FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第533回(2012年4月14日放送分) 


【放送日:2012年4月14日 PM9:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド・スペシャル
アーティスト
『アーティスト』ostより「アーティスト序曲」(co:ルドヴィック・ブールス)

『アーティスト』ostより「ジョージ・ヴァレンティン」(co:ルドヴィック・ブールス)

『アーティスト』ostより「ワルツ・フォー・ペピー」(co:ルドヴィック・ブールス)

『アーティスト』ostより「ぺピーとジョージ」(co:ルドヴィック・ブールス)



ジンセイハビギナーズ
『人生はビギナーズ』ostより「STARDUST」(vo:ホーギー・カーマイケル)

『人生はビギナーズ』ostより「BEGINNERS THEME SUITE」(co:ロジャー・ニール、デイヴィッド・パーマー、ブライアン・レイツェル)

『人生はビギナーズ』ostより「MOON WALTZ」(co:ロジャー・ニール、デイヴィッド・パーマー、ブライアン・レイツェル)





そのほか、番組にチケット提供していただいてます、MOVIX橿原さんの上映情報など。


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時

コミュニティFMですので、奈良県内だとカーラジオならたいてい聴取可能なのですが、自宅となると限られた地域しかクリアに聴けません。
もし、聴取可能だよ~、という地域にお住まいであれば聴いていただけるとありがたいです。
聴けない方には、雰囲気だけでもお伝えすべく、ここに放送内容をUPしておきます。

番組では、MOVIX橿原のペア・チケットをプレゼント中!
ご希望の方は、上のリンク先より当番組宛に番組の感想、リクエスト、映画に関連することならなんでもメール、FAX、受け付けております。
いただいた方には全国のMOVIXで使用できる(できれば地元、MOVIX橿原で使用していただきたい・・・)ペア・チケットをお送りいたします。



《裏ばなし》

今回は現在公開中の映画とその音楽を紹介する、ニューシネマ・サウンドのコーナーで1時間お送りいたします。

当番組にチケット提供していただいております、奈良県は橿原市のシネマ・コンプレックス、MOVIX橿原さんでも4月7日(土)より、本年度アカデミー賞で5部門受賞で話題となった『アーティスト』が公開されています。
これを筆頭に、本年度アカデミー賞でオスカーを受賞、あるいはノミネートされた作品がMOVIX橿原さんで一挙公開されているのは、なんとも嬉しい限り(別に贔屓でもなんでもありませんですぞ・笑)。

閑話休題。
今回のニューシネマ・サウンドでは、『アーティスト』と、MOVIX橿原さんにて同日公開となった本年度アカデミー賞最優秀助演男優賞(クリストファー・プラマー)を受賞した『人生はビギナーズ』を取り上げます。

じつは、この2作品と一緒に、『スタートレック ファーストコンタクト』(96)『スタートレックVI 未知の世界』(91)を取り上げようと思っていたのです。
なぜ、この2作品なのかは「判る方には判る」でしょうが(笑)、『アーティスト』と『人生はビギナーズ』について、あれこれ喋っているうちにその時間がなくなってしまったのでした。
ま、この2作品についてはいずれまた取り上げるといたしまして、とにかく、『アーティスト』については、新進気鋭の作曲家であり見事オスカーを手にしたルドヴィック・ブールスのスコアをぜひ聴いていただきたい。
本来ならば、すべてのスコアを聴くことが彼の才能を実感する最良の方法かと思いますが、それはぜひ劇場にて確認していただきましょう。

一方、『人生はビギナーズ』は、既成の挿入曲も何曲か劇中に流れますし、もちろんサントラCDにも収録されていますが、やはりここは予告編でもフィーチャーされているホーギー・カーマイケルの永遠の名曲「スターダスト」を取り上げます。
そして、じつに3人の作曲家による共作(?)によるスコアから、メインテーマとエンドクレジットにながれたワルツ曲をお送りいたします。




※『アーティスト』のサントラ。
スコア担当はルドヴィック・ブールス。
本年度アカデミー賞最優秀作曲賞受賞作。

聴く方が聴けば、ああ、これはあの作品に似てるなぁ、そのまんまやんか~~~というようなスコアもあるでしょうが、そもそも芸術とは模倣から生まれるとも申します。

ほら、日本の作曲家でもそんな方おられるでしょ(笑)

そういう意味ではブールスのスコアには、模倣を超えた芸術の香りを感じ取れると僕は思います。
今後の活躍がとても楽しみな作曲家のステキな仕事をぜひ堪能していただきたい。

ダウンロード販売もありますが、CD購入をお薦めいたします。
さらにいえば、国内盤の購入をぜひ!(ライナーノートはサウンド・ビジュアル・ライターの前島秀国氏が執筆されています)

The Artist (Original Motion Picture Soundtrack) - Ludovic Bource


※『アーティスト』サウンドトラックのスペシャル・エディション。

通常盤のCDと、ルドヴィック・ブールスとブリュッセル交響楽団による演奏風景、インタビュー映像が収録されたDVDがカップリングされています。

こちらの国内盤発売の予定はなく、輸入盤のみのリリースです。









※『人生はビギナーズ』のサントラ。
スコア担当はロジャー・ニール、デイヴィッド・パーマー、ブライアン・レイツェルの3人の名前がクレジットされています。
おそらくはプロデュース、作曲、アレンジといった形での参加かと思いますが、詳細な役割分担は不明。

スコア以外の挿入曲もいいんですよ。
映画を離れてBGMとしても楽しめる一枚になっています。

こちらは紙ジャケット仕様。

ダウンロード販売もあり。

Beginners (Original Motion Picture Soundtrack) - Various Artists


※こちらは通常ジャケット仕様。

収録曲の相違はありません。














コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/242-a2929fa2