ビンさんの銀幕音楽堂・第795回(2017年5月20日放送分) 



銀幕20170520














【放送日:2017年5月20日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年5月24日(水)PM6:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド

『追憶』ostより「追憶 〈End Theme〉」(co:千住明)

『スプリット』ostより「A Way Out」(co:ウェスト・ディラン・ソードソン)
『※※※※※※※※』ostより「※※※※※※※※」(co:※※※)


・ビニ盤アワー

『ベンジー』ostより「ベンジーのテーマ~アイ・フィール・ラヴ~」(vo:チャーリー・リッチ)


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール,FAXを紹介


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

今回のニューシネマ・サウンド、まずは二大巨匠が久々にタッグを組んだ『追憶』を。
千住明氏のスコアは、特にメインテーマは最近では珍しいくらいにメロディの立ったものになっており、千住氏もあえてそれを考慮してのこととか。
映画の出来についてはいろいろ意見もあろうが、スコアはなかなかの聴きものです。

続いて、Ⅿ・ナイト・シャマラン監督の新作『スプリット』を。
ずっとコンビを組んでいたジェームズ・ニュートン・ハワードとは決別したのか、今回はウェスト・ディラン・ソードソンなるアーティストがスコアを担当。
全編ノイジーなスコアで占められていますが、ストリングスの使い方が効果的だった1曲をセレクト。
上で伏字にしているスコアは、映画のクライマックスに関連するもので、敢えてタイトルは挙げていません。
番組内でもそれは同じでありますが、なぜそれを取り上げたかについては喋っていますけど、けっしてネタバラシはしていないので、ご安心を。

そして久しぶりにお送りいたします、ビニ盤アワー。
今回は『ベンジー』(74)を取り上げます。
もともとメールボックスのコーナーにリクエストでいただいたものでありまして、サントラは数年前にCD化されてはいるのですが、残念ながら入手できずじまい。
ということで、銀幕音楽堂の倉庫より、アナログ盤を引っ張り出してまいりました。
ビニ盤ゆえのノイズも伴うかもしれませんが、そこはご了承いただくとして。

最後にお送りするメールボックスのコーナーですが、BGMにはずっとミシェル・ルグラン作曲による『ベルサイユのばら』(79)の「メインテーマ」を使用しています。
が、従来はこれもアナログ音源でしたが、ようやくCD音源を入手(上記写真にちょこっと写ってます)いたしまして、今回よりCD音源のBGMになっています。
ったって、MCのBGMじゃよくわかんないかもしれませんが(笑)


ってなわけで、いよいよ初夏の風薫る5月半ばの宵、ご用とお急ぎでない方は、ぜひぜひお聴きあれ!!