FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂(2011年5月14日放送分) 


【放送日:2011年5月14日 PM9:00オンエア】

・銀幕アラカルト:フィギュア・スケートに使われた映画音楽

  『マスク・オブ・ゾロ』ostより「処刑場」(co:ジェームズ・ホーナー)

  『NINE』ostより「ビー・イタリアン」(vo:ファーギー)

  『アメリ』ostより「ピアノによるアメリのワルツ」(co:ヤン・ティエルセン)

  『ミッション』ostより「ガブリエルのオーボエ」(co:エンニオ・モリコーネ)


・ニューシネマ・サウンド

  『八日目の蝉』より「Dear」(vo:中島美嘉)


・銀幕音楽堂メールボックス

 番組宛にいただいたお便りの紹介と、番組にチケット提供いただいているMOVIX橿原さんの情報など

 
以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時

コミュニティFMですので、奈良県内だとカーラジオならたいてい聴取可能なのですが、自宅となると限られた地域しかクリアに聴けません。
もし、聴取可能だよ~、という地域にお住まいであれば聴いていただけるとありがたいです。
聴けない方には、雰囲気だけでもお伝えすべく、ここに放送内容をUPしておきます。

番組では、MOVIX橿原のペア・チケットをプレゼント中!
ご希望の方は、上のリンク先より当番組宛に番組の感想、リクエスト、映画に関連することならなんでもメール、FAX、受け付けております。
いただいた方には全国のMOVIXで使用できる(できれば地元、MOVIX橿原で使用していただきたい・・・)ペア・チケットをお送りいたします。



《裏ばなし》

まずは、「銀幕アラカルト」から。
ちょっと季節はずれになった感もありますが、フィギュア・スケートに使われた映画音楽を特集してみました。

この企画はこれまでも何度か番組で行いましたが、日本フィギュア界の新星、村上佳菜子選手がその演技にて、映画音楽を使ってくれていたり、高橋大輔選手も、安藤美姫選手も、同じく映画音楽を使っている。
さらに、震災で延期となった2011世界フィギュア選手権も先月末、無事にモスクワで開催されたこともありまして、今回選曲させていただきました。

じつは、本来ならば、当初の3月初めの世界フィギュア開催の頃に、この企画もお送りする予定だったのです。

今回の選曲にあたり、やはり村上選手の使用曲は外せませんでした。
『マスク・オブ・ゾロ』(88)は、村上選手がフリーの演技で使用していて、映画の主人公同様ムチを振ったりフェンシングのような振り付けで大いに魅了してくれました。
映画の雰囲気に合ったフラメンコのような衣装も、映画ファンとしては純粋に嬉しかったですねぇ。
4分の演技で、使用する曲も4分に編集されたり、サントラ音源ではなく再演奏盤だったりしますが、ここではサントラより8分を超える「処刑場」というスコアをお送りいたします。
物騒なタイトル(笑)ながら、エキゾティックかつパワフルな、ホーナーの傑作スコアのひとつだったりします。

続いて、村上選手がエキシビジョンで使用しているミュージカル映画『NINE』(09)から、「ビー・イタリアン」を。
映画では娼婦に扮するファーギーが、子供相手に立派な大人の男になれよと諭す、ユニークな場面のナンバーで、
劇中のファーギー同様、官能的な振り付けはもとより、椅子やタンバリンといった小道具を使用して映画を再現していたのが印象的でした。
なんせ村上選手はまだ高校生。それがファーギー以上に色っぽい演技を披露してくれており、それがとってもたまりませんでした(笑)

続いて、高橋選手のエキシビジョンでの使用曲、『アメリ』(01)より、「ピアノによるアメリのワルツ」を。
この曲に合わせて、高橋選手はパントマイムのような振り付けで魅了してくれていました。

世界フィギュアでは見事優勝した安藤選手は、ショートで『ミッション』(87)から「ガブリエルのオーボエ」を使用。
この曲自体、けっこう人気のナンバーのようで、確か他の国の選手も「ガブリエルのオーボエ」を使用してらっしゃいました。


今回は日本選手に限らせていただき、それも比較的新しい大会にて使用されたものに限定させていただきました。
そりゃあもう、他の国の選手まで視野に入れれば、もっとバラエティに富んだ番組になっていたことでしょうが・・・。


現在公開中の作品を紹介する、ニューシネマ・サウンドでは、4月29日より公開が始まっている『八日目の蝉』をとりあげました。
本来ならば、安川午朗氏のスコアを取り上げたいところですが、あいにくサントラのリリースは現時点でもありませんので、中島美嘉による主題歌をお送りいたします。


来週は話題作『ブラック・スワン』を取り上げますよ!!



※『マスク・オブ・ゾロ』(88)のサンントラ。
スコア担当はジェームズ・ホーナー。
エキゾティックなテイストとアクション・スコアの融合。
ジェームス・ホーナーの真骨頂ともいうべきスコアです。



※『NINE』(09)のサントラ。
主演者自らが歌うナンバーの数々が豪華なサントラで、とりわけファーギーの唄う「ビー・イタリアン」は、スペクタクル感も備わった名曲。



Nine (Original Motion Picture Soundtrack) - Various Artists

※『アメリ』(01)のサントラ。
スコア担当はヤン・ティエルセン。
映画は公開当時大ヒットしましたが、サントラも大ヒットしました。
もう10年前になるんですねぇ・・・。



※『ミッション』(87)のサントラ。
スコア担当はエンニオ・モリコーネ。
上でも書きましたが、「ガブリエルのオーボエ」は人気曲ですねぇ。



The Mission (Original Soundtrack from the Film) - エンニオ・モリコーネ

※『八日目の蝉』の主題歌「Dear」。
ヴォーカルは中島美嘉。
復帰第一弾ということですが、あいかわらずの歌唱力で、個人的には安心して聴くことの出来るヴォーカリストの一人です。





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/180-30d73f7d