■『コララインとボタンの魔女 3D』■(映画) 


コラライントボタンノマジョ
昔から「目は口ほどにものを言う」といいますが、いつだったか、たとえば犯罪を犯した者の人相で、重要なのは「目」であるということをTVで言ってました。
人相をおぼえてなくても、どのような目をしていたか(目つきと言った方がいいのかな?)をおぼえていると、そこから全体の表情が推測できるんだそうです。

ということは、「目」というのはその人の人間性を表しているともいえる。
つまり「目は口ほどにものを言う」ってことになるわけで。


いまは違うんですけど、僕は幼い頃、「目」に恐怖感を抱く子供でありました。
というのも、好きでよく観ていた特撮番組に『ジャイアントロボ』『スペクトルマン』がありまして、いずれの作品にもヒーローが敵に目を破壊されるという回があったんです。

無敵のヒーローが無残に両目を潰されて苦悶する姿は、幼心に強烈なトラウマを与えるもので、夢にまで出てうなされるということも何度もありましたっけ。
多分に、ヒーローの人間性(というのもおかしな表現ですが)を破壊されることに、とてつもない恐怖心を抱いたんでしょうね。


それがきっかけで、たとえば「目玉模様」のデザインなどにも恐怖感を抱くようになって、困ったのは夏になると家の中に「目玉模様」を持ったジャノメチョウ(正確にはヒメジャノメ)という蝶が入り込んでくること。

ふわふわと飛んできては玄関の上などにひょいっと止まる。
で、しばらくするとゆっくり羽を開いたり閉じたりするんですけど、羽の「目玉模様」に睨まれているようでこれがたまらなく恐怖でして。
冒頭に「いまは違うんですけど」と書きましたが、試しにPCでヒメジャノメで検索して、画像を覗いてみたらば、いまでも思わず吐き気を催すような嫌悪感を抱いてしまいます。

そうそう、僕を懲らしめてやろうという方(恨みをかうようなことなしてないと思うんですが)は、たとえばヒメジャノメがウジャウジャいるようなところに僕を放り込めばよろしい。
おそらく数分で発狂もしくは悶死してしまうことでしょう(笑)


という、とりとめのないことをダラダラ書いたのも、『コララインとボタンの魔女』を観たから。

この映画では「目」が大きなテーマになっているのです。
続きを読む