FC2ブログ

オータム・シーズンはホラー映画が目白押し! 


僕の住む奈良県には、何軒かのシネコンがあります。

日本全国、どこのシネコンもそういう状況なのでしょうが、メインとなる上映作品はどのシネコンに行っても同じなわけで、映画を観ようとする側とすれば、

「どこへ行ってもええやんか」

というのが本音だろうと思います。

となると、大型ショッピングセンターが隣接しているシネコンがどうしても有利になるのは自然の流れかと思います。


僕が地元のコミュニティFM局で映画音楽番組を担当させていただいてるなかで、番組にチケット提供として協力していただいてるのがMOVIX橿原さん。

ここは、開館当初は大型電化製品ショップや「トイざらす」が隣接していて、休日にもなると駐車場が満杯になって、駐車スペースを探す車の列がなかなか消えないこともあって、何度か映画の上映時間に間に合わなかったこともありました。

しかし、数年前にその電化製品ショップがなくなったり、「トイざらす」が移転したりして、それに比例して観客数も目に見えて減少したようです。

でも、逆にいえばそれだけお目当ての映画を楽に鑑賞できるという利点もありますし、個人的には番組に協力してもらっているという贔屓目で書くのではないですが、音響効果は他のシネコンに比べるとダントツだと思います。

さらに、これは開館以来の独自のスタイル(?)かと思うのですが、たとえば大阪のミニ・シアターで上映されるような作品を積極的に取り上げたり、マニアックな映画を上映したりするという、映画ファンとしてはじつに嬉しい計らいをしてくださるんですよねぇ。


たとえば、僕が敬愛するデイヴィッド・リンチの『マルホランド・ドライブ』(01)なんて、最初は大阪のミニ・シアターで観たのですが、上映状態が良くなく(音が割れまくっていました。武士の情けでどこの映画館は伏せますが)て、正直ガッカリしたものです。
しかし、数ヵ月後にMOVIX橿原で上映されましてその時に観たのは大阪で観たものとはまったく違う印象を抱くくらい、音響効果も素晴らしく感激したおぼえがあります。


ただ、やっぱりそのようなマニアックな映画をせっかく上映していただいても、観客がメジャーな映画を選択してしまうのも自然な成り行きかと思いますが、ファンとしては正直なところメジャーな作品なんてどこでも観ることができるわけで、マニアックな映画こそ後にDVDやTVで観るのではなく、映画館で観ていただきたいものよと切望するわけです。


さて、そのMOVIX橿原さん、マニアックなセレクトのなかには、ホラー映画もありまして、これなどもファンとしてはじつに喜ばしいかぎりでありました。

『テキサス・チェーンソー』『テキサス・チェーンソー:ビギニング』『ホステル2』などなど、けっして万人にお薦めするような作品ではないかもしれませんが、これらもキチンとラインナップに入れていただくのは、ほんとに嬉しかったですねぇ。

ここ最近は、ちょっとそういう作品が少ないなぁ・・・と思っていた矢先、この秋からのラインアップに、ホラー映画がゾロゾロと入っているのには狂喜いたしました。

http://www.movix.co.jp/app/SMTT000000019_OSIRASE_2334.html




30デイズナイトオリジナル
まずは、今日、9月26日(土)から上映されるのが、サム・ライミ製作、ジョシュ・ハートネット主演の異色ヴァンパイア物、『30デイズ・ナイト』
夏休み期間中、大阪でも公開されていたんですけど、いよいよ奈良で上映でございます。
真夏の公開よりも、舞台が極寒のアラスカってこともあって、ちょっと涼しくなってきたこの時期(といっても日中はけっこう暑いですけど)の上映はピッタリではないかと。







エスターオリジナル
続いて、10月10日(土)から上映されるのが、ホラー映画専門映画会社ダークキャッスル(創始者のロバート・ゼメキスは『クリスマス・キャロル』なんて古典をちゃっかり映画化していい子ぶってますけど・笑)の最新作、『エスター』
養子として引き取った少女エスター。彼女が引き起こすなんともおっそろしい物語、なんだそうな。
けっこうエゲつなかった『肉の蝋人形』(05)(これもMOVIX橿原で公開されました)のジャウム・コレット=セラ監督ということで、これは期待できますねぇ。






ホワイトアウトオリジナル
10月31日(土)から上映されるのは、ケイト・ベッキンセール主演の、南極で初めて起こった殺人事件が描かれるという、『ホワイトアウト』
・・・織田裕二は出ないみたいです。










スペルオリジナル
そして11月6日(土)には、期待度100%のサム・ライミの新作『スペル』がいよいよ公開!!
タカビーね~ちゃんと鬼婆との死闘が描かれる壮絶な作品だとか。たまりませんねぇ~~~!!











話題のタランティーノの新作も11月には公開されますし、年末にかけてのラインナップには目が離せませんなぁ~~~!!


【追記】
さきほどMOVIX橿原へ『30デイズ・ナイト』を観に行ったら、ここに挙げている作品、すべて予告編流してらっしゃいましたよ~~~(『ホワイトアウト』もダークキャッスルの作品だったんですね)。

あまりのドンピシャぶりに思わず笑ってしまいましたとさ。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/17-3dbfa7a8