FC2ブログ

■『タイタンの戦い』■(映画) 


タイタンノタタカイ
81年の『タイタンの戦い』は、ジャンル・ファンにとっては忘れられない一作。
モデル・アニメーションの第一人者、レイ・ハリーハウゼンの引退作品ということで、彼の技術の集大成でもありました。82年の正月映画では『レイダース 失われた聖櫃』(81)とともに話題になったもので、僕も今は亡き大阪は道頓堀にあった、「浪花座」で観たのをおぼえています。

さて、アイデアに貧窮しているといわれるハリウッドにおいて、過去の作品のリメイク版が多いことに苦言を呈する方も多いにも関わらず、量産されてしまうのはなんとも歯痒く思うものでもありますが、その反面、どんな仕上がりになっているのだろうという素直な興味も個人的にはなくはない。
今回の『タイタンの戦い』のリメイク版についても、同じ思いであって、なおかつ、監督したルイ・レテリエ自身がオリジナル版のファン(オリジナル版に登場した「ブーボ」を意外な形で登場させています。今回は、それ以外での出番なし!)でもあるというのを知って、ある種の安心感と期待感を抱いたわけで・・・。


ギリシャ神話をベースに、勇者ペルセウスとアンドロメダ姫とのロマンスを主軸として、アンドロメダ姫が怪物クラーケンの餌食になるのを、それを見た者は石と化すという蛇女メデューサの首でもって倒そうとするペルセウス。
そして、それを求めて旅をする彼の冒険譚の末、見事クラーケンを倒してハッピーエンドという、ファンタジー・アドベンチャーの古典ともいうストーリー。

今回のリメイク版も、おおまかなストーリーはオリジナルとほぼ同じ。

それでも、初めて予告編を観た際の、丸刈り&Tシャツ(というんだろうか?)姿のペルセウスにはかなり違和感を抱いたもので、
「おいおい、大丈夫なのか・・・」
と一抹の不安も・・・。

ただ、今回の作品では、ゼウスとペルセウスとの親子関係であったり、ゼウスとハデスとの兄弟の確執といったドメスティックな部分が強調されているといころが、オリジナル版との大きな相違でありまして。
おそらくは、先ほど公開された『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』でも、同様のテーマが掲げられていたので、本作もそうすることによって観客へのアピールとしたんだろうとは思いますが、このあたり、オリジナル版ではほとんど描かれてなかったので、なんていうんでしょうか、重厚なイメージはこれはこれで有りだなぁと。
続きを読む