FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂(2010年10月23日放送分) 


【放送日:2010年10月23日 PM9:00オンエア】

・銀幕アラカルト:ドーナツ盤アワー

  『真昼の用心棒』ostより「バック・ホーム・サムデイ」(vo:セルジォ・エンドリゴ)
  『ジョーイ』ostより「ジョーイ愛のテーマ」(co:デイヴィッド・シャイア)
  『ロンリーウェイ』ostより「ロンリーウェイ」(vo:ケーシー・ランキン)

・ニュー・シネマ・サウンド

  『桜田門外ノ変』ostより「桜田門外ノ変 メインテーマ1」(co:長岡成貢)
  『桜田門外ノ変』ostより「悲しみは雪に眠る」(vo:alan)

・銀幕音楽堂メールボックス

  『荒野の七人』ostより「メイン・タイトル」(co:エルマー・バーンステイン)

そのほか、チケット提供いただいているMOVIX橿原さんの情報など

以上のラインナップでお送りいたします。

奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時

コミュニティFMですので、奈良県内だとカーラジオならたいてい聴取可能なのですが、自宅となると限られた地域しかクリアに聴けません。
もし、聴取可能だよ~、という地域にお住まいであれば聴いていただけるとありがたいです。
聴けない方には、雰囲気だけでもお伝えすべく、ここに放送内容をUPしておきます。

番組では、MOVIX橿原のペア・チケットをプレゼント中!
ご希望の方は、上のリンク先より当番組宛に番組の感想、リクエスト、映画に関連することならなんでもメール、FAX、受け付けております。
いただいた方には全国のMOVIXで使用できる(できれば地元、MOVIX橿原で使用していただきたい・・・)ペア・チケットをお送りいたします。



《裏ばなし》

「銀幕アラカルト」は、未だCD化されていない映画音楽から、ドーナツ盤、いわゆるEPレコード音源から3曲お送りいたします。

まずは、イタリアン・ホラーのマエストロという印象が強い、ルチオ・フルチが監督したマカロニ・ウエスタン、『真昼の用心棒』(66)の主題歌、「バック・ホーム・サムデイ」。
カンツォーネ歌手、セルジォ・エンドリゴによる哀愁漂うヴォーカルとラッロ・ゴーリのメロディ、隠れた名曲です。

続いて、『ジョーイ』(77)。
なぜか未だCD化されていない名盤として人気の高いスコアです。
公開当時はカヴァーレコードも幾つかリリースされましたが、今回はオリジナル・スコアをお送りいたします。

3曲目は『ロンリーウェイ』(83)。
オリジナル・スコアはTVドラマでの仕事の多いマイク・ポスト。
しかし、スコア盤のリリースはなく、日本公開当時には日本公開版用の主題歌が作られました。
これ、配給は東宝東和でして、当時は多かったですよね日本公開版用の主題歌って。
で、そのほとんどがケーシー・ランキンこと、木森敏之の作曲によるもので、この『ロンリーウェイ』もそう。
しかも、唄っているのがSHOGUNのメンバーだったケーシー・ランキン。
日本人好みのメロディ・ラインは、まんまJ-POPといったところでしょうか。


公開中の映画を紹介する「ニューシネマ・サウンド」のコーナーは、『桜田門外ノ変』を取り上げます。
最近、活躍がめざましい長岡成貢のスコアは、正統派映画音楽といった印象で、メインテーマの旋律も明確で聴き応えあり。
そのメインテーマの旋律に伊勢正三が詞をつけ、『レッド・クリフ』の主題歌で一躍有名になったalanが唄う主題歌「悲しみは雪に眠る」も聴いていただきます。


最後に、リクエストとしていただいた『荒野の七人』(66)のメイン・タイトルを。
これ、映画にまったく感心ないと思う同僚が、携帯の着メロで使っていて驚きましたですよ(笑)
それくらいメジャーな映画音楽ということですね。

ちなみに僕も着メロは某映画音楽ですよ。


さて、今回から「銀幕アラカルト」のMCのBGMが変わりました。
前クールでは、ジョージ・フェントンの『僕の美しい人だから』(90)を使っていましたが、今クールからは・・・それは伏せておきましょう(笑)


※膨大な数のマカロニ・ウエスタンの音源がCD化されていますが、おそらく未だCD化されていないと思う(もし、CD化されている情報をお持ちの方はぜひ、ご連絡を)『真昼の用心棒』(66)。
カップリングは『荒野の1ドル銀貨』(65)。こちらはCD化されてるんですけどね。
マヒルノヨウジンボウ

※『ジョーイ』(77)のサントラ。
このCineDiscからリリースされたEPレコードは、リリース枚数が少なかったということで、僕自身も長年探していたのですが、先日、ふらっと入った中古レコードショップで発見。
しかもかなりの低価格。う~~~ん・・・。
ジョーイ

※『ロンリーウェイ』(83)のサントラ、というかイメージソングというべきか。
キース・モリソンこと木森敏之は、かの『ファイナル・カウントダウン』のスコアを、ごにょごにょいじくって「聖母たちのララバイ」を作った方。
そこに、ケーシー・ランキンのヴォーカルとくればある意味最強タッグというべき1曲。
そういえば、両人ともすでに故人なんですよね・・・。
ロンリーウェイ

※長岡成貢による『桜田門外ノ変』のサントラ。
alanによる主題歌も収録。
主題歌はスコア作曲者とまったく関係のないパターンが大半をしめる昨今の現状のなかで、主題歌とスコアの作曲者が同じ、ということはメインテーマのメロディが同じというのは、やっぱり映画音楽ファンとしては嬉しい限り。



※alanによる主題歌はマキシ・シングルでもリリースされています。


※こちらはDVD付き。
こうなると、そもそも映画の主題歌なんだか、何がなにやら判りませんが・・・(笑)



※エルマー・バーンステインによる永遠の名曲『荒野の七人』。




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/130-73b60a7d