FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第514回(2011年10月29日放送分) 


【放送日:2011年10月29日 PM9:00オンエア】

・おうちでシネマ!!
シアワセノアマガサ
『しあわせの雨傘』ostより「オーヴァチュア」(co:フィリップ・ゾンビ)
『しあわせの雨傘』ostより「素晴らしい人生」(vo:カトリーヌ・ドヌーブ)








・ニューシネマ・サウンド
カウボーイアンドエイリアン
『カウボーイ&エイリアン』ostより「ジェイク・ロネガン」(co:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ)








キャプテンアメリカファーストアベンジャー
『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』ostより「CAPTAIN AMERICA」(co:アラン・シルヴェストリ)
『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』ostより「STAR SPANGLED MAN」(vo:ザ・スター・スパングレッド・シンガーズ)






スマグラーアイヲクラエ
『スマグラー お前の未来を運べ』より「愛をくらえ」(vo:Superfly)










そのほか、番組にチケット提供していただいてます、MOVIX橿原さんの上映情報など。


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時

コミュニティFMですので、奈良県内だとカーラジオならたいてい聴取可能なのですが、自宅となると限られた地域しかクリアに聴けません。
もし、聴取可能だよ~、という地域にお住まいであれば聴いていただけるとありがたいです。
聴けない方には、雰囲気だけでもお伝えすべく、ここに放送内容をUPしておきます。

番組では、MOVIX橿原のペア・チケットをプレゼント中!
ご希望の方は、上のリンク先より当番組宛に番組の感想、リクエスト、映画に関連することならなんでもメール、FAX、受け付けております。
いただいた方には全国のMOVIXで使用できる(できれば地元、MOVIX橿原で使用していただきたい・・・)ペア・チケットをお送りいたします。



《裏ばなし》

まずは、お薦めのDVDを紹介する「おうちでシネマ!!」。

今回は2010年に公開された『しあわせの雨傘』(01)を取り上げます。

先週、リスナーさんからこの作品へのリクエストをいただいたのですが、時間の関係上、今週対応させていただきました。
じつは、元々この作品については番組で取り上げる予定だったのです。
奇遇といいますか、僕も驚いていたのですけど、では、なぜ取り上げる予定だったのか?
それはこの時期、毎年地元奈良で開催されます、「第8回奈良名作映画祭」(←クリックするとHPにとびます)で、この『しあわせの雨傘』も上映されるからだったんです。

その『しあわせの雨傘』は、フランスの監督フランソワ・オゾンの最新作で、カトリーヌ・ドヌーブ、ジェラール・ドパルデュー主演のヒューマン・コメディ。
傲慢な雨傘会社の社長夫人が、急病になった夫の代役を務めた結果、社員の信望も得ていくというもの。
随所にコミカルなエピソードを含みながらも、根底には女性問題を忍ばせているという、フランソワ・オゾンの面目躍如といった快作です。

スコアは監督とよくコラボを組んでいるフィリップ・ロンビ。
彼のスコアはメロディ・ラインも美しく、また軽妙でけっこうお気に入りなんですが、今回も口笛をフィーチャーしたメインテーマの美しさが聴きもの。
そして、リクエストいただいたのが、本編クライマックスでヒロインであるカトリーヌ・ドヌーブが歌う、「美しい人生」。もちろん、オンエアさせていただきます。

番組では、映画そのものの解説と、奈良名作映画祭の詳細なお知らせもあわせて行っています。


続いて、現在公開中の作品を紹介する「ニューシネマ・サウンド」。

まずは西部劇とSFの融合という、ユニークな作品である『カウボーイ&エイリアン』。
ハリー・グレッグソン=ウィリアムズによるスコアも、西部劇を意識したメロディ・ラインになっているところがユニークです。

次に『キャプテン・アメリカ/ザ・サースト・アベンジャー』。
スコアはアラン・シルヴェストリが担当。
ベテランの仕事が堪能できるスコアの数々とわかりやすいメインテーマ。
ヒーロー物のスコアはこうでなくっちゃね。
ただ、エンドクレジットで高らかと流れるメインテーマがサントラに収録されていないのはなぜなんだ?
一応、2分に満たないメインテーマの旋律は収録されてはいるけど(今回お送りするスコアです)、肝心なところでじつに惜しいサントラになっています。

同じく、アラン・メンケン作曲、デイヴィッド・ジッペル作詞という、最近のディズニー・アニメ・コンビによる、劇中、キャプテン・アメリカがキャンペーン活動する(笑)場面で流れた挿入歌、「SUPER SPANGLED MAN」は完全な形で収録されていますので、こちらもあわせてお聴きいただきます。

最後に今回唯一の日本映画、『スマグラー お前の未来を運べ』より、Superflyによる主題歌をお送りして一巻の終わりです。




※『しあわせの雨傘』のサントラ。
スコア担当はフィリップ・ロンビ。

口笛をフィーチャーしたメインテーマがとにかく美しく、劇中では様々にアレンジされて流れてくるというスタイル。
オリジナル・スコアの他にもステルヴィオ・チプリアーニによるラウンジ・ミュージックや、主演のカトリーヌ・ドヌーブによるソング・ナンバーなども収録されている、盛りだくさんなサントラ。


ダウンロード販売もあり。





Potiche (Bande originale du film) - Various Artists


※『カウボーイ&エイリアン』のサントラ。
スコア担当はハリー・グレッグソン=ウィリアムズ。

作曲家集団RC(リモート・コントロール)の重鎮、ハリー・グレッグソン=ウィリアムズによるスコアは、いわゆるRC系ながら、物語に沿って西部劇調のテイストも含んでいるユニークなもの。

ダウンロード販売もあり。








Cowboys & Aliens (Original Motion Picture Soundtrack) - Harry Gregson-Williams


※『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』のサントラ。
スコア担当はアラン・シルヴェストリ。

シルヴェストリのスコアは、明確なメインテーマを持った活劇調スコアとなっており、まさにシルヴェストリの面目躍如といったところ。
ただ、映画本編のエンドクレジット早々に流れる、メインテーマのマーチはなぜか本ディスクに収録されていないのが残念であり、なぜ収録されていないのか不思議でならない。
極々短いメインテーマが収録されているのみなので、購入の際には注意が必要。

なお、劇中で主人公が慰問でまわる場面でのキャンペーン・ソングは収録されている。








※Superflyによる、『スマグラー お前の未来を運べ』の主題歌「愛をくらえ」。

ダウンロード販売もあり。












愛をくらえ - Single - Superfly



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/214-f7678b4c