ビンさんの銀幕音楽堂・第552回(2012年8月25日放送分) 






【放送日:2012年8月25日 PM9:00オンエア】

・銀幕アラカルト:いまさらながら、ロンドン5輪特集
ロンドンオリンピックオープニングセレモニー
『Isles Of Wonder: Music For The Opening Ceremony Of The London 2012 Olympic Games』ostより「Chariots of Fire」(co:ヴァンゲリス、演奏:サイモン・ラトル指揮、ロンドン交響楽団)





ロンドンオリンピッククロージングセレモニー
『a Symphony of British Msic for the Closing Ceremony of the London 2012 Olympic Games』ostより「Parade of the Athletes」(co:デイヴィッド・アーノルド)

『a Symphony of British Msic for the Closing Ceremony of the London 2012 Olympic Games』ostより「Medal Ceremony」(co:デイヴィッド・アーノルド)

『a Symphony of British Msic for the Closing Ceremony of the London 2012 Olympic Games』ostより「Spirit of the Flame」(co:デイヴィッド・アーノルド)






・ニューシネマ・サウンド:『アベンジャーズ』
アベンジャーズ
『アベンジャーズ』ostより「アベンジャーズ」(co:アラン・シルヴェストリ)











・銀幕音楽堂メールボックス
ショウネンジダイ
番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。

『少年時代』より「少年時代」(vo:井上陽水)






そのほか、番組にチケット提供していただいてます、MOVIX橿原さんの上映情報など。


以上のラインナップでお送りいたします。

奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時

コミュニティFMですので、奈良県内だとカーラジオならたいてい聴取可能なのですが、自宅となると限られた地域しかクリアに聴けません。
もし、聴取可能だよ~、という地域にお住まいであれば聴いていただけるとありがたいです。
聴けない方には、雰囲気だけでもお伝えすべく、ここに放送内容をUPしておきます。

番組では、MOVIX橿原のペア・チケットをプレゼント中!
ご希望の方は、上のリンク先より当番組宛に番組の感想、リクエスト、映画に関連することならなんでもメール、FAX、受け付けております。
いただいた方には全国のMOVIXで使用できる(できれば地元、MOVIX橿原で使用していただきたい・・・)ペア・チケットをお送りいたします。



《裏ばなし》

2012年8月の放送も今回で終わり。
しかし、まだまざ残暑がきびしいですねぇ。

今年の夏といえば、なんといってもロンドン五輪ですが、「開会式」と「閉会式」の公式アルバムがようやく届きました。

今回はダニー・ボイルが演出、そして音楽監督はデイヴィッド・アーノルドということで、映画ファンにもたまらない2つのセレモニーでした。
まぁ、閉会式の日本でのTVオンエアの際、諸問題が勃発したようですけど。
それはともかくとして、「開幕式」では、Mr.ビーンことローワン・アトキンソンが登場、サイモン・ラトル指揮、ロンドン交響楽団演奏というすごい組み合わせの中で、ローワン・アトキンソンも参加しての『炎のランナー』は、とても印象に残っているのは僕だけではないでしょう。
公式アルバムにもその音楽が収録されているので、お送りいたします。

また、「閉幕式」のアルバムには、デイヴィッド・アーノルドがセレモニー用に作曲したスコアが3曲収録されていました(この仕事のために、年末公開の『007 スカイフォール』の作曲ができなかった)ので、あらためて番組にて聴きなおしていただきましょう。

おそらく、現地のTVではこの3つのナンバーはひっきりなしに流れていたことでしょうが、日本ではご存知のとおり、各局でイメージ・ソングを作って、それを流すという形になっていて、まともにアーノルドのスコアを聴く機会はほとんどなかったんじゃないでしょうか。

この3曲はそれぞれに個性があり、シンフォニックななかにデジタル・ビートが炸裂するなど、彼の個性がよくでたスコアになっていると思います。


ニューシネマ・サウンドでは、日本でも興行成績の記録を塗り替えつつある、この夏話題の1作、『アベンジャーズ』を取り上げます。
非の打ちどころのない、とっても楽しくワクワクさせる映画でしたが、いかんせんスコアの印象が薄いのは否めません。
作曲したのは大御所、アラン・シルヴェストリなんですが、彼の最近の作風がモロに出ているスコアに今回も仕上がっています。
メインテーマはいいのですが、これがなかなか全体へ波及せず、音楽的な昂揚感はいまいち得られなかったんですよねぇ・・・。


メールボックスのコーナーでは、前々回の当番組で「夏休み子供映画劇場」を流したことへの感想とリクエストをいただきました。
リクエスト曲は『少年時代』の主題歌「少年時代」です。
井上陽水の唄う主題歌は、そうそう8月中のオンエアじゃないと意味がありませんよね・・・(笑)

僕も『少年時代』(映画のほうですよ)に対する、熱く深い思い入れを語らせてもらっておりますです、はい。



※ロンドン五輪「開幕式」の公式アルバム。

マイク・オールドフィールドの「チューブラー・ベルズ」もちゃんと収録されてますよ。

ダウンロード販売もあり。

Isles of Wonder: Music for the Opening Ceremony of the London 2012 Olympic Games - VARIOUS









※ロンドン五輪「閉幕式」の公式アルバム。

それにしても、「開幕式」公式アルバムともども、凄いボリューム!!

ダウンロード販売もあり。

A Symphony of British Music: Music For the Closing Ceremony of the London 2012 Olympic Games - VARIOUS









※『アベンジャーズ』のサントラ(スコア盤)。
スコア担当はアラン・シルヴェストリ。

上にも書いたように、ここ最近のシルヴェストリ作品に通じる仕上がりで、そつなくこなしました、というところは大御所たる余裕か?

ダウンロード販売もありますが、若干曲数が少ない。

アベンジャーズ オリジナル・サウンドトラック - アラン・シルヴェストリ







※『少年時代』(90)の主題歌。
ヴォーカルは井上陽水。

歌詞に出てくる「かぜあざみ」とは、陽水の造語なんですってね。

ダウンロード販売もあり。

少年時代 - Single - 井上陽水










コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/264-5c3ab464