■『借りぐらしのアリエッティ』■(映画) 


カリグラシノアリエッティ
【公式サイト】はコチラ!

スタジオ・ジブリの最新作は、イギリス人作家メアリー・ノートン作「床の下の小人たち」の翻訳作品。
宮崎駿は脚本にまわり、ジブリのアニメーター小林宏昌による初メガホンとなる。

原作の舞台であるイギリスから東京郊外、小金井近辺に場所を移して展開される物語は、少年と人間よりも小さな小さな「小人」の少女との交流を描いたもの。


翔(声:神木竜之介)は12歳の少年。
彼は心臓を患っており、近く手術を控えている。それまで安静に暮らすために、都市郊外に住む祖母(声:竹下景子)の家へとやってくる。
自然に囲まれた大きな屋敷。
そこで翔は信じられないものを目の当たりにする。

それは、人間よりもずっとずっと背丈の小さな「小人」の少女だった。
アリエッティ(声:志田未来)は、父ポッド(声:三浦友和)、母ホミリー(声:大竹しのぶ)と3人で、屋敷の床下で暮らしていた。
人間に見つかってはいけないという決まりだったが、不覚にもアリエッティは翔に見つかってしまう。
人間への恐怖よりも好奇心が勝ったアリエッティは、次第に翔と交流を持つようになる。

が、ある日、屋敷の家政婦であるハル(声:樹木希林)にホミリーが見つかり捕獲されてしまう事態が起こる。
翔はアリッティと共に、ホミリー救出に奔走するのだった。
続きを読む