■『1911』■(映画) 


1911
【公式サイトはコチラ!】

僕自身、ジャッキー・チェンに対して特に思い入れが強いわけではありませんが、映画出演100作目という謳い文句と、ご本人が予告編の冒頭で、

「ジェヒ、ゴランクダシャイ!」

とおっしゃってるものですから、そりゃ観なくちゃいかんなぁ~~~と。

100つながりでいえば、今年は辛亥革命から100年目ということで、しかもジャッキーさんは総監督という肩書きであることから、そりゃあもう漢民族の誇りをかけたゴッツイ映画なんだろうなぁ、というのはおのずとわかろうというもの。

予告編を観る限りでは、戦闘シーンテンコ盛りの映像にワグナーの「タンホイザー序曲」が高らかに流れる(ちなみに公式サイトではホルストの「ジュピター」が流れています)その壮大なイメージがとてもキャッチーでありましたし。


そもそも、ジャッキーさんの総監督っていったいどういう肩書きなんだ? という疑問はあったけれど、監督は『レッドクリフ』のスタッフでもあったというのもひとつの売り文句になっていたし、今年は、先に『孫文の義士団』というすこぶる面白い映画もあった。

今回もその流れなんだろうな、歴史的な事実はベースとして、そこにジャッキーさんのカンフーアクションてんこ盛りみたいな!! なんて思ってたんですけど・・・。
続きを読む