FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第507回(2011年9月10日放送分) 


【放送日:2011年9月10日 PM9:00オンエア】

・銀幕アラカルト:ヨーロピアン・シネマ・ミュージック・スペシャル
ヨーロピアンシネスーペニール70
『パリの灯は遠く』ostより「テーマ」(co:ピエール・ポルト)

『ベニスの愛』ostより「テーマ」(co:ステルヴィオ・チプリアーニ)

『華麗な関係』ostより「テーマ」(co:ピエール・ポルト&モルト・シューマン)

『ラスト・クリスマス』ostより「ラスト・クリスマス」(co:ステルヴィオ・チプリアーニ)

『ブーメランのように』ostより「エンドタイトル」(co:ジョルジュ・ドルリュー)

『アラン・ドロンのゾロ』ostより「テーマ」(co:グイド&マウリツィオ・デ・アンジェリス)



・銀幕音楽堂メールボックス
番組宛にいただいた、メール、FAX等を紹介。

【リクエスト】
オヒサマ
『おひさま』ostより「メインテーマ 明日へ」(co:渡辺俊幸)









ミックマック
『ミックマック』ostより「『三つ数えろ』メインテーマ」(co:マックス・スタイナー)
『ミックマック』ostより「Mimotronik」(co:ラファエル・ボー)








そのほか、番組にチケット提供していただいてます、MOVIX橿原さんの上映情報など。

以上のラインナップでお送りいたします。



奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時

コミュニティFMですので、奈良県内だとカーラジオならたいてい聴取可能なのですが、自宅となると限られた地域しかクリアに聴けません。
もし、聴取可能だよ~、という地域にお住まいであれば聴いていただけるとありがたいです。
聴けない方には、雰囲気だけでもお伝えすべく、ここに放送内容をUPしておきます。

番組では、MOVIX橿原のペア・チケットをプレゼント中!
ご希望の方は、上のリンク先より当番組宛に番組の感想、リクエスト、映画に関連することならなんでもメール、FAX、受け付けております。
いただいた方には全国のMOVIXで使用できる(できれば地元、MOVIX橿原で使用していただきたい・・・)ペア・チケットをお送りいたします。



《裏ばなし》

前々回の放送で、ステルヴィオ・チプリアーニの作品を取り上げた際に、チプリアーニの『ベニスの愛』とフランシス・レイの『ある愛の詩』との間に盗作騒動が起こった件について少し触れたんですけど、あるリスナーさんからその話を詳しく聴かせてほしいという要望がありました。

番組では随分前にも一度、この件についてお話したことがあったのですが、いい機会ですので再度お話させていただこうと、となると、聴いていただこうじゃないかってことで『ベニスの愛』をとりあげようと考えました。

だったら、『ベニスの愛』のようなイージーリスニングとしても楽しめる映画音楽、しかもヨーロッパ系の作品を特集しようと思い立った時に、銀幕音楽堂の倉庫にいい音源がありました(笑)

日本のカルチュア・パブリッシャーズから2003年にリリースされた、「ヨーロピアン・シネ・スーベニール’70」という、オムニバス・アルバムがそれ。
イタリアのCAMレーベルの音源から通好みな選曲(タワレコ渋谷店のサントラ・ファンにはお馴染み、馬場氏の選曲)で構成されたもので、未CD化音源を含め、映画ファン垂涎の一枚でして、今回はここから、

『パリの灯は遠く』(76)(アラン・ドロン主演の巻き込まれ型サスペンス)、『華麗な関係』(77)(ロジェ・ヴァディムによるエロティック・ロマン)、『ラスト・クリスマス』(80)(ワムじゃないよ。難病少年もの)、『ブーメランのように』(76)(昔はTVの洋画劇場で頻繁にやってたのに、最近やらないね)、『アラン・ドロンのゾロ』(74)(この主題歌、個人的に大好き!)

といった作品をチョイスしました。
ジュークボックス感覚でお楽しみあれ。


メールBOXのコーナーでは、リクエストいただいた作品をピックアップ。

いよいよ大詰めになってきた、NHKの朝ドラ『おひさま』から、平原綾香のヴォーカル・バージョンはいろんな番組で取り上げられてますので、当番組では渡辺俊幸氏のスコアから、メインテーマのバリエーションを。

続いて、昨年のちょうど今頃公開された、フランスのジャン・ピエール・ジュネが監督した『ミックマック』を。
劇中、ハワード・ホークス作品が幾つか登場するのですが、メイン・タイトルのBGMはなんと、マックス・スタイナーによる『三つ数えろ』(46)のメインテーマというのが凄い!

番組ではその『三つ数えろ』のメインテーマとラファエル・ボーによるオリジナル・スコアから1曲お送りしています。映画の内容共々、サントラもとっても楽しくなってるんですよ。




※「ヨーロピアン・シネ・スーベニール’70」
70年代に日本で公開されたイタリア、フランス映画から、伊CAMレーベルの音源のサントラをチョイス。
敢えてホラー映画は外してますが、『グレート・ハンティング』、『シャーク!』、『カランバ』といった、モンド・ドキュメンタリーのサントラ音源(いずれも名曲ばかり! というのがなんとも・・・)までも網羅。
これ一枚あれば、かなり楽しめますが、2003年のリリースとあって、いまではなかなか手に出来ない状況になっているようで、amazonでも相当な値段がついていますねぇ・・・。









※NHK朝ドラ『おひさま』のサントラ。
スコア担当は渡辺俊幸。
ドラマを観ているからだろうけど、それでもなおメインテーマの旋律はかなり印象深い。正味1分未満なのに・・・。
アルバムには渡辺氏のスコア(もちろん、その短いメインテーマも)はもちろん、平原綾香によるヴォーカル・バージョンまで収録というお得仕様。

iTunesによる、ダウンロード販売もあり。






「おひさま」オリジナル・サウンドトラック - 渡辺俊幸



※『ミックマック』のサントラ(アメリカ盤)。
スコア担当はラファエル・ボー。
劇中でハワード・ホークス作品の一場面が随所に登場するため、それに沿った形でマックス・スタイナーによるスコア(新録音)も収録。
ラファエル・ボーのスコアは、同じジュネ監督の『アメリ』における、ヤン・ティルセンのスタイルによく似ており、まるでおもちゃ箱をひっくり返したような、ユニークかつキュートな仕上がり。
監督の趣味が濃厚なのがよくわかる一枚になっています。

iTunesによる、ダウンロード販売もあり。





Micmacs à Tire-Larigot (Bande originale du film) - Raphael Beau


※こちらは『ミックマック』のサントラ(フランス盤)。
価格はアメリカ盤より高めになっています。













コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/207-927eee4a