■『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1』■(映画) 


トワイライトサーガブレイキングドーンパート1
【公式サイトはコチラ!】

← 本作の劇場販売パンフレットは、好例のビニール製手提げ袋入り仕様。

点線で切り取れば、クリアファイルにもなります。
実用性を考えるといささか疑問ではありますが・・・。

さらに、特製バッグ付き豪華パンフレット(2000円也)というのも、劇場で販売されておりますです。



吸血鬼エドくんと人間の少女ベラちゃんの禁断のラヴ・ストーリーも、今回でいよいよ最終章。
昨今の流れに乗って(?)、2部作という形で製作され、今回はそのパート1。

いろんな困難を乗り越えて、晴れて結婚へこじつけたエドくん(ロバート・パティンソン)とベラちゃん(クリステン・スチュワート)。
明日はいよいよ挙式ということで、そわそわしているベラちゃんは、マリッジ・ブルーなのか「血みどろな悪夢」を観てしまって気分がど~~~ん! ってなところですが、それでも愛するエドくんとともに無事挙式も滞りなく終るのでありました。

さぁ、新婚旅行だ! ってなことで、瀬戸内海(ウソ)かどこかの島へやってくる二人。
そこから書くもはばかれるような、甘い甘い甘い甘い初夜のシーンがど~~~ん! と続いて、おもわず胸やけしそうです。

一夜明けるとベッドは壊れているわ、ベラちゃんの身体のあちこちには痣ができているわで、草食系ヴァンパイアのはずのエドくんも、昨夜ばかりは野獣になってしまった、ってところでしょうか。

昨夜のことを思い出しては、ひとりニヤけているベラちゃんに、女性の心理の奥深さを垣間見て、こっちはど~~~ん!ってなものですが、

「昨夜はえらいすんませんでした・・・」

と、甘い雰囲気ぶち壊しな発言をするエドくんに、

「あんたはほんまに乙女心のわからんやっちゃなぁ」

とベラちゃんはプンプン!

そんな痴話喧嘩を見せられてもなぁ・・・と観客がダレて来た頃に物語はど~~~ん! と急展開。

なんと、ベラちゃんの下腹がぽっこり。そのうえ食べた物を吐いてしまう。
幸せ太りなうえに食べすぎじゃないんですか? と思いきや、ひと月に一度やってくる玉姫様(by 戸川純)も来ないのよ、というベラちゃんに、彼女以上にど~~~ん! とショックを受けるエド君。

なんと新婚旅行にやってきて数日のうちに、ベラちゃんは妊娠してしまったようです。


急いで帰宅する二人ですが、みるみるベラちゃんの下腹は膨らんでくる。
その代わりにベラちゃんはどんどん痩せ細っていく。
異変を聞きつけた人狼のジェイコブくん(テイラー・ロートナー)は、エド君に、

「彼女に何をしたんだ!」

と突っかかりますが、何をしたんだって言われてもねぇ・・・新婚旅行ですもんねぇ・・・。
訊くのも野暮じゃないのか、というそんな雰囲気ではありません。

愛するベラちゃんをエドくんに取られたうえに、先代の桂春蝶師匠のごとく、ど~~~ん! と痩せ細ってしまった彼女の姿を目の当りにして、ジェイコブくんとしては、そりゃあもう怒って当然。
ことによっては長年の因縁である吸血鬼一族と人狼一族との全面戦争に突入しようかという一触即発状態になってしまうわけです。

で、物語はそんな緊張をはらみつつ、ど~~~ん! と衝撃的なラストに突入。

呆気にとられていると間髪入れずに、

「パート2は12月公開でっせ!」

という字幕スーパーがど~~~ん! と出て、観客の心をど~~~ん!(←もう、いい加減やめましょか?)と、ぶれいきんぐさせてパート1の終了です。
続きを読む