FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第765回(2016年10月22日放送分) 



1476971576540.jpg














【放送日:2016年10月22日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2016年10月26日(水)PM6:00オンエア】


・ニューシネマ・サウンド

『ストリート・オーケストラ』より「Respeito e lei(リスペクトすることが掟)」(co:サボタージfertエリオポリス交響楽団)
『栄光のランナー 1936ベルリン』ostより「The Olympic Stadium」(co:レイチェル・ポートマン)
『栄光のランナー 1936ベルリン』ostより「The Final Event」(co:レイチェル・ポートマン)

・銀幕音楽堂メールボックス
番組にいただいた、メール、FAXを紹介。

『落陽』ostより「Main Title (Revised)」(co:モーリス・ジャール)
『落陽』ostより「End Credits」(co:モーリス・ジャール)

以上のラインナップでお送りいたします。



奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

2016年1月1日よりサイマル・ラジオがスタートしました。
ご自宅のPC、スマートフォンでもお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。



番組の冒頭では、前回に引き続き『天使のいる図書館』のお話を。
実際に撮影に参加してきたことなどを、喋っておりますが、なにしろオフィシャルでまだ言えないことも多々ありまして、あくまお話しできる範囲での内容になりますので、悪しからず。

奈良県内での撮影も、残すところあとわずかということで、来春の公開がとても楽しみ(いろんな意味で(笑))であります。

さて、ニューシネマ・サウンドで取り上げる2作品(『ストリート・オーケストラ』、『栄光のランナー』)は、いずれも奈良県にあるシネマンプレックス、ユナイテッド・シネマ橿原さんで先週末より公開されているもの。
大阪では8月に上映されていたもので、方やブラジルのスラム街が舞台、方や36年のベルリン五輪の秘話ということで、オリンピック・イヤーの今年に合わせたような作品ですが、オリンピックが終わった現在(すでに次の東京五輪の話題で持ちきりの昨今ですけど)、いい意味では冷めた視線で作品を眺めれば、また違ったものが発見できるのではないか、と思います。

いずれにせよ、8月に見逃していた作品だっただけに、これが地元で公開されるのは、毎回書きますけど嬉しい限りです。
こういうことをもっと推し進めてほしいんですよね、県内に4つもシネコンがあるなんて、それだけでも稀有なのに、いずれも『君の名は。』と『シン・ゴジラ』一色というのも、勿体ない気がします(まぁ、シネコンも商売なので、マニア向けなプログラムってのも難しいのでしょうけれど)。

最後に、メールボックスのコーナーでは、奈良県が生んだ名優、加藤雅也氏が主演した、にっかつ80周年超大作! という触れ込みで上映され、その後いろんな伝説を生んだ『落陽』の話題をリスナーさんからいただきましたので、昨年突如リリースされた、モーリス・ジャールの壮大なスコアをお送りいたしましょう。

オリンピック・イヤーにちょいと乗り遅れた内容(笑)の1時間、ご用とお急ぎでなければどうぞお聴きあれ♪