・第557回(2012年9月29日放送分) 






【放送日:2012年9月29日 PM9:00オンエア】

・銀幕トピックス
イナガキジュンイチアルコイノモノガタリ
「小さな恋の物語 My Standard Collection Special」ostより「007のテーマ~ロシアより愛をこめて」(vo:稲垣潤一)








・ニューシネマ・サウンド
コナンザバーバリアン
『コナン・ザ・バーバリアン』ostより「Conan Returns Home」(co:タイラー・ベイツ)







ヒサイシジョウザベストオブシネマミュージック
「THE BEST OF CINEMA MUSIC」ostより「Let The Bullets Fly (『さらば復讐の狼たちよ』より」(co:久石譲)






テンチメイサツ
『天地明察』ostより「TENCHI MEISATSU」(co:久石譲)









・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。



そのほか、番組にチケット提供していただいてます、MOVIX橿原さんの上映情報など。


以上のラインナップでお送りいたします。



奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時

コミュニティFMですので、奈良県内だとカーラジオならたいてい聴取可能なのですが、自宅となると限られた地域しかクリアに聴けません。
もし、聴取可能だよ~、という地域にお住まいであれば聴いていただけるとありがたいです。
聴けない方には、雰囲気だけでもお伝えすべく、ここに放送内容をUPしておきます。

番組では、MOVIX橿原のペア・チケットをプレゼント中!
ご希望の方は、上のリンク先より当番組宛に番組の感想、リクエスト、映画に関連することならなんでもメール、FAX、受け付けております。
いただいた方には全国のMOVIXで使用できる(できれば地元、MOVIX橿原で使用していただきたい・・・)ペア・チケットをお送りいたします。



《裏ばなし》

まずは、映画に関する話題をピックアップする「銀幕トピックス!」から。
「007」シリーズのTV放映時の日本語吹替え音声を収録したDVD-BOXがリリースされるということで、なにかシリーズ中のナンバーでも、と思い探したところ、なんと稲垣潤一(敬称略)が洋楽のスタンダードを日本語で歌うというアルバムも6月にリリースしていて、そのなかに「ロシアより愛をこめて」が収録されているのを発見。
なにはともあれ、じっくりお聴きいただきましょう。ちなみに訳詞は伊藤銀次が担当。

現在公開中の映画とその音楽を紹介する、「ニューシネマ・サウンド」では、当番組にチケット提供していただいております、奈良県は橿原市にあるシネマコンプレックス、MOVIX橿原にて、9月15日より開催されている「MOVIX KASHIHARA MOVIE SELECTION」 (←こちらをクリック!)の紹介を中心にお送りいたします。
これまで奈良県下では上映されなかった、いわゆるミニ・シアター系の作品を一挙2週間交代で上映するというこの企画、映画ファンとしては本当にうれしい限り!!
ラインナップについてはリンク先のMOVIX橿原の特設サイトをご覧いただくとして、番組ではその企画の第一弾として上映された『コナン・ザ・バーバリアン』のスコアをお送りいたします。

また、10月13日より同企画で上映される『さらば復讐の狼たちよ』の音楽も。
こちらはサントラはリリースされていませんが、スコアを担当した久石譲(敬称略)が、昨年の6月に開催した東日本大震災チャリティーコンサートの模様を収録したCDがリリースされていまして、その中に『さらば~』のテーマ曲が収録されていましたのでお聴きいただきます。
これ、けっこういいスコアですよ(どことなく『七人の侍』を思わせる旋律でけれど)。

そして、久石譲つながりということで、ちょうど公開中の『天地明察』も取り上げます。
テーマ曲の旋律、1フレーズを聴いただけで久石譲だとわかるような仕上がりになっており、良くいえば彼の個性、悪くいえば「前にも聴いたことがあるような・・・」という印象が。

なお、「~MOVIE SELECTION」で上映される作品については、今後も番組でその都度スコアをお聴きいただけるよう企画しております。


あ、今週も先週に引き続き、「放送555回目クイズ」もやっておりますので、よろしく!!(締め切りは9月末日!)




※「ある恋の物語 My Standard Collection 」。
稲垣潤一が洋楽のスタンダードの数々を日本語カヴァーで歌った企画アルバム。
訳詞をシンガーシングライターが担当し、バック・ヴォーカルにも豪華ゲストを従えてじつにゴージャス!!

ダウンロード販売もあり。

ある恋の物語 My Standard Collection - 稲垣潤一








※『コナン・ザ・バーバリアン』のサントラ。
スコア担当はタイラー・ベイツ。

かつての『コナン・ザ・グレート』(82)における、ベイジル・ポールドゥリスの傑作スコアと比べるのは野暮というものですが、こちらもそれなりに「鳴らして」いる努力は評価すべきか。
でも、メロディが弱いのは相変わらずで、パーカッシヴなスコアで押し切って、文字通りバーバリズムを表現したというところか。

ダウンロード販売もあり。

Conan the Barbarian 3D (Music from the Motion Picture) - Tyler Bates




※「THE BEST OF CINEMA MUSIC」。
昨年6月に東京国際フォーラムで開催された、東日本大震災チャリティーコンサートの模様をCD化したもの。
とにかく、久石譲の作品たっぷり堪能できるアルバムであり、たとえば入門編として聴くのもよいかも。

お馴染みの作品が列挙されていますが、サントラ化されていない『さらば復讐の狼たちよ』を収録しているところがなんともありがたい限り。

ダウンロード販売もあり。

THE BEST OF CINEMA MUSIC - 久石 譲




※『天地明察』のサントラ。
スコア担当は久石譲。

とにかく、メインテーマのメロディを一節聴いただけで、それが久石譲のスコアだとすぐに判ります。
それはそれで、安心するスコアともいえるのでしょうが、もう少し冒険してもいいのでは。

けっしてそれが悪いわけじゃないですが、本編ともども真面目なんですよね・・・。

ダウンロード販売もあり。

Tenchi Meisatsu (Original Soundtrack) - 久石 譲









コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/270-8d801b06