◆『オカルト』◆(DVD) 


オカルト
昨年(2009年)は、一年の間に4本も監督作品が公開されるという、じつに精力的な活動をされている白石晃士監督。
その中の1本である『グロテスク』(09)は、イギリスでDVDが発禁扱いになったなんてニュースが一般紙に掲載されるなど、記事の内容がどうであれ日本に白石晃士あり! とその名が知れ渡ったのは、映画監督としては「おいしい話」だったんじゃないかな、なんて無責任なことを思ったりするわけで。

さて、その白石監督が『グロテスク』と同じく2009年に発表したのが、今回観た『オカルト』。
内容は同監督が2005年に発表した『ノロイ』(05)と同じくフェイク・ドキュメンタリー。
本作に限らず、レンタル・ショップに行くとそれこそ何作ものこの手の作品が並んでおりまして、こういうジャンルが好きな僕でもなにから手を出せばよいのやら迷ってしまいます。
明らかに、仕上がりがチャチそうだなぁ、という匂いがジャケットから伝わってくるものが多い中で、それでも『ノロイ』なんて作品は劇場公開された作品でもありますし、それなりのクオリティもあるので、この手の作品をチョイスするのに迷ってらっしゃる方は、ぜひご覧になるとよいでしょう。

奇しくも、昨年末には『フォース・カインド』が公開されたり、この週末からは『パラノーマル・アクティビティ』が公開されて、いずれもマスコミが大きく取り上げるなど、フェイク・ドキュメンタリーが静かなブームになりつつある予感がしないでもないですが、まぁ、この手の波ってのは今に始まったことじゃありませんし、なんだか周期的にブームが到来しているようなそんな感じがいたします。

世界的に不況が続く昨今、日常の中に潜む異常、しかも極めてリアルな異常を目の当たりにすることで、現実逃避したい人々が増えるという説もあるようですが、僕自身は単に人間誰しも持っているだろう「コワいもの見たさ」な部分を刺激する要素がある。
ということはホラー映画と本質は同じなんだけれども、はなっから「胡散臭さ」がぷんぷん漂っているんだけれど、フェイクとはいえドキュメンタリーの手法をとることで「胡散臭さ」のなかにも「さもありなん」と思わせる信憑性っていうんでしょうか、それが「コワいもの見たさ」な部分を、たとえばホラー映画の1.5倍程度増量して刺激するからこそ、人々は飛びつくんじゃないのかな、なんて思うわけなんであります。


で、なんの話だったっけ?
あ、そうそう、白石監督の『ノロイ』はそんなフェイク・ドキュメンタリーの王道を行くような作品でありまして、王道を行くからこそ懲りすぎたきらいがあって、それゆえちょいと残念な仕上がりになっておりました。
それについては映画を観た当時に、ミクシィのレビューでダラダラ書き連ねたのでいまさら蒸し返すつもりはありませんが、そこで今回の『オカルト』ですよ。
同じ監督だし、おそらく『ノロイ』と同工異曲な内容だろう。
どうせ二番煎じみたいな仕上がりだろうな、と思いつつ、それでもなぜかこの監督の作品には惹かれるものがありまして、早速拝見いたしました。
続きを読む