ビンさんの銀幕音楽堂・第820回(2017年11月11日放送分) 



銀幕20171111













【放送日:2017年11月11日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年11月15日(水)PM6:00オンエア】

・イオンシネマ西大和 みてみて探訪記!

『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』ostより「メニューのテーマ」(co:菅野裕悟)

その他、イオンシネマ西大和さんで公開される作品等々の情報も!


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。

『月下の恋』ostより「Haunted」(co:デビー・ワイズマン)

『男はつらいよ 寅次郎忘れな草』ostより「男はつらいよ(第11作バージョン)」(vo:渥美清)
『男はつらいよ 寅次郎忘れな草』ostより「リリーのテーマⅠ」(co:山本直純)
『男はつらいよ 寅次郎忘れな草』ostより「エンディング」(co:山本直純)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

今回は月の第2週目ということで、イオンシネマ西大和さんに特化したコーナー、「イオンシネマ西大和 みてみて探訪記」をお送りいたします。

取り上げる作品は先週末から公開始まった、滝田洋二郎監督最新作、『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』です。

この映画、企画を僕の鬼門(笑)の某プロデューサーが担当しており、観る前は相当に複雑な気分でしたが、映画自体はよくできたミステリー映画としても見ごたえのある1本でした。
そのあたりの詳しいことは番組内でたっぷりと!(笑)

とにかく、菅野祐悟氏のスコアが絶品でありまして、それだけで1時間特集してもいいくらいでした。
番組では映画の中盤、大いに盛り上がる場面で流れたスコアを取り上げてみました。

「メールボックス」のコーナーでは、まずは当番組のエンディングに流れる曲にリクエストいただきました。
使っているのは96年のイギリス映画、『月下の恋』のサントラです。
ケイト・ベッキンセール、エイダン・クインが出演したホラー&ラヴ・ロマンスという異色作。
監督はあの007シリーズのルイス・ギルバート、プロデュースはフランシス・フォード・コッポラという布陣。
数年前にブルーレイになったので、レンタルショップに行けばソフトが置かれているかも。
ただ、映画自体は、なんじゃそれ・・・みたいな内容だったのでお勧めはいたしませんが(笑)

とにかく、デビー・ワイズマン(イギリスの女性作曲家)が書いたメインテーマの旋律の美しいこと! というのは、当番組のエンディングで毎回鳴っているのでご存知かと。

そして、もう1曲、『男はつらいよ』から、浅丘ルリ子演じるリリーのテーマにリクエストいただきました。
リリーが初登場するのは73年の第11作目『~寅次郎忘れな草』から。
番組ではサントラ音源より「リリーのテーマ」はもちろん、渥美清が唄う主題歌の11作目バーション、さらにエンディングも一緒にお送りいたします。


朝夕めっきり寒くなったこの季節、ご用とお急ぎでなければ、ぜひぜひお聴きあれ!!


コメント

Re: シネ・リーブル神戸アネックス

> ナヨンさま

いつもありがとうございます。

昨日の収録で、『ロッキーⅣ』取り上げましたので、よろしくお願いいたします(笑)

さてさて、シネ・リーブル神戸の件、詳細なレポートありがとうございます。
前にも書きましたか、ここへは一度しか行ったことがない、というか、神戸まで足を延ばすことはほとんどない(別件で三宮へ行くことは年に何度かありますが)ので、ふぅ~~~ん、そんなんだ・・・ってな感じで。

でも、あそこの建物というか、あの周辺もそうなんですけど、大阪とは違った雰囲気があっていいですよね。
たまには足を延ばすのもいいかもしれませんね。

昔は三宮センター街にも、中古CDショップがけっこうあって、いろいろ掘り出し物を見つけたこともあったんですけど、最近はそもそも行ってないから詳細わかんないのかもしれませんが、ショップが少なくなったように思います。
それも、足を延ばさなくなった一因かもしれません。

今回新設のアネックスですが、公式サイトみたら、既存のものよりもキャパが大きいようなイメージを受けたんですけど、実際行ってみればいろいろと弊害があるようで。

最初から映画館として設計するのとそうじゃないのとでは、やはりいろんな問題(TOHOシネマズ梅田の悪名高いアレとか)が出てくるようですねぇ。


> さて、年末の銀幕音楽堂の放送予定ってこんな感じですかね?
>
> 12/2:イオンシネマ西大和みてみて探訪記
> 12/9:2017年肌に合わなかった映画1~10発表
> 12/16:2017年ベスト6~10発表
> 12/23:シネマサンシャイン大和郡山リザーブシート
>    「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」特集
> 12/30:2017年ベスト1~5発表

ははは、完全に読まれてる・・・(笑)

ほぼそんな感じになるでしょうね。

ほんとにもうベスト10とそうじゃないほうの10作、選出せねばなりませんな。
まぁ、肌に合わない方の1位は今月観る映画でそれを凌ぐ(笑)ものがなければほぼ決定ですけど・・・。


シネ・リーブル神戸アネックス

ビンさん、こんばんは。

シネ・リーブル神戸アネックス、行ってきました。

元々コンサートホールだったのを無理矢理映画館にしているので、
色々と問題の多い映画館でした。(^^;

・椅子の背もたれが低く肩の位置迄しかないので、
 頭を支える部分が無く長時間座っていると頭が痛くなる。

・椅子の幅がやや狭く、カップホルダーの穴も小さい。

・元々がコンサートホールだったのでステージの奥行きと横幅が結構有り、
 ステージのかなり奥にスクリーンが有る。
 座席数505席の割にはスクリーン面積が小さく、
 ビスタで3.9×7.2m、シネスコで3.9×9.3mしかない。

・音が昭和の映画館みたいな感じで、館内全体にエコーがかかる。

・「サラウンドスピーカーが無いの?」と思う位、
 音が壁側スピーカーから聴こえてこない。
 又ステレオ感も乏しく、ドルビーステレオ以前の
 モノラル仕様の映画館?と思ってしまう。(^^;

・トイレが劇場の同一フロアに無く、1つ下の階に有る。

・男子トイレの小便器の数が異様に多く、16器も有る(笑)。
 大便器は3器。

・ロビーは昭和の映画館並に広い。ここは良い所。

そんな昔ながらの昭和ライクな映画館で観た「人生はシネマティック!」は
味が有って良かったですよ(笑)。

さて、年末の銀幕音楽堂の放送予定ってこんな感じですかね?

12/2:イオンシネマ西大和みてみて探訪記
12/9:2017年肌に合わなかった映画1~10発表
12/16:2017年ベスト6~10発表
12/23:シネマサンシャイン大和郡山リザーブシート
   「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」特集
12/30:2017年ベスト1~5発表

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.jp/tb.php/603-851e8f6c