■『母なる証明』■(映画) 


ハハナルショウメイ
主要都市では10月末に公開が始まっていた本作。
ようやく僕の地元の奈良でも公開が始まりましたので、早速観に行ってまいりました。

漢方薬屋を営みながら、子供の心のまま育った息子トジュン(ウォンビン)を養う母(キム・ヘジャ)。
母はそんな息子を見守りながらつつましく暮らしておりました。
ある日、二人の住む町で女子高生が殺害されるという事件が・・・。
遺体は何者かによって撲殺されており、そのそばにはトジュンの名前の入ったゴルフボールが落ちていたことから、警察は彼を容疑者として逮捕します。
自分の身に何が起こったのか理解できないまま、拘置所で母と面会するトジュン。母は息子の無実を晴らすために、単独で事件の真相を追います。
果たして、真犯人は誰なのか? 母はトジュンの無実を証明することができるのか?

ポン・ジュノの最新作は息子を溺愛する母とその息子の姿を、ある殺人事件を通じて描いた骨太なヒューマン・ドラマであり、ミステリー映画の新たな傑作ともいえる完成度の高い作品に仕上っていました。
彼の作品では、同じく殺人事件を描いた『殺人の追憶』(03)のテイストに近い作風ながらも、本作ではそこにある種行き過ぎとも映る親子の愛情を絡めることでよりドラマ性が高くなっており、脚本も担当したポン・ジュノの作家としての実力がより進化したことを目の当りにできて、ファンとしてはなんとも喜ばしい限り。
彼の持ち味であるブラック・ユーモアも健在で、特にどこか近親相姦めいた母子の姿(具体的な描写はないけど、それを暗示させるようなものはある)や、登場人物の描写のなんともいえないとぼけたテイストが、一歩間違えれば泥臭い印象が濃厚な本作において、そのバランスの妙はさすがポン・ジュノ。そういう意味でも本作は彼の集大成ともいえます。
続きを読む