FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第874回(2018年11月17日放送分) 



20181117銀幕音楽堂














【放送日:2018年11月17日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2018年11月21日(水)PM6:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド

『ボヘミアン・ラプソディ』ostより「20世紀フォックス・ファンファーレ」(co:アルフレッド・ニューマン、プロデュース:ブライアン・メイ&ロジャー・テイラー)
『ボヘミアン・ラプソディ』ostより「ボヘミアン・ラプソディ」(vo:クイーン)

・銀幕アラカルト:僕とクイーンのおもひで

『フラッシュ・ゴードン』ostより「フラッシュのテーマ」(vo:クイーン)
『フラッシュ・ゴードン』ostより「フィナーレ」(co:ハワード・ブレイク)
『フラッシュ・ゴードン』ostより「ザ・ヒーロー」(co:クイーン)

・銀幕音楽堂メールボックス
番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。

『クール・ランニング』ostより「アイ・キャン・シー・クリアリー・ナウ」(vo:ジミー・クリフ)

『輝ける人生』ostより「イン・ザ・ムード」(co:ジョセフ・ガーランド、演奏:ジラッド・アッツモン&バンド)
『輝ける人生』ostより「ランニング・トゥ・ザ・フューチャー」(vo:エルキー・ブルックス)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

今回のニューシネマ・サウンドは話題の映画、『ボヘミアン・ラプソディ』を取り上げます。
伝説のロックバンド、クイーンの実像をヴォーカルのフレディ・マーキュリーの生き様を中心に描いた音楽伝記映画の秀作です。

いやぁ、2時間15分の上映時間がちっとも長く感じなかったです。
クライマックスの20分におよぶライヴ・エイドの完全再現には驚異を感じましたし、そこから巻き起こる感動にどっぷり浸ることができました。

サントラはそのクライマックス20分を完全収録していますので、番組でもごちゃごちゃ喋ってないで、さっさとこの20分を番組で流せば「自分も楽」だったんですけど(笑)、そこはぜひ映画館で臨場感を感動を味わっていただきたい。
ということで、映画音楽ファンとしてはやはり冒頭で度肝を抜かれる、20世紀フォックスのファンファーレを取り上げるのは当然でありますし、他にも取り上げたい楽曲はありましたがやはり映画のタイトルでもあります「ボヘミアン・ラプソディ」をセレクトしました。

続く、「銀幕アラカルト」は、『ボヘミアン・ラプソディ』公開にちなんだお題で(笑)

洋楽やロックに造詣のない僕ですが(笑)、僕なりにクイーンにまつわる思い出について、ダラダラ喋っています。
結局行きつくところは、『フラッシュ・ゴードン』(80)になるわけで。

『フラッシュ・ゴードン』については、クイーンによるアルバムと、スコアを担当したハワード・ブレイクによるスコア盤サントラがリリースされています(後者はプライヴェート盤)。
今回はの2種類のCDから聴きどころをチョイス。
これだったら「シネマニアック・アワー」のコーナーとして取り上げるべきでしたね(笑)

「メールボックス」のコーナーでは、リクエストいただいてた宿題に対して、わずかですがお応えさせていただいた感じで。
これから寒くなる季節に『クール・ランニング』のレゲエ・ナンバーもなかなか乙なもの。
そしてようやく奈良県内でも公開始まった『輝ける人生』から。
リクエストは「イン・ザ・ムード」にいただいていましたが、クライマックスを盛り上げるエルキー・ブルックスが歌い上げるナンバーを。
素敵な映画を教えていただいて、ナヨンさん、ありがとう!!

ってなことで、マジでめっきり寒くなってきた秋の宵、ご用とお急ぎでない方は、ぜひお聴きあれ!!