FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第522回(2012年1月21日放送分) 


【放送日:2012年1月21日 PM9:00オンエア】

・銀幕アラカルト:二谷英明、林光、追悼特集
デカダマシイ
『特捜最前線』ostより「メインテーマ」(co:木下忠司)
『特捜最前線』ostより「私だけの十字架」(vo:ファウスト・チリアーノ)






ハヤシヒカルノセカイ
『名もなく貧しく美しく』より「テーマ」(co:林光)
『鬼婆』より「テーマ」(co:林光)







タイガドラマゼンキョクシュウ
『山河燃ゆ』より「テーマ」(co:林光)










・ニューシネマ・サウンド
ロボジー
『ロボジー』ostより「MR.ROBOTO」(vo:五十嵐信次郎とシルバー人材センター)







アンドレアボチェッリマイウェイ
『マイ・ウェイ 12,000キロの真実』より「トゥ・ファインド・マイ・ウェイ」(vo:アンドレア・ボチェッリ)









・銀幕音楽堂メールボックス
番組宛にいただいた、メール、FAX等を紹介。



そのほか、番組にチケット提供していただいてます、MOVIX橿原さんの上映情報など。


以上のラインナップでお送りいたします。

奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時

コミュニティFMですので、奈良県内だとカーラジオならたいてい聴取可能なのですが、自宅となると限られた地域しかクリアに聴けません。
もし、聴取可能だよ~、という地域にお住まいであれば聴いていただけるとありがたいです。
聴けない方には、雰囲気だけでもお伝えすべく、ここに放送内容をUPしておきます。

番組では、MOVIX橿原のペア・チケットをプレゼント中!
ご希望の方は、上のリンク先より当番組宛に番組の感想、リクエスト、映画に関連することならなんでもメール、FAX、受け付けております。
いただいた方には全国のMOVIXで使用できる(できれば地元、MOVIX橿原で使用していただきたい・・・)ペア・チケットをお送りいたします。



《裏ばなし》

まずは「銀幕アラカルト」から。

今年になって映画関係の方々が亡くなられたこともあって、今回は追悼特集です。

まずは1月7日に亡くなられた俳優、二谷英明(以下、敬称略)から。
個人的に二谷英明といえば、テレビ朝日系で放映されていた刑事ドラマ『特捜最前線』なんですよね。
木下忠司作曲による「メインテーマ」と、ファウスト・チリアーノが唄う、哀愁たっぷりな名曲「私だけの十字架」を。

続いて1月5日に亡くなられた作曲家、林光の作品を。
松山善三監督作品『名もなく貧しく美しく』(60)、新藤兼人監督作品『鬼婆』(64)は共に「林光の世界」という作品集CDから。
そして、NHKの大河ドラマの作曲も何作か担当されてましたが、これも個人的な好みで『山河燃ゆ』(84)のテーマ曲をお送りいたします。


現在公開されている作品の音楽を取り上げる「ニューシネマ・サウンド」。

1月14日(土)より公開が始まった、矢口史靖監督の最新作『ロボジー』。
主題歌はスティクスの83年の大ヒット・ナンバー、「MR.ROBOTO」を、本作の主演である五十嵐信次郎ことミッキー・カーチスがカヴァーしたユニークなもので、番組でもじっくりお聴きいただきましょう。

続いて同じ日に公開が始まった、オダギリ・ジョー、チャン・ドンゴン主演の超大作『マイウェイ 12,000キロの真実』を。
監督はカン・ジェギュ、といえばスコアはこれまでと同じくイ・ドンジュンが今回も担当。
あいかわらずスケールの大きなスコアを書いていますが、残念ながらサントラはどうやらリリースされていない模様・・・。
ただし、イ・ドンジュンが作曲を手がけ、イタリアのテノール歌手アンドレア・ボチェッリがヴォーカルを担当した主題歌は、彼の最新アルバムに収録されていますので、番組ではそちらをお送りいたします。


なお、リスナーさんから番組にメール、FAXをいただいておりましたが、時間の関係で紹介する時間が無くなってしまいました・・・(いつものことで、ついつい喋り過ぎてしまいまして)。

次回のオンエアで必ず紹介いたしますので、何卒ご容赦を・・・。




※刑事ドラマのテーマ曲、主題歌を収録したコンピレーション・アルバム。

今回取り上げた『特捜最前線』をはじめ、『太陽にほえろ!』、『非情のライセンス』、『Gメン75』などなど、いわゆる定番な作品を網羅。

カルト歌謡として、マニアの間でも人気の一曲、杉良太郎の「君は人のために死ねるか」も収録。






※文字通り、林光の作品集。

名コンビだった新藤兼人、大島渚両監督作品をはじめ、代表作を収録。

個人的には今回番組で取り上げた、『鬼婆』のスコアが独創的でお気に入りです。








※NHK大河ドラマのテーマ曲を収録したコンピレーション・アルバム。

第一回目の『花の生涯』から、2010年の『龍馬伝』までを収録。

日本を代表する作曲家(もちろん、エンニオ・モリコーネの『武蔵』も収録されております)の作品を、一挙堪能できるアルバムですが、数年毎にリリースされるので、どの時点で購入するかが思案のしどころでしょう。






※『ロボジー』のサントラ。
スコア担当は矢口監督といえばこの方、ミッキー吉野。

主題歌の「MR.ROBOTO」は、本編使用バージョン、リミックス・バージョンなど3種類収録。
でも、リミックスなんて必要なんだろうか・・・?

ダウンロード販売もあり。




ロボジー オリジナルサウンドトラック - ミッキー吉野



※2011年9月にセントラル・パ-クで開催された、アンドレア・ボチェッリのライヴ・アルバム。

日本盤のみボーナス・トラックとして、『マイウェイ 12,000キロの真実』の主題歌を収録。

ダウンロード販売もあり。





奇蹟のコンサート~セントラルパークLIVE - アンドレア・ボチェッリ






コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/228-d6e90e11