FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第867回(2018年9月29日放送分) 



20180929銀幕音楽堂













【放送日:2018年9月29日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2018年10月3日(水)PM6:00オンエア】

・シネマサンシャイン大和郡山 リザーブシート
奈良県は大和郡山市にありますシネマコンプレックス、シネマサンシャイン大和郡山さんで上映される映画の情報、イベントの情報などなど紹介。

『プレデター』ostより「Main Title」(co:アラン・シルヴェストリ)
『ザ・プレデター』ostより「The Arrival」(co:ヘンリー・ジャックマン)

『スカイスクレイパー』ostより「SKYSCRAPER」(co:スティーヴ・ジャブロンスキー)
『スカイスクレイパー』ostより「WALLS」(vo:ジェイミー・N・コモンズ)


・銀幕音楽堂メールボックス

『ワンダフルライフ』ostより「ワンダフルライフ(オルガン)」(co:笠松泰洋)

『卒業』ostより「サウンド・オブ・サイレンス」(vo:サイモン&ガーファンクル)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

なんだかんだで、もう9月最終週です。

早いもので、あっという間に8月最後の週です。
残暑厳しいなぁ・・・と思っていたら、酷い夏風邪を引いたり、台風直撃されたり、また、家族の入院が長引いたりと、正直あまり心休まる日が少なかった日々でした。

家族の入院については、その分家事をすることになって、朝はいつもより早く起床して、洗濯物やら朝の食事やら、出勤前に病院に行って家族を見舞ったりと、睡眠不足の日々はまだまだ続きそうです。

そんな中でも時間を見つけては、好きな映画を観ることがストレス発散でありますし、また、週に一度の番組収録は、こんなこと書いちゃいけないんですけど、心のオアシスのようなものでありまして、これらがあるからこそ心平穏に過ごせているんだな、と実感している次第です。

閑話休題。

月末週はシネマサンシャイン大和郡山さんに特化いたしました、「シネマサンシャイン大和郡山リザーブシート」のコーナーから。
現在上映されている作品として、『ザ・プレデター』と『スカイスクレイパー』を取り上げました。
いずれもシネマサンシャイン大和郡山さんではIMAX上映が行われている作品です。

併せて、先週散々愚痴を言っておりました、特別上映が東京の一部でしか行われない、『2001年宇宙の旅』が、なななんと!! 
10月に全国のIMAXシアターで『2001年宇宙の旅』(IMAXバージョン)が上映されるじゃありませんか!!
そしてもちろん、シネマサンシャイン大和郡山においても、同作品のIMAXバージョンが上映されることが決定しました!!

そのあたりの情報も番組内で紹介しておりますし、もう一作、どうしてもふれずにおられない作品も公開予定ですので、こちらも番組内で紹介しています。

メールBOXのコーナーでは、リクエストいただいた是枝監督初期の作品である『ワンダフルライフ』と、いまやスタンダードである『卒業』から「サウンド・オブ・サイレンス」を。
うちの番組でも、こんなポピュラーなナンバー、お送りすることもあるのですよ(笑)

ってなわけで、また次の台風がやってきそうな気配のある、9月終わりのこの週末、ご用とお急ぎでない方は、ぜひお聴きあれ!!



コメント

Re: バッド・ジーニアス 危険な天才たち

> ナヨンさま

まずは番組へのリクエスト、ずっとすっぽかしてしまってどうもすみません・・・(笑)(←笑っとるがな)
ようやく、随分前にいただいたリクエスト、今週末に取り上げます♬


ツイッターの書き込みをブログにもアップしましたので、お分かりかとおもいますが、『クレイジー・リッチ』観てきましたよ。
ユナイテッドシネマ橿原では、けっこうお客さん入ってました。
逆に、そんなに宣伝してたか、この映画? という印象だったので、あんなに入ってたのに正直驚いたくらいです。

で、僕はイマイチでしたね・・・。
言いたいことはわかるし、アメリカでウケたのもわかりますが、あまりに揶揄が露骨過ぎて、最初から最後まで醒めて観てましたね。

オークワフィナ、『オーシャンズ8』でも好演だったので、また観れたのが嬉しかったですけど。
美人じゃないが、ファンになりそうです(笑)


> 「かごの中の瞳」

『プー~』も観ましたが、どうもマーク・フォースターの作風って、あまり合わないなぁ・・・。
『慰めの報酬』は007シリーズなので、難なく観れましたけど。
『かごの中の瞳』も、ネタ的には興味そそる(笑)作品ですが、進んで見ようという気にはなれないというか・・・。


> 「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」

評判いいですね。
『ザ・カンニング IQ=0』みたいな映画なんじゃないんですか?(笑)
ユナイテッドシネマ橿原でやりますね。

ユナイテッドシネマ橿原、ミニシアター系の作品を取り上げてくれるのはいいんですけど、朝と夕方2回だけ、みたいなタイムテーブルばかり組んでくれるので嬉しい反面、憎たらしかったらします(笑)

夏に観れなかった『ウィンド・リバー』もようやく先週末から公開始まりましたが、同じく観逃していた『2重螺旋の恋人』ともども、2週間限定上映のうえに、朝と夕方2回だけの上映・・・。
んなもん、休みの日じゃないと観れないじゃないか!!
特に『2重螺旋~』なんて、レイトショー向けの作風だろうに!!

積極的に上映してくれるのはいいけれど、ほんとに映画ファンのことを思ってタイムテーブル組んでくれてるのか? と疑問に思ってしまいます。
特に一般受けしないような作品は、少しでも観れる機会を与えてくれなくちゃ・・・。


> 入場プレゼントでレトルトのグリーンカレーを頂きました。(^O^)
> (食べました!ココナッツミルクに唐辛子が効いてて美味しかったです)

それはよろしゅうございました!


> ここで私が内容を言ってもいいのですが、敢えて言わないでおきます。
> ビンさん、是非ユナイテッド・シネマ橿原へ足を運んで観に行って下さい。(^^)

もしくはシネ・リーブル梅田へ行くかですね!

バッド・ジーニアス 危険な天才たち

ビンさん、こんばんは。

映画を3本観てきました。
以下、その感想です。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
「クレイジー・リッチ!」
※9/28(金)MOVIXあまがさきにて鑑賞。

※奈良県ではユナイテッド・シネマ橿原にて公開中ですが、
 大コケしているので早急に上映回数を減らされるか、
 上映打ち切りの可能性が有ります。(^^;

お客さんは私を含めてたったの4人でした。寂し~。(´Д⊂グスン

10/1(月)の映画の日は女性客で賑わってたそうですが、、、

この作品を観終わって、何故アメリカで興行収入1位になったのか?
理由が分かりました。

映画では超大金持ちのアジア系中国人 vs 普通のお金持ちのアメリカ系台湾人(移民)の心理戦を
描いているのですが、それはイコール習近平(中国) vs ドナルド・トランプ(アメリカ)であって、
国対国の対立を家系対家系のシンデレラ・ストーリーで揶揄した話なんですよ。

出てくる中国人がめっちゃ見栄っ張りでゲスくて、ある意味中国人のお金持ち(セレブ)を
バカにした描き方をしています(笑)。(^^;

クライマックスがレイチェル(コンスタンス・ウー)とエレノア(ミシェル・ヨー)の
麻雀対決なのですが、麻雀を知らない人が見ると、
どちらが何の役満で勝ったのか?(どうやって勝ちを拾ったのか?)
分からないのでそこはちょっと分かり難いです。

その麻雀シーンは多分、ウェイン・ワン監督の「ジョイ・ラック・クラブ」
(1994年公開、製作年は1993年)のオマージュだと思います。

オチが今やってる米中貿易戦争みたいで、そこはハハーンとなります。
(アメリカが制裁額で優位に立っていて、それで中国が
「首にナイフを突き付けている。」と泣き言を言っている)

主人公レイチェルの親友で、中国人と韓国人のハーフのペク・リン(オークワフィナ)が
野沢直子みたいなキャラでいい味出してまして、
その家族が今の韓国の立ち位置になってたりします。
(中国に寄生しているが、防衛に関してはややアメリカ寄り)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
「かごの中の瞳」
※9/28(金)TOHOシネマズ西宮OSにて鑑賞。

※大阪ステーションシティシネマ にて公開中。
 奈良県では現時点での公開予定は無し。

お客さんは15人位でした。

現在公開中の「プーと大人になった僕」のマーク・フォースター監督が2年前に撮った作品で、
「プー~」と全然作風が違います。(^^;

この映画、奥さんと一緒に観に行くと、
観終わった後ヒジョ~にバツの悪い空気になります(苦笑)。

一人で観に行って下さい。(^^;

男が観るとやるせない映画です。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」
※9/29(土)シネ・リーブル梅田にて鑑賞。

※奈良県では10/26(金)からユナイテッド・シネマ橿原にて公開予定。

初回(12:20の回)を観に行ったのですが、何と、全上映回(1日4回上映)満席売り切れでした!!

東京の新宿武蔵野館では連日満員御礼みたいで、
私の友達が9/26(水)に観に行った時も満員だったそうです。

他局なのですが、恐らく9/22(土)放送の「ありがとう浜村淳です土曜日です」
(MBSラジオ、毎週土曜8:00~11:30放送)の映画サロンのコーナーで、
浜村淳さんがこの映画を『今年のベスト3に入る!』と大絶賛して
気合を入れてあらすじを約50分かけて紹介したので(笑)、
それを聴いたありがとうリスナーが
多数シネ・リーブル梅田に押しかけたのだと思われます。

最近、無名の役者しか出ていなくて、特にこれと言った宣伝をしていないのに、
口コミやSNS等で面白さが拡散してヒットする作品がちょこちょこ有ります。

タイでは2017年に公開してその年の興行収入ベスト1
(1億バーツ超え、日本円で約3億5200万円)となり、
タイ・アカデミー賞で史上最多の12部門を受賞したのですが、
私も観て傑作だと思いました(現時点で私の2018年ベスト4です)。

入場プレゼントでレトルトのグリーンカレーを頂きました。(^O^)
(食べました!ココナッツミルクに唐辛子が効いてて美味しかったです)

ここで私が内容を言ってもいいのですが、敢えて言わないでおきます。

ビンさん、是非ユナイテッド・シネマ橿原へ足を運んで観に行って下さい。(^^)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/668-4e6907be