FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第868回(2018年10月6日放送分) 



銀幕音楽堂20181006














【放送日:2018年10月6日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2018年10月10日(水)PM6:00オンエア】

・富貴さんを聴こうナー♪

『食べる女』ostより「モチの家」(co:富貴晴美)
『食べる女』ostより「メンチカツワルツ」(co:富貴晴美)
『食べる女』ostより「食べる女」(co:富貴晴美)

『検察側の罪人』ostより「一線を越える」(co:富貴晴美)

『わが母の記』ostより「わが母の記-メインテーマ-」(co:富貴晴美)


・ニューシネマ・サウンド

『カメラを止めるな!』ostより「zombeat」(co:謙遜ラヴァーズ)
『カメラを止めるな!』ostより「Keep Rolling」(vo:山本真由美/謙遜ラヴァーズ)

・銀幕音楽堂メールボックス
番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。

『センセイ君主』より「I WANT YOU BACK」(vo:TWICE)

以上のラインナップでお送りいたします。

奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

10月になりました!!

心機一転!! と言いたいところですが、毎週毎週台風がやってきて、あれこれと気をもんでしまういつにない秋の始まりであります。

さて今回は、新作『食べる女』が公開中の、ビンさんイチオシの作曲家、富貴晴美さんの作品を聴きませう! という「富貴さんを聴こうナー♪」から。

映画そのものも味わい深い内容でしたが、富貴さんが書かれたスコアがまた美味美味。
ここでは、『西郷どん』とはガラリと違った、それでいて魅力の詰まったスコアがいっぱい詰まっておりまして、このサントラはここ最近、僕が車を運転する時の愛聴盤となっています。

富貴さんがそれぞれに命名したというユニークなスコアのタイトルもすべて挙げてみたいし、もちろん、すべてのスコアをお送りしたいのがやまやまやですが、ここは断腸の思いで3作品をピックアップいたしました。

また、すでに公開されて大ヒットを記録している『検索側の罪人』から、今回は富貴さんが手掛けたスコアから特に印象の深い1曲を取り上げてみました。

そしてコーナー最後が、惜しくも先ほど亡くなられた樹木希林さんの代表作でもあり、また僕自身が富貴さんの存在を知った最初の作品である『わが母の記』から、希林さん追悼の意味も込めまして、メインテーマをお送りいたします。

とにかく、短いコーナーで取り上げる楽曲も少ないですが、少ない中でも富貴さんの魅力が伝わるのではないか、と自負した選曲となっておりますので、何卒ご容赦を。



ガラっと変わって後半は、ニューシネマサウンドのコーナーを。
いよいよ12日から奈良県ではイオンシネマ西大和、シネマサンシャイン大和郡山でも上映が決まった、本年度日本映画最大の話題作といっても過言ではない、『カメラを止めるな!』!、いよいよ解禁です。

いえ、解禁といっても内容にはほとんど触れていないので、喋っている僕の方ももどかしかったりするわけで(笑)

番組では、人気のおかげでリリースされたサントラCD(笑)から2曲をピックアップ。
それだけでご勘弁してくださいまし・・・。

まぁとにかく、いまだ未見の方は、この機会にぜひぜひご覧いただきたく存じます。

そして最後のメールボックスのコーナーは、ロングラン・ヒットとなった『センセイ君主』よりTWICEが唄う主題歌を。

※誤解なきように書いておきますが、これはたまたまの選曲です。
 そこに他意はございません。ほんとほんと。

ってなわけで、まだ秋の虫の音を聴きながら、というわけにはまいりませんでしょうが、ご用とお急ぎでない方は、ぜひぜひお聴きあれ!!



コメント

Re: イコライザー2

> ナヨンさま

『イコライザー2』楽しみにしてたんですけど、所用があってまだ観てません。

そのかわりにユナイテッドシネマ橿原で『2重螺旋の恋人』を観てきました。
フランソワ・オゾンの映画って、けっこうヘンで、毎回楽しみにしてるんですよ。

あ、そうそう、ユナイテッドシネマ橿原でも『かごの中の瞳』やりますな。

イコライザー2

ビンさん、こんばんは。

「イコライザー2」観てきました。

※10/5(金)109シネマズ箕面にて鑑賞。

お客さんは50人位でした。

クライマックスの決闘がパート1よりやや地味ですが、相変わらず面白いです。

「ムーンライト」(2017年公開、製作年は2016年)のティーン時代の
シャロン役だったアシュトン・サンダースが、
ロバート・マッコール(デンゼル・ワシントン)と同じアパートに住む
青年マイルズ・ウィテカーとして出てくるのですが、
マッコールがウィテカーに数々の人生の教えを説くシーンは
「ムーンライト」のパラレルワールドとしての続編要素が強く、
そこも楽しんで観るとこの映画は二度美味しいです。( ̄ー ̄)

(※マハーシャラ・アリ演じるフアンおじさん死後、
 仮にシャロンが別のおじさんと知り合って、
 ギャングではなく正しい道へと導かれた場合、、、のお話)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/669-ab0e61fa