■『時をかける少女』■(映画) 


トキヲカケルショウジョ2010
映画やTVでこれまで幾度となく映像化されてきた、筒井康隆による原作小説。
特に、大林宣彦監督による83年の映画版は、大林監督の代表作であり、またSFジュブナイル作品というジャンルにおける金字塔だと思うのは僕だけではないでしょう。
また、4年前には細田守監督による、まったく新しいストーリーのアニメーションが好評を博したのも記憶に新しいところ。

そして今回、またもや実写映画化となったわけですが、アニメーション版と同じくオリジナル・ストーリーではあるもの、なんと原作の続編という内容。

製作サイドの原作に対するオマージュであると同時に、名言はされていないものの、我々こそ原作の真の後継者である、とむしろ声高に宣言したっていんじゃないかってくらい、原作の持つイメージを大事に守りつつ、新たな魅力に満ちた作品に仕上っていたのはなんとも嬉しいかぎりです。


本作のヒロイン、芳山あかり(仲里依紗)は母親(安田成美)が薬学者として務める大学に合格します。

まるで姉妹のように仲のよい母娘でしたが、ある日、母親は交通事故で昏睡状態に。
ショックを受けつつ、看病するあかりの前でようやく意識を取り戻した母。

「1972年4月の土曜日。深町一夫に会うため中学の理科室に行かなくては」
と、切羽詰った面持ちで口走る母に、

「私がかわりに会って来る」
と、母が開発した薬でもって1972年へタイムリープ。

しかし、1972年へ行くつもりが、1974年へ行ってしまいます。

そこで出会った大学生、溝呂木(中尾明慶)とともに深町一夫探しをするあかり。
はたして彼女は、深町一夫を見つけることができるのでしょうか、というお話。
続きを読む