FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第870回(2018年10月20日放送分) 



20181020銀幕音楽堂













【放送日:2018年10月20日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2018年10月24日(水)PM6:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド

『日々是好日』ostより「エンドロール」(co:世武裕子)

『イコライザー2』ostより「 "Who Are You?" 」(co:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ)


・銀幕アラカルト:ステルヴィオ・チプリアーニ追悼特集

『ガンクレイジー』ostより「ガンクレイジー」(co:ステルヴィオ・チプリアーニ)

『ベニスの愛』ostより「ベニスの愛」(co:ステルヴィオ・チプリアーニ)
「ベニスの愛」(vo:ザ・ピーナッツ)

『ラストコンサート』ostより「ラストコンサート」(co:ステルヴィオ・チプリアーニ)
「ラストコンサート」(vo:アン・ルイス)

『ラスト・クリスマス』ostより「ラスト・クリスマス」(co:ステルヴィオ・チプリアーニ)
『コンコルド』ostより「コンコルド 愛のテーマ」(co:ステルヴィオ・チプリアーニ)
『エデンの園』ostより「ミケーレとアレッサンドラ」(co:ステルヴィオ・チプリアーニ)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

まずは、公開中の映画の音楽をお送りする「ニューシネマ・サウンド」から。

世武裕子さんの素晴らしいスコアが染み入る『日々是好日』からエンドロールを。
茶道をテーマにした映画ながら、意表を突くスコアになっていて、思わずニヤっとしてしまいました。

そして、『イコライザ-2』は、前作のクオリティもそのままに、主演のデンゼル・ワシントン同様、前作からの連続登板となったハリー・グレッグソン=ウィリアムズのスコアも、前作の旋律をならしつつ、怒涛のクライマックスへ向けてのスコア展開もお見事でした。

後半は「銀幕アラカルト」を。
10月1日に81歳で亡くなった、イタリアを代表する作曲家、ステルヴィオ・チプリアーニの追悼特集です。
ほんとうはもっとコアな作品も用意しておりましたし、時間の都合とはいえ、そもそもホラー系がまったく取り上げられなかったのは不覚であります。
『血みどろの入江』などの音源も持参して、番組収録に向かってたんですけどね・・・。

とにかく、アクションでもホラーでもエロでも、とにかくどんなジャンルでもポップに仕上げてしまうし、その甘いメロディ・ラインを得意とした作風から、サッカリン・ライターともいわれたチプリアーニ。
今回はそんな彼の特色がわかる選曲を中心にピックアップしていますので、あれがない、これがないという、指摘もあるでしょうが、そこはあくまでビンさんセレクトということで(笑)

ただ、ザ・ピーナッツやアン・ルイスによる日本語カヴァー・バージョンも取り上げているところが、銀幕音楽堂的でしょ(笑)

ってなことで、朝夕めっきり寒くなった今日この頃、ご用とお急ぎでない方は、ぜひお聴きあれ!!


コメント

Re: フリーパスがぁぁぁっっ

> ケフコタカハシさま

『日々是好日』、ほんとに大きな事件が起こらない(でも、ヒロインのモノローグでは、じつは水面下でいろんなことが起こってるんですよね)なか、いつまでも浸っていたい空気感のある映画でした。

> TOHOの一ヶ月フリーパスのためのマイルと期限が迫ってます。
> 年内にあと5本くらい観なきゃいけない計算なんですけど、私がそそられる物は3本しか見当たらなくて・・・・。
> とりあえず今から「億男」観てこようと思います。

僕もフリーパスのマイル、たまってるんですが、家の事情等もあってなかなか使えない状態です。

しかも、この10月から、わけのわかんない制約も追加されて、どうしたもんかと。
そもそも、それだけ映画観賞料金で貢献していることに対する見返りのはずなのになぁ・・・。

Re: ユナイテッド・シネマ橿原のタイムテーブル

> ナヨンさま

> 16:40~18:50「寝ても覚めても」
> 18:40~21:00「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」
> →間に合わない(ヲイ)!ヽ(`Д´#)ノ

まぁ、なんやかんや色々書いてもらってますが、母の介護でそれどころじゃないんですってば!(怒)

いや、怒ってないですけどね・・・。
もうちょっと落ち着くまで、なかなか元のような映画観賞体制が取れないということなんですよ。


> 「デス・ ウィッシュ」は観ましたよ。
> グロ度少なめで残念でしたね。

オリジナルと比べるのもどうかと思いますが、やっぱり『狼よさらば』の方が、いろんな面で上を行ってましたね。
そもそも、リメイクものよりも、ロスにはオリジナルで自分の道を突き進んでもらいたいものです。


> 「アンダー・ザ・シルバーレイク」も観ましたが、正直、劇場で観なくてもいいです。

けっこう楽しみにしてるんで、書いてらっしゃることほとんど読まないでおきます(苦笑)
ダメですよ、こういう映画の内容、ネタバレしなくとも深く書かないでいただきたいです。マジで。

わざわざ書いていただいたので、削除はせずに挙げましたけど、よろしくお願いしますね。

いまほんと、精神的に荒れてるんで失礼なこと書いてるかもしれませんが、ご容赦。

フリーパスがぁぁぁっっ

こんにちは。
ビンさんの強いオススメがあったので「日日是好日」を観てきました。
厳選されたキャスティングが本当に見事だったと思います。
樹木希林さんの遺作に相応しい、極めて日本らしい良い映画でした。

TOHOの一ヶ月フリーパスのためのマイルと期限が迫ってます。
年内にあと5本くらい観なきゃいけない計算なんですけど、私がそそられる物は3本しか見当たらなくて・・・・。
とりあえず今から「億男」観てこようと思います。
  • [2018/10/24 10:18]
  • URL |
  • けふこたかはし
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ユナイテッド・シネマ橿原のタイムテーブル

ビンさん、こんばんは。
以下、レスです。

>ユナイテッド・シネマ橿原
>このシネコンは、ほんとにラインナップは凄いんですが、タイムテーブルにかなり難ありです。

10/27(土)のユナイテッド・シネマ橿原のタイムテーブルですが、例えば

16:40~18:50「寝ても覚めても」
18:40~21:00「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」
→間に合わない(ヲイ)!ヽ(`Д´#)ノ

12:10~13:50「文福茶釜」
14:20~16:20「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」
①16:30~19:00「ザ・アウトロー」→20:30~23:00「マガディーラ 勇者転生」
②16:40~18:50「寝ても覚めても」→20:30~23:00「マガディーラ 勇者転生」
③18:40~21:00「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」
→3~4本ハシゴだが間に合う(眠いですが)!(^^;

因みに私の今後の鑑賞予定ですが、以下の通りです。

10/26(金)「search/サーチ」TOHOシネマズ西宮OS
11/1(木、映画の日)「ビブリア古書堂の事件手帖」TOHOシネマズ西宮OS
11/2(金)公開「ヴェノム」TOHOシネマズ西宮OS

「search/サーチ」が奈良県は公開無しなんですよね。(-_-)

「デス・ ウィッシュ」は観ましたよ。
グロ度少なめで残念でしたね。

ブルース・ウィリスは拳銃持ったら何やっても
「ダイ・ハード」のジョン・マクレーンになってしまいますな。(^^;

これ、「ダイ・ハード」のスピンオフ映画か?思いましたわ(笑)。

「アンダー・ザ・シルバーレイク」も観ましたが、正直、劇場で観なくてもいいです。
(劇場公開が終わってブルーレイ/DVDレンタルが始まってからでもいいです)

デヴィッド・ロバート・ミッチェル監督の作品は前作の「イット・フォローズ」もそうだったのですが、
『何かが有りそうで、実は何も無くて、特に大した事やサプライズは起こらない。』話なんですよ(ヲイ)w

デヴィッド・リンチみたいな独特なクセは無く、『変!』「変態!』『キモッ!』ってのも無いので、
ビンさんが見たら消化不良アリアリで物足りないんじゃないんですかねえ。

行方不明になってた女の子のオチはガッカリしますよ(言いませんが)。

今の所、私の本年度ワースト1です。

私的には奈良県の映画愛好家の皆さんには「輝ける人生」を観て貰いたいですね。
とてもいい映画なんで。

「A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー」これも奈良県公開無しですなあ。(-_-)

「恐怖の報酬」は観ます。
これはユナイテッド・シネマ橿原でも上映有るので良かったですね。

Re: えっ、まだ「寝ても覚めても」観てないの?(^^;

> ナヨンさま

標題の件ですが、どうもすみませんね(なんで謝らなあかんのか、よくわかりませんが(笑))。
いま、母親が入院中でなかなか大阪まで映画を観行くことが難しい状況です。

楽しみにしている『セルマ』も観に行けないだろうな・・・。

なので、映画はどうしても県内で上映しているものに限られてくるのが現状。

そんな中、ユナイテッドシネマ橿原で上映中の『寝ても覚めても』ですが、これがまぁ、普通の会社員には観に行けないタイムテーブルでありまして。
このシネコンは、ほんとにラインナップは凄いんですが、タイムテーブルにかなり難ありです。

観たい作品はたいてい朝と夕方の2回だけ、という信じられないタイムテーブルを組んでしまったりするんでね。
映画館も商売ですから、客の入る作品にシアターも当てたいし、上映回数を増やしたいのはわかるんですが、せっかくのプログラムがじつにもったいないんですよね・・・。

えっ、まだ「寝ても覚めても」観てないの?(^^;

ビンさん、こんばんは。

10/20(土)に大阪ミナミのシネマート心斎橋にて
「新感染 ファイナル・エクスプレス」(2017年公開、製作年は2016年)
「犯罪都市」(2018年公開、製作年は2017年)
の中年ムキムキマッチョ兄貴こと、
マ・ドンソク主演最新作「ファイティン!」を観てきました。

※奈良県では現時点では公開未定。

お客さんは30人位でした。

シルベスター・スタローン主演の「オーバー・ザ・トップ」(1987年公開)みたいな
ベタベタでストレートな展開のアームレスリング(腕相撲)の話なのですが、
これ、めっちゃいい映画で、本家よりも感動しますし、
最後は泣けます(笑える部分も少し有ります)。

「万引き家族」(2018年公開)と同じく《疑似家族の家族愛や家族の絆》がテーマなのですが、
韓国映画なのでこちらの方が泣ける度がより高いです。

最後のマーク(マ・ドンソク)のインタビュー(台詞)はシンプルな言葉なのですが、観客号泣モンです。

顔と体はイカツイけれど、心が優しくて愛に飢えた、不器用で孤独な男の物語です。

我らのヒーロー、マ・ドンソク兄貴パラピリポ!(←この言葉、映画観ないと分からないです)\(^o^)/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/671-e909341d