ビンさんの銀幕音楽堂(2010年8月14日放送分) 


【放送日:2010年8月14日 PM10:00オンエア】

・銀幕アラカルト:ミッチ・ミラー追悼特集
  『戦場にかける橋』より「クワイ河マーチ」
  『黄色いリボン』より「黄色いリボン」
  『史上最大の作戦』より「史上最大の作戦」
  『ナバロンの要塞』より「ナバロンの要塞」(以上、すべてミッチ・ミラー合唱団)

・ニューシネマ・サウンド
  『ヒックとドラゴン』ostより「バーク島」(co:ジョン・パウエル)
  『ヒックとドラゴン』ostより「許されざる友情」(co:ジョン・パウエル)

  『ベスト・キッド』ostより「Final Contest」(co:ジェームズ・ホ-ナー)

そのほか、チケット提供いただいているMOVIX橿原さんの情報など

以上のラインナップでお送りいたします。

奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 10時~11時

コミュニティFMですので、奈良県内だとカーラジオならたいてい聴取可能なのですが、自宅となると限られた地域しかクリアに聴けません。
もし、聴取可能だよ~、という地域にお住まいであれば聴いていただけるとありがたいです。
聴けない方には、雰囲気だけでもお伝えすべく、ここに放送内容をUPしておきます。

番組では、MOVIX橿原のペア・チケットをプレゼント中!
ご希望の方は、上のリンク先より当番組宛に番組の感想、リクエスト、映画に関連することならなんでもメール、FAX、受け付けております。
いただいた方には全国のMOVIXで使用できる(できれば地元、MOVIX橿原で使用していただきたい・・・)ペア・チケットをお送りいたします。

《裏ばなし》

まず、「銀幕アラカルト」のコーナーでは、去る7月31日に亡くなった、ミッチ・ミラー氏の追悼特集として、ミッチ・ミラー合唱団による映画音楽の代表作を。

これまでも、ミッチ・ミラー合唱団のナンバーは番組内で取り上げたこともあり(今年になってからも何度かお送りしています)、サイクルが早すぎるかと思いましたが、やはり映画音楽を語る上では避けて通ることのできない大人物でもあり、よく知られているナンバーをセレクトしました。

ただ、『ナバロンの要塞』は、おそらく初蔵出しかと思います。
どちらかといえば、勇壮なディミトリ・ティオムキンによるスコアのほうがお気に入りであり、のどかな印象のあるミッチ・ミラー合唱団によるコーラス・ナンバーは、ちょっと敬遠していた感もありましたが、今回オンエアするにあたり、聴き直してみるとこれがけっこう味わい深い仕上がりになっているんですよね。


続いて、公開中の作品を紹介する「ニューシネマ・サウンド」のコーナーでは、『ヒックとドラゴン』、『ベスト・キッド』の2作品をセレクト。

前者は、ジョン・パウエルによるアイリッシュ・フレーバー濃厚なスコアから2曲。
後者は、この作品には意外な起用と思ったジェームズ・ホーナーのスコアから、クライマックスを盛り上げるスコアを。


※ミッチ・ミラー合唱団による映画音楽は、各サントラを聴いていただくのが良いのでしょうが、手っ取り早く堪能するのならば、こういったベスト盤がよろいしいでしょう。


※『ヒックとドラゴン』のサントラ。
映画も素晴らしかったけど、ジョン・パウエルのスコアも絶品でした!!



※こちらは輸入盤サントラ。
解説不要、廉価なほうを求む! という向きはこちらを。内容は国内盤と変わりません。



※『ベスト・キッド』のサントラ。
かつての「鳴らす」ジェームス・ホーナーが復活したかのような渾身のスコア。
iTuneによるダウンロード販売。希望者は下のジャケ写をクリック!


The Karate Kid (Music from the Motion Picture) - James Horner


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する