ビンさんの銀幕音楽堂・第523回(2012年1月28日放送分) 


【放送日:2012年1月28日 PM9:00オンエア】

・銀幕アラカルト:デヴィッド・ホイテカー追悼特集
デイヴィッドホイテカーソングブック
「Music to spy by」より「Strange affair」(co:デヴィッド・ホイテカー)
『ハマーヘッド』ostより「Hood explores the triton」(co:デヴィッド・ホイテカー)
『野にかける白い馬のように』ostより「Philip grows up」(co:デヴィッド・ホイテカー)
「Music to spy by」より「Interception」(co:デヴィッド・ホイテカー)

マジッククエストマカイノケン
『マジック・クエスト 魔界の剣』ostより「Overture」(co:デヴィッド・ホイテカー)








・銀幕音楽堂メールボックス
番組宛にいただいた、メール、FAX等を紹介。
ニューイヤーズイブ
『ニューイヤーズ・イブ』ostより「Can’t Turn You Loose」(vo:ジョン・ボンジョヴィ&リー・ミッシェル)







ミッションインポッシブルゴーストプロトコル
『ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル』ostより「導火線に火をつけて」(co:マイケル・ジアッキーノ)
『ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル』ostより「ロシアより怒りをこめて」(co:マイケル・ジアッキーノ)






そのほか、番組にチケット提供していただいてます、MOVIX橿原さんの上映情報など。


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時

コミュニティFMですので、奈良県内だとカーラジオならたいてい聴取可能なのですが、自宅となると限られた地域しかクリアに聴けません。
もし、聴取可能だよ~、という地域にお住まいであれば聴いていただけるとありがたいです。
聴けない方には、雰囲気だけでもお伝えすべく、ここに放送内容をUPしておきます。

番組では、MOVIX橿原のペア・チケットをプレゼント中!
ご希望の方は、上のリンク先より当番組宛に番組の感想、リクエスト、映画に関連することならなんでもメール、FAX、受け付けております。
いただいた方には全国のMOVIXで使用できる(できれば地元、MOVIX橿原で使用していただきたい・・・)ペア・チケットをお送りいたします。



《裏ばなし》

まずは「銀幕アラカルト」から。
先週に続いて、今回も追悼特集です。

去る1月10日に、イギリスの作曲家デヴィッド・ホイテカーが81歳で亡くなりました。
デヴィッド・ホイテカーは、主に60~70年代にかけて映画・TVのスコアで大活躍した作曲家で、映像作品のスコア以外にもシルヴィ・バルタンやセルジュ・ゲンズブールといったアーティストに楽曲を提供するなど、マルチな活躍をされていた方です。

個人的には知る人ぞ知る映画監督アルバート・ピュンによるヒロイック・ファンタジー映画『マジック・クエスト 魔界の剣』(81)の壮大なスコアが印象的なのですが、それ以外の作品となると知っている作品はかなり限られてきます。

ただ、数年前に日本橋の中古CDショップで「デヴィッド・ホイテカー『ソング・ブック』」という彼の作品集CDをたまたま入手しました。
そこには、彼が手がけた映画(『ハマーヘッド』(68)、『野にかける白い馬のように』(69)、『ハリー、見知らぬ友』(00))はもとより、オリジナル・アルバムからの楽曲やマリアンヌ・フェイスフル、フランス・ギャルへの提供曲などじつにバラエティに富んだ選曲がなされていて、これ一枚でデヴィッド・ホイテカーという人物の魅力が十分伝わるような内容になっていおり、僕自身、お気に入りの一枚になっています。

彼の訃報はおそらく日本では新聞などのメディアでは一切報道されなかったでしょうが、この極東の地で彼の作品に魅せられた者の一人として、おこがましくも追悼特集をさせていただこうということで、今回のラインナップと相成りました。

そこで今回の「銀幕アラカルト」では、「デヴィッド・ホイテカー『ソング・ブック』」に収録されていた、彼が65年に発表したスパイ音楽(実際のサントラではなく、スパイ映画を想定して作曲されたもの)のオリジナル・アルバム「Music to spy by」からお気に入りのナンバーを2曲、映画のサントラから『ハマーヘッド』(ヴィンセント・エドワーズ主演のスパイ映画)と『野にかける白い馬のように』(マーク・レスター主演の少年と馬の友情を描いた感動作)からそれぞれ1曲づつをセレクト。
さらに、彼にとってはビッグ・バジェットになっただろう、『マジック・クエスト 魔界の剣』のサントラから1曲をセレクト。

僅かな選曲ですが、デヴィッド・ホイテカーなる作曲家がどのような作品を残したか、わずかでもお判りいただけるのではないかと自負しております。


続いて、リスナーの皆様からいただいた、メール、FAXを紹介する「メールBOX」のコーナー。
先週紹介できなかったメール、FAXを紹介するとともに、お便りの内容にあった『ニューイヤーズ・イブ』と『ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル』のサントラからセレクトしてお送りいたします。



※「デヴィッド・ホイテカー『ソング・ブック』」。

イギリスの作曲家、デヴィッド・ホイテカーの作品集。
上記でも紹介していますように、映画のサントラからオリジナル・アルバム、アーティストへの提供曲など様々な音源からセレクトされた、コンピレーション・アルバム。

なお、当アルバムには『マジック・クエスト 魔界の剣』の音源は未収録。
番組で取り上げた『マジック~』のサントラCDは、現在入手困難なプロモーション・アルバムを使用しています。





※『ニューイヤーズ・イヴ』のサントラ。
劇中に登場するミュージシャン役のジョン・ボンジョヴィなどのナンバーで構成されたコンピレーション・アルバム。

なお、ジョン・デブニーによるスコアは1曲も収録されておりません。

当アルバムは日本ではダウンロード販売のみ入手可能。
(米AmazonではCD-Rによる販売もあり)








※『ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル』のサントラ。
スコア担当はマイケル・ジアッキーノ。

ラロ・シフリンによるオリジナル・テーマ曲を巧みにアレンジしつつ、躍動感たっぷりなアクション・スコアから、ロシア、ムンバイという劇中に登場する舞台をイメージしたエキゾティックなスコアなど、聴き処&聴き応え十分な一枚。

ダウンロード販売もあり。





ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル - マイケル・ジアッチーノ




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/229-bc5be2f9