2011年ミナミの旅・夏(その2) 


千日堂跡
来た道を引き返し、再び千日前へ。

かつてここには食堂「千日堂」があって、

♪みなさんこちらは千日堂~~~♪

というコマソンは関西在住のある程度の年齢から上の方なら知らないものはないでしょう。

僕はここのカツライス(チキンライスの上にトンカツが乗っかっている)が好きで、通りを見下ろす(ちょうど写真を撮るために僕が立っているあたり)2階席がベストポジションでした。

その千日堂もいつの間にかなくなっており、いまはパチンコ屋さんです(名前が中華料理屋さんみたいなのは、かつてここに食堂があったことへのリスペクトか?←ただの偶然だろ)。



千日会館跡
その千日堂の向かい側には千日会館という小さな映画館が地下にありました。
ここ、ほんとに小さい小屋でして、スクリーンは畳一畳くらいの大きさしかなかったんじゃないか、ってくらい小さい。

ここでは『悪魔の棲む家』(79)とか『座頭市』(89)なんかを観ましたが、最後に観たのは『ウィング・コマンダー』(99)でした(千日前国際の『グラディエーター』と同じ日だった)。

地上には現在も営業中のマクドナルド。
じつは僕のマクドナルド・デビューはココ(小学生の頃)。
といってもハンバーガーではなく、マックシェイクだったんですけど。
そのマクドナルドの入り口左手に千日会館へ降りる階段があったのですが、劇場閉館とともに階段もなくなったようで。



テアトルA&P1
で、現在地下には、昔はここよりもっと道具屋筋方面にあった成人映画専門館、テアトルA&Pが替わりに営業しています(上の写真の左側に劇場の入り口を示す看板がありますね)。













テアトルA&P2
現在、ここでは過去の作品と新作の2本立て興行をしてまして、ご覧の作品が上映中でした。

ここは、現在ではいわゆるその気のある方の社交場になっている模様。
キタの東梅田ローズが今年閉館になって、さらにお盛んなんだとか。、

なので、写真のように、

「お、あの滝田洋二郎監督の過去の作品、かかってるやんか!!」

と、純粋な映画ファン(男子)がここへ何の気なしに入ると・・・。

トンデモない目、あるいは新しい世界が待っているかもしれませんねぇ・・・。



続きを読む